2017年09月20日

森のお友達、古民家ゲストハウスに歌姫

リンと姫の散歩道でお馴染み古民家ライブにお誘いいただきました。心配された台風も予報が遅れて、心配していた雨も無くご夫婦の暖かい心遣いに感謝と素晴らしい歌を聞くことができました。

藤井 彩也香(ふじいさやか)
舞台俳優、ボイスワーカー。大学卒業後、劇団朋友、劇団四季にて舞台、テレビで俳優として活躍。現在フリー。演劇、ミュージカル、朗読などの舞台活動のほか、現在は、歌を通して、美しさ、幸せ、喜びなどを伝える活動にも力を入れる
TBS「渡る世間は鬼ばかり」木田京子役

1505553389860.jpg

先週はジャズのライブを開き、皆さんをお招きしたそうです。大変ですね!キミジィも以前、お招きいただき森づくりの語り部をさせていただきました。古民家はゲストハウスでお隣にお住まいが別棟であります。冬になるとマキのストーブ、囲炉裏の温もりが最高です。今回もご夫婦の温もりを感じる一日でした。ありがとうございます!!


1505553393388.jpg

帰りがけに藤井彩也香さんに山小屋に出演依頼したところ快諾下さり山小屋で山彦コンサートを開催する運びになりました。日程は11月11日(土曜日)2時の開催を計画しております。

1505553396683.jpg

山小屋、遊心庵で山彦コンサートを開催する運びになりました。どんな集いが出来るか楽しみにしております。皆様も振るって参加してくださいヒメとリの散歩ン道

1505553394430.jpg




posted by キミジィ at 12:27| Comment(0) | 日記

2017年09月14日

幻想桜周辺を整備しました。

幻想桜の周辺を草刈りしました。今年は花の匂いが弱く花びらも7枚が少ないようでした。春に桜に日が当たるように周辺の雑木を何本か切り倒して光が当たる環境にしたので桜の根の周りにも光が当たり雑草もすごい勢いで育ちます。草刈り今年は3回目になります。ここはユンボも除草材も使えません!

この奥に鉄人街道があります。最近、道を使っていないので、春までには道を整備しないといけませんね!

DSC_1688.JPG

今年はユンボで2回目の草刈り、すごい速さで育つので草刈機では間に合いません
谷間でユンボを運ぶ度に道の両端、周辺を草刈しながら機械を運んでゆきます。蝶舞谷まで下るのに一日掛かる時もあります。(笑)

DSC_1691.JPG


この奥に庭木を廃棄していきました、葉や木が枯れるまで年月が掛かります。春に廃棄してから間もないが、火災でも起きると大変です。今回は土を掘って埋める事にしました。これからは持ち込み禁止ですよ!春には見学する人も来るので毎年整備しております。


DSC_1690.JPGDSC_1690.JPGDSC_1704.JPG


桜の周辺も一日がかりで綺麗になりました。庭の広い家の人は苦労がわかるでしょうが、夏場は本当に雑草との戦いは大変です。夏の間、土地を貰ってくれる人いませんか?(笑)
この場所にもベンチが欲しいですね!木陰は谷から吹き渡る冷たい風に癒されます。

DSC_1707.JPG
DSC_1690.JPG
posted by キミジィ at 11:15| Comment(0) | 日記

2017年09月13日

草刈り作業をユンボで挑戦

いよいよ本番、草刈りシーズンが到来、昨年も9月から傾斜地に草を刈りこんだ後に菜の花の種を撒いて花を咲かせたが思い道理に咲かす事が出来ませんでした。今年はその反省に立って種蒔きをする事にします。

DSC_1702.JPG

草刈の後に地面を観察すると菜の花の種が落ちて新芽が伸びていました。

DSC_1714.JPG

DSC_1711.JPG

ユンボで草刈り作業、土手の傾斜地に伸びた雑草を引き抜く、これって難しい作業なんです。抜き取った雑草を使いユンボのバッケットを使い引き抜きます。これって特許かもね!土手が傷つかぬように作業ができます。

DSC_1741.JPG


皆さん草刈り作業を見に来るが不思議な作業を見て驚いております。それと同時に傾斜角度のキツイ所までユンボが上がるので!危ないの連発です!

DSC_1742.JPG

イノシシの檻の付近も今年はユンボで草刈りしました。あまり綺麗に刈り込んでしまったのでイノシシが捕獲できなくなるかもしれません

DSC_1699.JPG




posted by キミジィ at 11:56| Comment(0) | 日記

2017年09月12日

新たに久留里1000年の森で新発見

森に、ご近所さん、メーさん、ご夫婦が滝の付近に咲き出した、玉紫陽花を見学に来てくれました。森は鉄人さんが植えてくれた、酔芙蓉や萩の花が咲きだしましたが、春とは違い花の種類は少なく寂しいと思っておりましたが、メーさんが春に滝までの道造りをしていた時に見かけた玉アジサイを思い出して見学に来てくれました。

DSC_1723.JPG


13年も森づくりをしておりますが、この季節にジャングル状態の滝まで来たのは、初めてで皆さんが春から何回も草刈りしてくれた、お陰で、ここまで来れました。玉アジサイの群生地に生まれ変わっておりました。何故か神秘的な景色に出会いました。

DSC_1728.JPG


この地層は65万年前に深海の堆積した海の中、玉アジサイの蕾が宝石のように光、花を見ていると玉手箱を開いたように見えてきました。竜宮ですか?海底の花園は神秘的な光景が広がっておりました。


DSC_1725.JPG


皆さん何の花と思いますか?リンドウ科の(バアソブ)名前の由来は信州方言でソブとは雀斑で花の斑点がおばさんの顔の雀斑に似ていたので名づけられた様です。因みに(ジィソブ)もあるようです。何方にしても、もう少しハイカラな名前にすればよいのにね!

DSC_1731.JPG




posted by キミジィ at 13:13| Comment(0) | 日記

2017年09月07日

秋の訪れ 虫の鳴き声が変わってきました。

最近聞こえてくる虫の鳴き声が、騒がしい音からなぜか涼やかな鳴き声に変化してきました。いよいよ秋の訪れです。


駐車場広場完成から3回目の雑草退治を終了です、あと一回は草が生えるでしょう!丘の上の駐車場は7月に完成しましたが草は生えてはいません、双方の駐車場も採石が敷かれておりますが!土であれば草刈り作業何回するのでしょうね!昨年、この場所は大きな池を壊し排水路を確保したり砕石を敷きしめたり駐車場づくりに挑戦して居りました。

DSC_1682.JPG


この場所も8月までは人の背丈を超えるような雑草が生えておりましたが、春から3回の草退治で、ここまで来ました。来春も何かイベントしますか?友達には山羊を飼ったらと言われますが住まいは平塚ですから目が届きませんし動物の世話は大変ですかね!

DSC_1680.JPG

昨年、菜の花が沢山咲きました。黄色い色は運気を上げると言われております。蝶舞谷から見上げて土手、全体が菜の花になるよう草刈り始まりました。大工さんご夫婦の応援で始まります。今年は早めに菜の花撒いて観ようと思います。

IMG_20170903_131247.jpg


朝晩は寒くなりました。真夏でも扇風機で過ごしますが、これからは不要になりました。秋の訪れですね!外の虫の鳴き声も淋しくなりました。山小屋の布団も夏掛けから冬掛けに替えました。

DSC_1686.JPG
posted by キミジィ at 11:22| Comment(0) | 日記

2017年09月06日

来年の菜の花に期待して丘の上から草刈作業が始まりました。

孫娘が大活躍、泥や枯草を取り除き水路の確保できました。

今年、雨降りの後に芙蓉を植えた所が、水捌けが悪いので調べてみると、排水溝に泥や草の枯れ葉などが溝に詰まり、この付近が田んぼ状態になり、困惑しましたが、付近の排水路を孫娘の応援もあり綺麗に取り除く事が出来ました。雨の後、現場を見ると水の流れがスムーズに流れ地盤が田んぼ状態では無くなりました。

DSC_1679.JPG


ここに流れる排水は瑠璃の丘から流れる水も、ここに一緒に合流するので排水溝の中は絶えず泥やゴミなどを取り除く必要があります。三年前に掃除して以来でしたから殆ど泥が詰まっておりました。

DSC_1678.JPG

掃除の前は水路が何処にあるか分からない状態でした。排水溝が詰まり、この付近は大雨の跡などは田んぼ状態でした。現在は排水溝の中は綺麗になりました。暫くはスムーズに水は流れますね!(笑)

IMG_20170903_131143.jpg

雨の後に萩や酔芙蓉を見学しても足場は改善されました。この付近を整備して憩いの広場を作る計画です。秋に向かい少しづづ整備して行きます。森に来たみなさん何処の場所かわかりますか?

DSC_1672.JPG



posted by キミジィ at 11:51| Comment(0) | 日記

2017年09月05日

久留里1000年の森に秋の兆し

秋の七草、萩の花が咲きだし、森の鉄人さんが挿し木で育てた、酔芙蓉も元気に育ち花を咲かせてくれました。

IMG_20170903_131335.jpg


朝は白く咲き、夕方にはお酒を飲んだ様にピンク色変わります。この辺りは自然の芙蓉も見られましたが、鉄人さんが、自宅で挿し木で育てた酔芙蓉50本植えてくれました。苗木が3年目を迎え元気に咲き出しました。暫くは、萩と芙蓉の花が見られます。

DSC_1670.JPG


この酔芙蓉の色の変化は、アントシアニンという色素で起こるそうです。
朝方の花弁にはこの色素が含まれておらず真っ白で、午後になると花の細胞内でアントシアニンが合成されて、花弁に溜まりだして徐々にピンク色から紅色になっていきます。
紅葉(もみじ)や紫陽花(あじさい)、薔薇(ばら)などもこの色素の蓄積で徐々に色が濃くなっていきますが、酔芙蓉は、この色素が急速に生成されることで一日で色が変化する要因になっていると考えられ、気温の上がる日中に色素の生成が急速に進むということです。
色素の生成には温度が関係するということで、今日の涼しさ(低温)で、酔芙蓉は色の変化が少ない、生成がうまく出来なかったと考えられます。



DSC_1677.JPG


萩は昨年植え替えた事もあり、今一ですが!来年は芙蓉を土手の下に植える計画です。
今年は早めに草刈り機で土手を刈り萩の花の見栄えが良くなるように整備しました。この季節は見学者は皆無ですが!一人淋しく眺めます!ご近所さんお茶しにお越しくださいね!


DSC_1671.JPG


森も本格的に草刈りシーズンが遣ってきました。しばらくの間、雑草との戦いが待っております。



DSC_1675.JPG


posted by キミジィ at 16:43| Comment(0) | 日記

2017年09月01日

丘から流れる排水路の清掃

朝から丘から流れる排す路を整備、暑さが少し和らぎ凌ぎ易い、孫娘にオッサンに変身させて、草刈機やユンボの操作を経験して貰い、思い出づくり沢山してもらいました。

DSC_1647.JPG

以前から気になっていた排水路の泥も取り除き整備は終了、蝶舞谷まで車で下りユンボの運転をしたり、草刈機で草を刈ったり、今まで経験した事のない、手伝いをしてもらいました。親に怒られるかも(笑)


DSC_1634.JPG


お昼はご近所さんの君津市栗坪「ラ・プティ・メゾン」カフェで食事です。ここのお店は素晴らしい、ウットデキで食事もできて景色が素晴らしい孫も喜んでくれました。ここはキャンプ施設に隣接した別荘地でキミジィの仲良さんが沢山住んでおります。久留里1000年の森より車で5分の所にあります。お店の方も仲良しさんです。森にお越しの際はお寄りください!

DSC_1656.JPG
posted by キミジィ at 14:06| Comment(0) | 日記

2017年08月30日

イノシシの餌不足、ウリ坊が母親の後を追って餌探し

実りの秋の前はエサが森の中では不足する。今年もウリ坊が沢山産まれた様子、ボケの苗木の根元が穿り返されミミズを探す放置すると根が乾いて枯れる被害が起きる、この時期はボケ園の見回りは欠かせません、植えてから5年目の苗木が枯れていました。

DSC_1655.JPG

毎年何本の苗木が犠牲になるか解りません、ボケは棘があるので嫌がり獣は近づかないと聞いたが?腹が減ったイノシシには関係ないみたいですね!近くにもバラ園があるが、やはりイノシシに園内が荒らされ大変な被害と聞くが、餌不足なんでしょうね!

1473544199260.jpg


この奥も荒らされています。イノシシは人の目の届かい所を狙い掘るので油断する大変です。今年の被害は6月の入梅時期から始まり8月まで続いています。根元を掘られる被害が拡大しております。今年は猟師さんにお願いして、蝶舞谷に捕獲用の檻を増やす事にしました。




1503213316910.jpg
posted by キミジィ at 12:30| Comment(0) | 日記

2017年08月29日

森に孫が応援に来てくれた

房総半島が一番暑い日に孫娘が草退治に駆けつけてくれました。力強い応援で暑さも忘れ頑張れました。

孫も大学4年生、就職も決まり来年から、森に来る機会も遠のくから、と言って応援に来てくれました。この日は気温36度を超える暑さでした。藪の中には毛虫やブヨが待ち構えているので防御の為にジィの作業服で頑張りました。お嬢様もオヤジに変身して頑張りました。炎天下の作業は厳しい、植木に絡みついたヤブカラシやカラスウリのツタを取り除き除草を応援してくれました。

DSC_1645.JPG


昼は山小屋を離れてランチする計画でしたが!あまりの暑さ森の涼しい所で素麺をいただきました。そうめん流しとは行きませんが、森の中で孫と食べる素麺も格別です!

DSC_1651.JPGDSC_1649.JPG

午後からはハンモックで一休みして、ウッドデッキの掃除をして貰いました。デッキも4月から掃除も手が回らず汚れていたので頑張って掃除してくれました。時々遊びに来てもらいたいですね!ぴかぴかにウットデッキが変身しておりました。

DSC_1654.JPG













posted by キミジィ at 13:10| Comment(0) | 日記