2018年02月21日

久留里1000年の森、記念樹

君津少年少女合唱団の生みの親の先生より、花桃の苗木を寄贈していただきました。森でも毎年この時期になると、花桃の苗木を購入するか、迷っておりましたが、突然の寄贈をいただき、思い切って植え木庭の大改造に踏み切れました。

今年は富弘美術館を囲む会の会員さんから、変わった桜の樹木を植木屋さんが同行して寄贈して頂いたり、メーさんからアジサイやヤマブキを丹精込めた苗木をいただいたり、皆さんに多くの記念樹を頂戴しました。


今回、花桃の寄贈は23本の苗木で、ここは蜂起の状の苗木を6本この場所に植えました。この桃の木は比較的横に広がらず面積を考えて、この場所に植えました。

DSC_0664.JPG


以前は、ここには、琵琶の木、イチジュク2本、銀杏2本、紅葉1本、サンゴ紅葉2本、姫こぶし1本など植えてありました。植えた時は苗木で植えたが10年も経過すると、日当たりは悪くなるし、ジャングル状態になりかかっておりました。
今回も、菜の花支部長が心配して駆けつけて応援していただきました。

DSC_0670.JPG

秋になると紅葉の季節に紅葉、この場所に移し替えたいと思っていましたが、大きく育った樹木を移動するのに、躊躇いもあり、思い切り移す動機がありませんでした。今回は思いきって移動しました。これが根付くと正門から、この辺りまで紅葉が繋がり、見事な紅葉が見られるでしょう!

DSC_0680.JPG


瑠璃の丘にも、花桃を植え込みました。この場所には、五色桃や赤い花桃を植えました。丘の上に花桃が咲きだす光景は見事でしょうね!この場所にも13本の桃が植えられました。この場所は桃の下がアジサイが咲いてくれます。

DSC_0671.JPG





DSC_0673.JPG





続きを読む
posted by キミジィ at 13:00| Comment(0) | 日記

2018年02月16日

孫が初段になった記念して弓道の練習場を作りました。

孫が遊びに来ると弓矢やゴロフの練習ができる場所は限ら得ております。孫たちが遊びに来る時に整備していたが、今回は駐車場造りを兼ねてグランドとして本格的に整備しております。

弓道も段が有るようで、今回孫からの手作りポスーターに初段の賞状を貰った。写真を見て、記念として弓道が本格的に練習が出来る場所を作りました。ここは、 イベント時には駐車場に変身しますが、孫の喜ぶ顔が見たいので春までに完成させます。

DSC_0618.JPG


本格的には矢を射る所の建物やグランドは芝を敷き締めたいが、取り敢えず
路盤を平らにして水はけなどを考慮してから考えます。イノシシの捕獲檻も移動するようにしないといけませんね!今まで、イノシシが運動に使用していたグランドも、孫の遊び場所に変身します。

DSC_0615.JPG

この場所にはクヌギや͡コナラなど、苗木を植えておりましたが、鹿の被害で樹木がシカに齧られ壊滅状態になりました。残りのクヌギを周りに植え替え、風よけに植え替えました。樹木がまだ寝ている内に移動しました。

DSC_0613.JPG












続きを読む
posted by キミジィ at 13:20| Comment(0) | 日記

2018年02月15日

森にユニークな木 ヤマコウバシ

一段と厳しい寒さが続く日々、森の中を歩くと、冬になって枯葉が落ちない、樹木と出会う、昨年地域の学校の教頭先生が森に遊びに来られ、この枝を少し頂けませんかと尋ねたので、どうして?と質問すると先生が、この木は受験生にとっては守り神の木なのです。この木は冬になって、枯れしまった葉が落ちいない事から、受験生に幸運を授かる樹木(ヤマコウバシ)と名がつく木なです。学校へ持ち帰り子供たちに教えてあげるのです。と言った先生の笑顔が思い出されました。

DSC_0621.JPG

ある植物園では受験生のお守りとして配られてるようです。受験生をお持ちの親御さんが居られる方がいたら、森でも、お守りとして差し上げますよ!
この木は黒文字族の仲間で、この森も黒文字の木が多いから,「やまこうばし」が多いいのでしょう!観察していると大風が吹いても葉は落ちません!葉が落ちるときは春で新しい芽が芽吹くと葉が落ちます。不思議な木ですね!

DSC_0623.JPG

ヤマコウバシ以外の落葉樹は葉を振るております。鉄人街道は今は獣道です。
森の中で此の付近は比較的暖かい場所なんです。早咲きの桜が咲きだしました。

DSC_0611.JPGDSC_0610.JPG




posted by キミジィ at 13:02| Comment(0) | 日記

2018年02月08日

音楽鑑賞会 生まれて初めてのバロック音楽

森の地域にある、カフェ・プチ・メゾン ご招待を頂き、午後から出かけました。

この地域のお住いの方のお嬢さんが、イタリヤで10年の歳月をかけて勉強したそうであります。今回は一緒にイタリヤで勉強した友達との演奏会です。

バロック音楽を聴きに出掛ました。お店の中は顔見知りの方が大勢聞きに来ていました。演奏の前のバロック音楽の説明では17世紀のイタリヤでは王族や貴族階級の音楽として楽しまれたが、18世紀優れた音楽家が沢山現れ、その中にはヘンデルもバッハの息子やモーツァルトも皆こぞってイタリヤで勉強したそうです。


DSC_0606.JPG


翌日は以前から気になる久留里の駅前の大島屋さんのお兄さんが山小屋に訪ねてこられ心許せる仲間が集まり、夕餉の飲み会を開催しました。

大島屋さんも、何年か前に久留里1000年の森のブロブを見ていて以前より興味が有ったようでした。話を聞くと大学時代に平塚に住んでいたようです。不思議な出会いでした。

大島さんは昔は行商する人の宿で栄えたようです。今はタイ焼き、入り口でコーヒーの豆を引いて、目の前を通る人に珈琲の香りを提供し、お客様は匂いに負けて中に入る!仕組みを考えております。皆さん香りに負けて店に飛び込むが!コーヒーのうまさも最高に美味しいので、リピータ客で店の中は大繁盛なんです。

久留里にお越しの際は是非立ち寄りください!

img_0_m.jpg



コーヒー豆の匂いと鯛焼きの匂いにで群がる、お店素晴らしい,コーヒーは世界の国々の豆を厳選したものを使用し、たい焼きのアンコも厳選した小豆を使って要るようです。甘さも抑えられてとても美味しい鯛やきでした。鯛焼きもコーヒーも病み付きになります。


image1-b.jpg





続きを読む
posted by キミジィ at 14:59| Comment(0) | 日記

2018年02月06日

雪国のような秘密基地

スキーのソリが欲しくなる様な久留里1000年の森です。
今年2回目の雪になりました。この場所で野外コンサートなんて及びもつきません
まるでスキー場の様です。雪の深い所は前回降った根雪が解けない内に雪の洗礼を受け、雪の広場になりました。海抜150メイトル程の山ですが、寒さは厳しい所なんです。

DSC_0586.JPG


スタットレスタイヤでなければ、ここまで上がれません、まるで雪国です。今日の森づくり作業ができるか?雪の上には、森の中に生息する、動物の足跡が沢山あります。シカ、イノシシ、タヌキ、ウサギ、テン、などの生き物が山小屋の前を、こんなに居るのか驚いております。

DSC_0590.JPG


山小屋から表を眺めると先週、咲き出した河津桜が寒さで花がチジンでしまいました。
蜜を求めて木々を飛び回っていた小鳥たちは、どこえ消えてしまってか、姿が見えません前回、帰る頃の小鳥の賑わいはありません春は少し遠のきましたか!窓の下には野兎がフキの葉を食べに来たか沢山の足跡が残って、おりました。


DSC_0602.JPG



posted by キミジィ at 10:49| Comment(0) | 日記

2018年01月31日

秋のイベント 山びこコンサート開催の後に、森の停留場ホールコンサート開催

  久留里1000年の森、秋のイベント,やまびこコンサート

やまびこコンサートの開催が高評価でアンコールをいただき、第二弾、森の停留場、音楽ホールと協賛で開催しました。
今回はピヤノやバイオリンで演奏をしていただき、素晴らしいコンサート開催が、出来ました。(歌は藤井 彩也香 (ふじいさやか) 舞台俳優、ボイスワーカー。大学卒業後 、劇団朋友、劇団四季にて舞台、テレビで俳優として活躍。現在フリー。演劇、 ミュージカル、などに活躍しておられる。)コンサートに参加いただいた、皆さんも素晴らしかったと喜んでいただきました。

オペラハウスの雰囲気を感じるコンサート素晴らしいい、劇団四季の本領発揮でした。
Thephantom of the Opera オペラ座の怪人より


DSC_0571.JPG


二部の始まりに挨拶の中で、久留里1000年の森コンサートに参加くれた人に虚子をお願いしたら半数の方が手を挙げて下さいました。やはり、やまびこコンサートの余韻が残る集まりでした。アンコールは、2曲、翼を下さい、アメイジング・グレレース素晴らしい歌姫の宴でした。

DSC_0573.JPG


DSC_0577.JPG
皆さんから良かったと喜んでいただきました。打ち上げは久留里1000年の森で行いました。
夜遅くまで楽しんでくれました。山小屋でもバイオリンの演奏や歌を披露してくれました。楽しくて素敵な集まりができました。
DSC_0581.JPG


今回のコンサートを一緒に盛り上げてくれた。古民家ライブハウスをお持ちな
リンンとヒメの散歩道 ご夫妻の応援をいただき素晴らしいコンサートが開催できました。ブログ見てくださいhttp://rinntohime.exblog.jp/238260244/



続きを読む
posted by キミジィ at 12:47| Comment(0) | 日記

2018年01月30日

森の春は遠の来ました。

森に積もった雪が一向に解ける気配はありません、
夏は、この辺りは涼しい所ですがやはり、冬場は寒さが厳しいです。

DSC_0560.JPG


春は花見で野点を開催する場所ですが、冬は皆さんを寄せ付けません!いつまで残るのか、次の雪までには、解けて貰いたいですね!春の花の舞フェスタ第二回は(4月8日日曜日)この付近がフードコーナーとなります。二月には、蝋梅、梅の花、早咲きの桜が、所、狭しと競い合い、咲き乱れます。

DSC_0565.JPG

雪で心配していた、山小屋付近で育った、野ウサギが、ボケの植え込みに姿を見せてくれました。

先週はカラスの攻撃されたのでカラスを追い払いましたが、ウサギは、その場所から逃げずに、守ってくれたと思ったか?おいらが,近づきましたが逃げませんでした。今回は、昼間は日が当たり、暖かいのか、すぐ近くで、木の剪定をゴリゴリ遣っているのに、安心して夕方近くまで昼寝をしておりました。可愛いですよ!

真ん中の茶色いウサギです、赤ちゃんから森におります。今の食料はイノシシが食べ残したツルの根や草の根を穿り食べております。時々植え込みに刻みキャベツをばら撒いております。早く春が来るとよいですね!

DSC_0566.JPG



posted by キミジィ at 15:03| Comment(0) | 日記

2018年01月25日

山小屋を早々に脱出

昨日は早めに森を脱出 雪の予報を想定して早じまい、今回の森は地域の皆様との新年会の行事に合わせて出かけました。新年会は蓑会の皆様と懇親会を兼ねてお会いしました。普段は皆様との交流は、森づくりに追われ、なかなか皆さんの行事に参加できないので!新年会は出席させていただきました。会の皆さんは野菜作りや地域の活動も含めて沢山のイベントなど、盛り沢山の活動を楽しんでおられます。今年もみなさんよろしくお願いいたします。

森に雪が散らついて来たので昼に帰り支度、早めに帰ることにしました。

DSC_0547.JPG

昨日植木屋さんが、根回しまでして嫁に来た,さくら、山桜の様だが小さく可愛い花のようです。今年花が見れると良いですね!

DSC_0546.JPG

枝の先が普通の桜と違い細くて、なよなよしております。柳の枝みたいです。変わっております。森には20種位桜の花が植えてありますが、ソメイヨシノ桜は一本もありません、それはお隣の聖地公園が染井吉野が何百本も植えてあるからなんです。
DSC_0544.JPG










続きを読む
posted by キミジィ at 11:42| Comment(2) | 日記

2018年01月19日

久留里の森にも春の兆し

正月が来たかと思ったら、森は春の訪れ、早咲きの桜が咲き,梅,蝋梅が競うように咲き出しました。春は直ぐ、そばまで、遣って来ています。

今年になり初めての嫁入りは、山桜の変わり花が咲く、桜が嫁に来ました。菜の花の会員さんからいただきました。

山桜で可愛い小さな花が咲くそうです。植木屋さんが付き添い、根回しまでしてくれての嫁入りでした。

DSC_0537.JPG


森で毎年一番に咲く梅の花です。古木で実は小さく可愛い、小鳥が蜜を求めて沢山来ます。
この梅は暮れの内から咲き出しました。

IMG_20170203_084900.jpg


蝋梅より早く咲く桜、冬桜が終わると、春の桜が咲きだします。森の河津桜は2月の後半から咲き出します。毎年森の桜では一番早く咲きます。メジロが蜜を求めて集まります。

IMG_20170203_084614.jpg


蝋梅の花 森に入ると、この季節は甘い香りが漂います。

花や蕾からは蝋梅油がとれ、中国では水虫薬などの原料にも使われているそうです。強い抗菌・抗炎症作用や皮膚の再生作用などの効能があるようです。  効能ではせき、解熱剤、火傷などに効くそうです。精神的なストレス障害にも効果があるそうです。

都会のジャングルで生活している、皆さん偶には森に癒されに来てはどうですか!蝋梅の香りは2月いっぱい癒しの香りが森に漂いますよ!

IMG_20170203_084817.jpg

続きを読む
posted by キミジィ at 11:58| Comment(0) | 日記

2018年01月17日

久留里1000年の森 山吹回廊が壊滅状態、

久留里の森、花のスターでもある山吹回廊が老朽化?矢張り最悪な事態が起きてしまった。

昨年から一年間、山吹の手入れを怠りましたから、新年早々手入れをと思っていましたが、やはり手抜きはだめですね!

昨年は山吹の苗を移動した後に、古枝の除去を行わず放置してしまいました。

例年は枯れた枝を取り除く作業をしておりましたが、二年ばかり手抜きをした結果の出来事です。
植物は者を申さないので、植木の環境にもう少し心配りが必要でした。今年はボケの手入れや駐車場造りに追われ山吹までの面倒を怠りました。反省ですね!

二日間かけて山小屋の周囲を竹や山吹の枯れ枝を剪定しましたが、精神的にショック、あまりにも、ヤマブキの枯れ枝が多くがっかりです。例年はこの時期にも枝が緑で覆われて、山小屋が見えないくらい密集しておりました。今回は枯れ枝を取り除くと、この有様です。山吹が全滅です。ほとんど枯れ枝だけが残りました。しばらくの間は山吹の下草の手入れをしないと!本当に山吹が森から消える事になりますね!

DSC_0541.JPG


山吹回廊の看板を返上ですね!ここは毎年下刈りなど手入れしてきたので、花のシーズンは自慢になる場所でした。やはり人工的に造った、山吹の回廊は手入れが大事ですね!植物は共存を望みませんから、この場所は以前は篠竹が生い茂り,蔓や雑草、竹林の住まいでしたからね!こうした竹などを孤絶しない限り、山吹が負けてしまうのですね!今年は下刈りする時には竹の根切り退治しないといけませんね!

DSC_0535.JPG

この場所は最初は竹藪と弦や雑草のジャングルでした、そうした地盤を取り除き、山吹などを植えました。年月が経つと、地下では、竹の根が伸びてきて、最近では当初のジャングルの様に竹の方が強くなり、山吹の生存が大変な状態になって来ました。そろそろ人間の手で自然界の営みを変える時が来たようです。里山は、古代から人と植物の関わりは、人が自然界をコントロール、して来たのかもしれませんね!

DSC_0531.JPG


朝から菜の花支部長が応援に駆け付け,ヤマブキの枯れ枝や竹退治を遣ってくれました。
手抜きをしていたので,ヤマブキの枯れ枝の多さに驚いていました。

鉄人さんは気づいたのでしょう、少し暖かくなったら枯れ枝が凄いので整備するような話をしていましたが、改めて作業すると枯れ枝も多いが、竹の侵蝕が凄い、竹の根切も兼ねて退治しないと全滅ですね!

富弘美術館を囲む会の皆さんが植えてくれた,ヤマブキどれだけ咲くか?山吹回廊を小まめに手入れが必要ですね!

DSC_0533.JPG







続きを読む
posted by キミジィ at 10:18| Comment(0) | 日記