2017年10月13日

秋のイベントに合わせて駐車場整備

瑠璃丘 駐車場整備に合わせ丘に上がる道路の整備、ここにも大雨の後の被害がありました。丘から流れ出る大水で道路が凸凹状態でした。

DSC_0023.JPG


丘から流れる大水で通路がガタガタになってしまいました。丘も崩れる被害が出ましたが応急処置で何とか通行可能になりました。



DSC_0021.JPG


丘の上から流れ出る水は排水溝に流れるので、ここから下の駐車場への被害はありません丘から排水路を少し考える必要がありますね!

DSC_0022.JPG
  
池を埋めて出来た駐車場は排水路の設計が旨くいき大雨が降っても被害がなく完璧です。
DSC_0024.JPG

排水工事をする前には駐車場は丘から流れ出る水で大変な事になっていました。

DSC_0282.JPG


駐車場づくり排す管を埋める途中です。雨が降ると、こんな状態になり、この水は池の中に流れ落ちておりました。池を無くし排す路ができる前に撮影しました。16・11・11
上に映した駐車場と同じ場所です。
DSC_0279.JPG


DSC_0260.JPG





posted by キミジィ at 10:45| Comment(0) | 日記

2017年10月12日

紅葉の季節がやってきました。

夕方、シカの鳴き声が聞こえる季節がやってきました。森も朝晩は寒さが一段と厳しくなり早くも、サンゴ紅葉の葉が黄色く色好き始まりました。

DSC_0039.JPG


サンゴ紅葉は枝が珊瑚のように赤く色ずく事から名が付いたようです。
山モミジが色ずく頃には枝だけが赤く色づきます。

DSC_0071.JPG


毎年10月に咲く桜ですが10月桜と思っていましたが?花弁が八重ですから少し違うようです。冬桜の種類でしょうね!ご存知の方教えてください!毎回咲く度に八重が大きくなります。

DSC_0036.JPG


先週大雨が2回続き道路 に大きな溝が出来、車の走行にも障害を来すので溝を埋めて整備しました。秋の山びこコンサートに合わせ道路整備や駐車場拡張工事を進めて行きます。

DSC_0008.JPG


山吹回廊を整備しております。山吹の上にドングリが生るクヌギやナラノキの樹木があるので道路がイノシシが道路に落ちたドングリを掘って食べるので道が荒らされます。

DSC_0006.JPG


山吹回廊入り口から幻想桜広場を整備して蝶舞谷までの道を整備しました。しばらく大雨が降らないことを期待します。

DSC_0013.JPG

posted by キミジィ at 14:54| Comment(0) | 日記

2017年10月11日

春に備え森は大忙し

春に備え菜の花の種巻き、方面の草刈り、植木場の草取り、通路の草退治、植木の剪定、最近は森づくりより、管理に手間がかかります。


先週撒いた菜の花が芽が出てきました。

DSC_0056.JPG


方面に所々、菜の花の種を蒔きました。春が楽しみですね?全体が黄色く輝くのは何時になるか!花が咲き種が落ち、菜の花が増える!楽しみですね!

DSC_0066.JPG

今日は草刈り機に挑戦 昨年、蓑会の皆さんが撒いてくれた、菜の花が種を落として芽が出たか、草刈して探すが、残念です、菜の花の芽は皆無でした。土手の近くに咲いた菜の花の芽が大きく育っていました。沢山蒔た、菜の花は見つける事が出来ませんでした。残念です!!メーさん

DSC_0047.JPG
DSC_0052.JPG


菜の花の種を傾斜地で、せいだか泡立ち草の根やカヤの根を除きながら、種まきは大変な作業ですが、頑張って種まき挑戦しました。

DSC_0067.JPG


posted by キミジィ at 12:06| Comment(0) | 日記

2017年10月04日

 森のイノシシも肥える秋が遣って来ました。

待ちに待ったイノシシの餌ドングリの実が沢山、落ちて来ました。道路の中に落ちたドングリは食べやすいが、山吹の植込みの中に落ちたドングリをイノシシが餌にするので荒らされて被害が出ます。菜の花の会の皆さんが手入れをした所が心配ですね!

DSC_1801.JPG


真夏に菜の花の皆さんが参加してくれて山吹の植え込みを整備してくださいましたが、この付近は毎年イノシシがドングリを求めて土手を穿り返すので心配です。今年も暫く目をはせません

1500543703214.jpg



今年はまだイノシシがドングリを求めて来ていません、今年はイノシシを20頭以上捕獲したので被害は少なくなるか?皆さんで植え付けた上にはクヌギやナラノ木が生息しているので実が山吹の植木場に落ちるのでどうなりますか?

1500543731320.jpg

posted by キミジィ at 10:57| Comment(0) | 日記

2017年10月03日

秋の植え替えシーズン到来

森の鉄人さんが丹精込めて3年前に挿し木で育てた酔芙蓉が見事に花開きました。秋には植え替えする計画です。朝見ると真っ白い花で夕方にはピンク色に変わる不思議な花です。方面に植え替える準備をしないといけませんね!植え替えの後は切った枝を挿し木してくれるようです。芙蓉は成長が早いのでキミジィも鉄人さんもまだ生きている内に楽しめそうです(笑)

DSC_1857.JPG


来週菜の花の最後の種まきを企画しております。先週巻いた菜の花の芽が早くも芽吹いていました。来春が楽しみですね!少しずつ森も変化してゆきます楽しみにしてください!!

DSC_1834.JPG


富弘美術館を囲む会千葉県支部、菜の花 渡辺支部長さん,
菜の花の種まきを応援いただきました。春が楽しみですね!前にまいた種は芽を吹いておりました。種が少ないので新たに購入してもう少し範囲を広めて撒く計画です。方面をできる限り黄色く彩るように頑張ります。皆さん応援よろしくお願いします。

IMG_20170924_111327.jpg


10月までには種まき完了したいですね!雑草の根がはびこり凄いので果たして花が咲くまで育ってくれるか心配ですが菜の花の生命力に期待し頑張って貰いたいですね!黄色い花は運気を上げるそうです。森に来たら宝くじが当たるかも知れませんよ?

DSC_1803.JPG







posted by キミジィ at 10:59| Comment(0) | 日記

2017年09月28日

久留里の五輪塔

房総の歴史発見
友達に誘われ円覚寺にて、千葉県一の五輪塔にお目にかかりました。そこは土屋氏のお墓でした。土屋氏は平家の一族で鎌倉時代を築いた名族、相模国大住郡土屋(神奈川県平塚市土屋)から起こり、源頼朝に仕えた土屋三郎宗遠 兄弟の土肥氏・親族の三浦氏などと千葉氏を援軍につけ、鎌倉幕府を樹立しております。 室町時代、戦国期に入り足利鎌倉公方(後の古河公方)の命を受けて、武田信長は子供の信高(母は土屋影遠の妹)土屋景遠らが上総に入り 安房は里見義実が侵略する!里見氏の(妻は武田から迎える)この時代は武田信長の親族関係で房総へ渡ったようです。

DSC_1877.JPG


久留里1000年の森歴史シリーズもブログに書いてあります。お時間許す時に読んでください!久留里1000年の森周辺の古代からの歴史を書いて見ました。

戦国時代の武田信長・土屋影遠 時間がある時に読んでください
土屋忠直の父親は!土屋昌恒は金丸虎義の子供が養子となり天目山の戦いでは片手戦に切りで有名でありますが、この時代の土屋氏の名族の系図は武田信長に従い上総に渡った土屋影遠の子供(勝遠)が幼少の頃に甲斐に預けられ後に勝遠は甲斐武田氏の武田信昌の娘を娶り、子の土屋信遠は甲斐武田氏に仕えた。信遠の子、土屋昌遠は駿河国は武田信虎と移り住んで武田家中を離れる。この土屋氏の系図が久留里城主土屋忠直に繋がります。平塚の土屋氏は房総半島には縁が深いですね!
お隣のお寺円如寺、開創1395年(応永2年)と伝えられる真言宗智山派の寺院
    江戸時代には久留里城主黒田公の祈願寺でした。
萩祭り久留里1000年の森も最盛期ですが、お寺のハギは素晴らしい

DSC_1869.JPG
おじいちゃん三人で花見です!中々整備が行き届いております。これだけ整備するの大変でしょうね!花より雑草退治が気になります。

DSC_1867.JPG
蓮の花が咲いたら綺麗でしょうね!木道がシッカリしております。池の両脇に萩の花が見事に満開に咲いております。

DSC_1866.JPG
見事でしたお寺の檀家さんが綺麗にしているのでしょうね!すでにヒガンバナは姿を消しておりましたが萩の花は見事でした。見学するのは簡単ですが、これを維持するのは大変ですね!いろいろな樹木も手入れされて綺麗に整備がしてありました。賽銭箱にお札を入れない行けませんね!ありがとうございました。

DSC_1872.JPG




posted by キミジィ at 10:47| Comment(0) | 日記

2017年09月27日

久留里1000年の森 排水がストライキ

丘の上の排水路、泥の詰まりを直したら!今度は谷の下の排水が詰まり大変な事になりました。種蒔きを中断して排水路の泥を除去する作業です。これって大変な土方作業です。老骨に鞭を撃ち ヘバヘバになりながら夕方遅くまで戦いました。

DSC_1836.JPG

丘の下の広場が水浸し完全に水路が泥で塞がり大きな池状態でした水路の泥を取り除き水は流れ整備は完了しました。丘の上の泥が下に流れ排水溝が詰まりました。これって犯人はイノシシなんです。

DSC_1846.JPG


酔芙蓉のある場所が荒らされ水路が詰まり、先週、排水路の泥が下に流れて掃除できたと思っていましたが土砂が下に流れて、今度は下の排水を詰まらしてしまいました。これって年間で二回くらいは同じことを繰り返しております。

DSC_1840.JPG

イノシシはミミズを求めて母親がウリ坊を連れてミミズを捕獲する技を子供に教えます。雨の後は地面の土が掘りやすいので泥んこ状態になります。そうした泥が側溝の中に流れ込み土で流れが悪くなります。この時期はイノシシも子育てに賢明なんですね!ハギが咲く岡の上から酔芙蓉の手前に側溝があります。毎回この辺りが泥が詰まり土砂が下の方に流れて行くところです。
草退治が終われば次の災難が待ち構えております!オイラ負けないよ!(笑) 

DSC_1848.JPG




posted by キミジィ at 16:20| Comment(0) | 日記

2017年09月26日

秋の彼岸を迎え本格的に菜の花の種まき

久留里1000年の森 蝶舞谷からの傾斜地に菜の花の種まき作業が始まります。傾斜地に一人で挑戦、足元が滑り作業は厳しいが、春の花咲く季節を脳裏に刻み黙々と種の植え付けをしました。時折足元がよろけながら懸命に作業しました。

DSC_1821.JPGDSC_1817.JPG


種を土と混ぜて蒔くことにしました、気がかりは雑草の根がはびこり、果たして種が芽吹いてくれるか心配ですが、天に任せて蒔くことにしました。溝を作り種をまき埋める作業です

DSC_1827.JPGDSC_1819.JPG


来週も種まき続きするが、斜面が広いので蒔いた場所が何処か解らなくなります。撒いたところに目印をつければ良かったですね!(笑)春が待ちどうしくなりました。

IMG_20170924_111327.jpg
















posted by キミジィ at 14:23| Comment(0) | 日記

2017年09月22日

久留里1000年の森 配水本管、清掃作業

石積みする前は大雨が降った後は清掃しないと排水管付近の枯れ葉や泥が排水溝を埋め尽くし、毎回の掃除は大変でした。現在では年に二回の清掃活動で済む様になりました。


雑草に覆われ排水溝が何処にあるかわかりません先ずは草刈りから始めます。表の市道の掃除も一緒に行います。これて大変な作業なんです。
清掃前の雑草を刈り取る前は草木に覆われ排水溝見えません、表の市道側も雑草でジャングル状態です。

DSC_1799.JPG


市道側も雑草退治をしないと枯れ葉が排水溝に入るので市道側も一緒に草刈り作業をします。この場所は他方向から山に降った雨水や杉の枯れ枝などが流れ込む、以前は、ここが谷で久留里1000年の森の中に流れ込んでいました。この道は荒れ果てておりますが市道です。タケノコ狩りや山菜シーズンは、この道を使って森の奥に行く人がおります。昔はこの道は通学路だったようです。今はイノシシが通う道です。

DSC_1789.JPG



昔は学校の通学路に使われたようです。10年前に、この道を使い奥の部落の人が自転車で久留里の町まで買い物に行った帰りに、おじいちゃんが寄ってくれて、地域の昔話を聞かせてくれました。雑草がボウボウでしたが半日掛けて市道のボランテヤ、清掃作業をしました。

DSC_1788.JPG


山小屋に降った雨水も通路に降った雨水も配管を伝わり、この場所に流れ込みます。
大きな石で排水溝を囲い排水路を確保しております。以前は仮設作りの排す路でしたから中に泥が入り大変でした。現在は雑草を取り除くと綺麗に中は管理されております。
DSC_1794.JPG


時間がある時に少し石の位置を直したいですね!中にある本管もきれいです。以前は雨が降ると池と排水路が心配でしてが今は池が駐車場になった事で水の心配はなくなりました。

DSC_1797.JPG


i以前は雨が降ると排水路はこんな状態でした。上の写真の石の排水溝と同じところです。排水溝は杉の葉で完全に塞がれております。大雨の後はいつも同じ状態です。掃除が大変でした。現在は石で囲んで泥や落ち葉の侵入を防いでおります。
1468618562952.jpg


市道は雨が降ると山の上から流れる泥や落ち葉で凄いことになります。
上の道と同じ所です。道はジャングル状態です。役所は放置してしまっております。益々イノシシの住み家が増えます。
1468618548519.jpg












posted by キミジィ at 12:29| Comment(0) | 日記

2017年09月21日

春の菜の花に備え草刈り本番

秋のお彼岸から、菜の花の季節に備え、蝶舞谷からの傾斜地を草刈りした後に菜の花の種まき作業が待っている。

毎年秋のお彼岸に、春の花見に備え蝶舞谷の谷底から草刈り作業、キミジィこの作業は医師から止められているので、大工さんご夫婦が奮闘して応援してくれております。傾斜がきついので半日体力が持ちません草刈り作業は1か月近く掛かります。キミジィはユンボの草刈りと種まきに専念します。(笑)


DSC_1757.JPG


感謝、大工さん、ご夫婦が大活躍してくれます。キミジィの体を心配して助けてくれます。

DSC_1805.JPG


平らな場所からもう一段下まで傾斜があります。昨年は2か月がかりでした。森の草刈りは木瓜園が4~5回、道路が3回の草刈りが必要になります。これって管理が大変ですね!森づくりは楽しいが!完成して後の管理のほうが大変ですね!バカは死なけれが治らないと言いますがそれって本当ですね!

DSC_1775.JPG


森に来られる皆さん、ご存知ですか山小屋に向かう道にある、黄色い紅葉なんとサンゴ(閣)紅葉でした。冬になるとサンゴのように枝が赤くなるので不思議と思っていましたがサンゴでした。森の中に此の紅葉何本あるか数えてみて下さいね!

モミジは日本に自生し古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られています。
冬寒くなるとその年の枝先が赤くなるものは結構ありますが、
中でも鮮やかに全体が赤く染まるのがこの「サンゴモミジ」です。
正式には「珊瑚閣(さんごかく)」です
1505553395008.jpg
posted by キミジィ at 11:54| Comment(0) | 日記