2013年04月06日

久留里1000年の森は花盛りです。

久留里1000年の森はボケの花が満開です。

今年の染井吉野桜は3月の暖かい陽気で3分まで咲いて、その後は寒さが続き桜の花の咲く時期を忘れた様に花は散り、青葉が芽吹き始めました。気候の変化に態様出来ませんでした。異常気象ですネ!
気候の変化にも耐えて、ボケの花は、例年より早く咲きだし、今や満開となりました。今日は嬉しい訪問者、娘に孫とワン子のグレースまで見学に来ました。こんな一時て、日ごろの疲を忘れさせ飛んで行きます。

P1090321.JPG


今、森は花の見所を迎えております。付近の染井吉野と同時に咲く大島桜が元気良く咲いております。ボケに桜、綺麗ですよ!思わず孫がウァ〜綺麗・・・・・赤いボケの花と桜素晴らしい

P1090431.JPG

ボケが満開です。ボケの花は早咲きから、遅咲きまでの花の季節は2カ月近く花は季節ごとに咲き乱れます。この時期はボケが競って咲きます。

P1090280.JPG




この季節が一番種類の多い花々が咲いてくれます。森造りしないで、花を眺めています。

P1090247.JPG

P1090435.JPG

この花は八重で綺麗ですが、一本の枝から種類の変わった花が咲き分けます。驚きです。白、赤に紅白の絞りに吹きかけ、など眺めていると不思議な花が沢山咲きます。

P1090396.JPG

今こんな花が咲いていました。今咲き出す花は遅咲きの花です。

P1090285.JPG
P1090323.JPGP1090394.JPGP1090278.JPGP1090380.JPGP1090276.JPGP1090259.JPG

2012年04月26日

久留里1000年の森に新緑シーズンが遣って来た。

久留里1000年の森は淡い若葉の緑に色づいた、新緑シ−ズン

素晴らしい森の力http://kururi1000nen.sblo.jp/article/40274506.html

森に入ると、小鳥たちの囀りと、木々の若葉に迎えられ清々しい気分になります。キミジィはこの季節の森が大好きです。

aP1060188.jpg


久留里1000年の森、山里入口の楢林です、夏の季節は太陽をさえぎり、木陰を与えて癒してくれます。

sP1060229.jpg



現在はクルマ社会、森造りは車止めや散策通路造りなど欠かせません。皆さんが天候に左右されず気軽に来れる癒しの森造りを心がけております。今回の作業は瑠璃、丘の道や車寄せを砕石で固め雨の後にも支障の無い道造りです。

ssP1060218.jpg


昼のひと時、ハンモックに横になり森の新緑を小鳥たちの囀りと共に体感しました。大自然の美味しい空気と青葉、最高です。竿健さんお昼に車のポットでお湯を沸かしコ―ヒーを飲みましたよ〜・・・・・・森で飲むコーヒー最高に美味しかった(笑)

ssP1060187.jpg

森を探索すると紅葉が色ずいたり、ボケの花も違った種類が咲きだしました。

sP1060242.jpg


後から咲きだす花は大きく咲く花が見られます。

sP1060202.jpg


この花も大りんの花です

sP1060198.jpg

2012年04月23日

ボケの花と池

久留里1000年の森に池造り

久留里1000年の森に池造りを夏まで完成したいと思い計画中です。この池で夏場の水まきや釣り掘りなど出来る様にしたいと思っております。まだまだ森造りの途中で、何から先に造るかるか、今は池まで、手が廻りません。

P1060157.JPG

池の周いの様子です。

P1060179.JPG

P1060131.JPG

池の付近で可愛いボケの花をパッチリ一つ枝から接ぎ木なしでこんな花を付けます、不思議ですネ!!
ssP1060138.jpg



池の計画はボケの花を主役にした池造りを思案中です。

ssP1060148.jpg

2012年04月20日

久留里1000年の森造り新たな里山造り

久留里1000年の森に新たな里山造り

新たな里山入口付近に駐車スペ―スが出来ました。この場所は以前は谷になっていて危険な状態でした。

aP1060168.jpg

朝から夕方までダンプの支援隊が最終砕石運びです。応援有難う御座いました。

sP1060088.jpg


作業終了してから花を見て森を歩き撮影です。

ssP1060142.jpg


ここには桜の花が咲きボケと桜の共演が見れました。

P1060132.JPG


久留里の森にボケの花を苗で植えて八年目になります。この間病気になったりして水やりも肥料も遣らない時期がありよくぞここまで育ってくれました。

P1060149.JPG

一人で花見見学です。チョット淋しいですネ!でも綺麗ですよ〜

aP1060135.jpg


綺麗な花の舞を見せてくれるので、キミジィ一日の疲労がどこにいったやら癒され花の舞を見て歩きます。
aP1060178.jpg

森の花を見て歩きながら花の種類を数えるが、判らず途中であきらめます。よく似た花もあり数えるのが大変です。(笑)

P1060137.JPG


森の花々はキミジィに挨拶するように咲き乱れてくれました。また来年綺麗な花で会いましょう!

aP1060129.jpg

ここの山吹は増殖した山吹です。キミジィが病で休養した時に除草剤によって枯れた山吹が増えて咲きました。
ssP1060109.jpg

以前は山吹が沢山咲いたが除草剤を撒いて枯らしてしまい残念です。残された山吹頑張って咲いてます。

aP1060110.jpg

2012年04月16日

久留里1000年の森は里山づくりが始まり大忙し

久留里1000年の森は里山造り三期に入り大忙し!!

久留里の森に地元の友達、東平さんがご自分で育てた植え木やキミジィが伊勢原から持ってきた植木を汗かきかき植えてくれました。有難う!

ssP1060031.jpg


植え木の後は銘カメラマンです。大きな体を小さくしての撮影何を写してるのでしょうネ!!

ssP1060026.jpg

こんな可憐な花を撮影していました。綺麗な花ですネ!!  

ssP1060068.jpg

枝垂れ桜とボケの花上手に撮れましたか?

ssP1060020.jpg



キミジィのユンボが又もや故障で隊長の会社の大きなユンボに跨り土運びを朝から挑戦中です。瑠璃の丘にも駐車場を造り丘の上にも車で来れる事が出来るよう頑張ります。

sP1060010.jpg

P1060008.JPG

2012年04月14日

久留里1000年の森花盛り

久留里1000年の森はボケの花が咲き綺麗な舞いをみせてくれます。


朝早く森に着くと花たちが綺麗に咲いて出迎えてくれました。森には多くの花の種類があり、この時期に見学に訪れる人々を喜ばしてくれます。
今年の花は冷夏のせいか花咲は少々遅れたが、早咲きの花や遅咲が一緒に咲きだし花舞う森になってくれました。


この花で癒しを療養生活頑張れ!
ssP1050924.jpg

入口付近のボケの花です。綺麗に咲いてくれました花を見ていると何故か元気が出るのは不思議です。この場所には30類の花が咲いています。本来は名札を付け管理するのでしょうが、キミジィはいい加減が好きなようで何もしないようです。(笑)

ssP1050878.jpg

真っ白な八重の花と赤い八重咲き、同じ枝から不思議ですネ!樹木の神秘

ssP1050905.jpg

この森広場はボケの花なを車で見れる様に作りました。キミジィが年を取り、足が効か無くなっても車の中から眺める様に造りました。(笑)

ssP1050901.jpg

艶やかな花ですネ!ピンクと赤が同じ枝から咲いております。

ssP1050935.jpg

P1050872.JPG


雪柳とボケの花いついもこの時期思うのですが、この付近に真っ赤な花が欲しいですネ!!

ssP1050957.jpg

ssP1050869.jpg

心が落ち着く色で咲く花も有ります

P1050922.JPG


花を近くで見ていると花の宝石箱を開けた様に見えます。綺麗な花の舞ですよ〜


ssP1050916.jpg


ボケの花はこれから咲きだす遅咲きの花もあり、これから暫く楽しみがあります。

ssP1050870.jpg


従来この桜はジャングルの中で生息したので、周りの樹木に負けない様に高く伸び、木の下から見上げても太陽の光線によって、花を見た事の無かった桜です。その桜を上から眺めようとキミジィの我がままで、支援隊長に危険な山の切り開き丘造りして、幻想桜を見る事が出来ました。幻想桜を、隊長と一緒に眺め満足です。有難う!!

ssP1050889.jpg

2011年04月15日

久留里1000年の森は花の宝石箱のよう!

久留里1000年の森入口にある、久留里荘の桜、子供の会社より一人で眺める花見です。


久留里荘の桜は千葉県では有名で開業当時は夜桜見物や花見を楽しむ、お客様で満室になり早い時期に泊まりの予約を取らないと宿泊できないほどでした。

久留里荘は閉館していますが、宿泊したお客様がなつかしさと、素晴らしい桜を見にくる姿を時々見かけます。


この後に八重の桜も咲きだします。咲いていない木が八重桜です。
P1030384.JPG

久留里1000年の森もボケの花が今一番の見所で花を見に来られる皆さんから、花の宝石箱を見たようですね〜・・・・そんな、おほめの言葉を戴き、感動やら感激です〜

画面を2回に分けてクイックしてください花が大きく映ります。
P1030370.JPG

P1030369.JPG

こんな花が咲いています。今週が花の見ごろになっています。
P1030381.JPGP1030380.JPG
P1030372.JPGP1030378.JPG
sP1030294.JPGP1030329.JPG
sP1040158.JPGsP1040187.JPG
sP1040185.JPGsP1040160.JPG
P1040164.JPGP1040157.JPG
P1040193.JPGsP1040172.JPG
P1040181.JPGsP1040179.JPG




瑠璃の丘に挑戦です
皆さんが花を見て楽しんでいる間に瑠璃の丘工事に挑戦です。ここは展望台どんな仕上がりになるか?頭の中にある設計図と相談しながら楽しんで丘を造りしたいと思います。


P1030391.JPG

今日は何組かのお客様 案内もしないで御免なさい 瑠璃の丘から失礼します。又お友達を誘い合わせて遊びに来て下さいね!!
写真を2回に分けてクイックすると誰かわかりますよ〜
P1030399.JPG

2011年04月06日

お花見を望む被災地の人々がいる事を知っていますか!

東日本大震災の被災地のみなさまへ 謹んでお見舞い申し上げます
災害に逢わない地域の人々が通常の生活を早く取り戻す事を望む被災地の声を知っていますか、被災地の人を考えて通常生活を取りもぞす努力をしよう。日本の経済は一つのコップの中で回っています。考えよう日本


久留里の森での大敵、大雨に備えて

森の集中した雨対策を此の時期にして置かないと大変です。一日掛かりの土木作業でした。
P1030274.JPG

ボケの花や梅の木を植え変えた場所に緑や赤の色が見え始めて来ました。
P1030266.JPG

雪柳の木付近に深紅のボケを植えたつもりが、違うボケの花でした。失敗です。
P1030275.JPG

緑が見えるようになりました。これから先が楽しみになります。
P1030269.JPG

2011年04月05日

萎縮しないで、元気を出そう日本

東日本大震災の被災地のみなさまへ 謹んでお見舞い申し上げます。

日本の経済活動は被災地以外の地域が元気を出して行くこと事が大事だと思います。萎縮しない通常通りの生活が被災地の復興を支えする起爆剤になると思います。 元気を出そう日本!!

久留里1000年の森に暖かい春の到来です。

入口付近の枝垂れ梅が咲きだしました。
付近の森も、これからは穏やかな日々が続き、山にはタケノコ狩りやセリ積みや、ヨモギ、タラの芽、ワラビなど山から自然の恵みを求めて山に大勢の人が訪れる季節でもあります。
P1030262.JPG


今年に入り初めての雑草退治です。花はこれからで草があると見栄えが悪いので一生懸命たいじしましたよ〜
P1030254.JPG

P1030253.JPG

花はこれからが本番ですきれいに咲き乱れるボケの花は本当にきれいです。
P1030257.JPG

一本ボケの木から色々な花が咲き綺麗です
P1030260.JPG

うすいピンクのボケは見ていると、とっても安らぎます。
P1030261.JPG


去年植え替えたボケはあまり期待ができない気がしますが、なんとか花が咲きだしました。

no-title

2010年04月15日

久留里の森に木瓜 別名 放春花(ボケ)

放春花とは中国で親しまれる花の名称で 春を一番早く放つ花として、知られております。
  


久留里1000年の森では花の苗は新潟から求めました。
花の名はボケの名称ではなく 放春花で嫁入りしました。

正月に咲く深紅の花(黒潮)はじつに清楚に艶やかな咲き、新たな年を迎へるにふさわしい花です
日本ではボケなんて失礼な呼び名になっていると思いませんか。日本でのボケの名称はどうやら 実が瓜にとっても似ているところから、木の瓜として呼ばれ 土地の方言からモッケ(木瓜)と言われモッケからボケになったようです。 

歴史的には平安時代に中国から薬として日本に伝はり ボケの実は疲労回復の薬として用いられました。 群馬県にある(冠稲荷では子宝を授かる)事で知られます。
P1040567.JPG

世界一なんて凄い名がついている

P1040576.JPG

P1040573.JPG

この時期になると日々色々な花々が舞い踊る 花園は一人で観賞するのがもったいない。
P1040570.JPG


P1040568.JPG


花の宝石箱を開けたような花の咲き方をします。ちょっとビックリしますよ。
P1000729.JPG

P1000725.JPG


P1000719.JPG

P1000738.JPG



花の時期、このような花を付けます。見どころ3月中ごろから4月15日ころが、シャッターチャンス花園に是非お越しください・・綺麗な花が競い合い 咲くさまは 素晴らしい

P1000733.JPG

PICT0028.JPG

P1000702.JPG

P1000727.JPG

久留里1000年森 木瓜(ボケ)の花

久留里1000年の森 

推進計画のスタート時に新潟県の巻ボケ生産農場の石田さんより、支援いただき、ボケの苗を植え付けました。
石田さんは日本ボケ協会に於いて幾多の綬賞をされている生産者です 
森には90種類以上木瓜(ボケ)の花が植えてあり花のシーズンは3月から〜5月まで咲き乱れる


子供と孫が雑草取り応援に木瓜(ボケ)のとげが痛いので大変P1000727.JPG


山の上に植えたボケの花 幹が太い苗を植えたが森の木に負けて少し元気がない
ボケの花は太陽の光を欲しがるので、日陰は苦手になります。
P1000735.JPG

昔しから綺麗な花にはトゲがあると言われますが、本当に痛いトゲのあるボケの花は綺麗ですよ〜
PICT0035.JPG


写真が下手で御免なさい もう少し映すの勉強します
PICT0014.JPG


PICT0031.JPG

P1040581.JPG
来年は写真の勉強をしないと、花たちがせっかく咲かせた綺麗な姿を皆さんにお届けできませんね。
P1040571.JPG

P1000760.JPG

世界一なんて名前が付いてきました。確かにボケとは思えない大きな花です。
P1000788.JPG


ボケの花と同じ時期に(4月14日頃)に咲く山吹の花
写真を拡大して見てください。森へ来た感じがします
P1040588.JPG