2011年05月28日

初めてなった世界一大きくなるボケの実がなりました。

久留里の森で初めて見るボケの実

4年前にインターネットで見つけたボケで実が世界一大きくなると書き込みを見て購入しました。その後、花もあまり付けずダメと思ったボケがまるで瓜を思わせる実を付けました。今まで見た事のない形をしています。どんなに大きくなるか楽しになりました。


sP1030699.jpg

通常のボケの実は丸い実だが、今年の秋、収穫が楽しみになりました。

sP1030698.jpg


変わったアジサイが咲いたと思ったがよく見るとアジサイの下から花を覗かせていました。
それにしてもガクアジサイの花に似ていると思いませんか?何の花か知りません〜


sP1030675.jpg


森にはよく見ると普段目にしない自然植物が咲いています。森でゆっくり過ごせる機会を見つけ植物探索をしたいものです。

もう少し森の形を付けるまでの辛抱です。楽しみは後からやってくる!!鳥が運んできたか?
sP1030664.jpg

亀山温泉ホテルに泊まりアカクローバメジウム、クリムソンクローバやシロクロ―バの種を石積み作業の合間に種まきしました。

久留里の森 石積み遣り直し

5月14日に中央広場から丘に上がる道を石積みして作って見ましたが、これが今一さまになりませんでした。

設計から施工まで一人で挑戦しているので、自分が気が食わないと遣り直し、家に帰って写真を眺めると、土留めの石積みが不揃いで急いだ石積みに反省です。「工事はダメ」だしです。次回に石積みやり直しです。


前回の石積み、ダメだし広場です。もう少し頭を使いましょう。(丘に上がる道は向って左から)
P1030490.JPG

広場の石積み やり直し

今回の石積みは色々考え丘に上がる道造りと土留めに使う石を利用した座り石なども取り入れ、なんとか、仕上げて来ました。石積みはユンボと共同作業で二日間の挑戦でした。(疲れました)

丘に上がる通路を変えて水の流れも考えて作りました。(丘に上がる道は右側)にしました。

aP1030739.jpg

土の崩れ防止の石で皆さんが一度に十五人休める、石の椅子が完成しました。
aP1030745.jpg

花を見ながらお弁当食べたり、バーべキューしたり楽しい広場になります。
あとは芝かクロ―バで仕上げとなりますか?

aP1030741.jpg

亀山温泉ホテル
このごろ泊まる宿、若旦那のブログ27日に紹介されていました。亀山温泉ホテル若旦那のブログを見て下さい、気さくで明るく前向きに行動する若旦那が、そこにいます。
P1030712.JPG

今日の作業は入梅に入った事を考え雨対策や種まき作業に挑戦です。雨の降る前にクローバ三種類の種を撒きました。きっと雨で流れて思わない所でクロ―バ咲くかも知れませね!
sP1030761.jpg


一年前に苗木で伊勢原から育てたアジサイがこんなに大きく育ちました花のシーズンを控え元気な花を咲かせるでしょう、
P1030673.JPG

帰りがけに何を言いたいのか桜の花が咲きだしビックリ枯れたと思った木から花弁が私を片づけないでと言わんばかりに訴えているように見えました。頑張れ桜、蘇れ河津桜
sP1030769.jpg

2011年05月23日

久留里の森に洋芝の種を撒きに行って来ました。

久留里1000年の森
傾斜地に洋芝種を撒いて来ました。斜面地を登ったり、下りたり、作業は大変でした。砂と種を混ぜて撒き、一日掛かりで種まきをしました。


瑠璃の丘斜面に最初は芝桜を植えるつもりが、管理がし易い芝になりました。このあとは、アカクローバメジウム、クリムソンクローバやシロクロ―バの種を撒き、ようすを見ます。
sP1030623.jpg


十キロの芝種を土に混ぜ撒きました。何とか種が発芽してくれるか、楽しみにしています。

sP1030628.jpg

今日は一日種撒きで、疲れ切った身体を癒しに亀山温泉ホテルの温泉に浸かり明日の作業に備えゆっくり温泉に入り休養です。温泉に浸かり、亀山湖を眺めて、ゆったりくつろぎました。
亀山温泉ホテルの室内から

sP1030653.jpg

河津桜の植え替えで、枯れてしまったかと思った桜の木から芽が出て良かった。それにしても河津桜の植え替えで枯れた木が多くガッカリしていたが、青葉を見て喜びが湧きました。
sP1030649.jpg

伊勢原で挿し木したアジサイの苗が元気に育って花の蕾も持ち六月の花としてデビューしてくれると思います。
二年間育て雑草に負けない苗になったか、頑張れアジサイ綺麗な花を咲かせて下さい。
sP1030637.jpg

昨年11月ボケの植え治しをして管理がし易いよう移植したが、もう少し間隔を開けた方が良かった。もうこんなに枝が接近してしまいました。今年も枝の剪定をやらないと雑草取りが大変です。

sP1030621.jpg

2011年05月17日

久留里の森造りの参考として平塚にある神奈川県立の花菜ガーデンを観賞してきました。

神奈川県平塚市に2010年3月にオープンした、花菜(かな)ガーデン(神奈川県立花と緑のふれあいセンター)へ目の保養を兼ねて行って来ました。



園内は今が見頃のバラが綺麗に咲き、多くの観賞に来られた人々がバラの花が綺麗とため息をついて立ち止り綺麗に咲く花々に顔を近ずけておりました。


何年か前に大船のフラワ―センターの施設大半が平塚に移動が決まったと友人から話を聞いた記憶を施設に来て思い出しました。その花菜ガーデンに入園するのは初めてで森造りの参考になると思い出掛けて来ました。

友人とお昼の食事でひと休み、園内は平らで広々解放感があります。
sP1030617.JPG

バラ園を観賞している内に思い出しました。平塚はバラの一大産地で何年前かバラの丘テクノパーク構想を平塚市がうち立てた、ことを思い出しました。そうなんです平塚はバラでは有名です。

sP1030530.JPG

sP1030578.JPG

バラ園に咲く一部ですが花を紹介します。花の名前は控えてこなかったので、御免なさい。

sP1030535.JPG

おなじバラの木から色々な花がさきます。綺麗です!
sP1030546.JPG

sP1030577.JPG

sP1030573.JPG

近で見ると、なかなか素晴らしいバラですよ

P1030572.JPG

sP1030568.JPG


眠気を覚まさせる様なバラの花の色です。
sP1030553.JPG

sP1030561.JPG

まだまだ皆さんに紹介したいバラの花はたくさん有りますが、その中でも珍しいバラを写しました。

久留里に咲くボケの花で、これと似た花があります。ボケもバラ科の仲間なのでおなじ花を咲かせるのでしょう。
sP1030542.JPG


この花も珍しい花です

sP1030541.JPG

バラ園の他にも園内にはサルビアの花55種類の花や花畑など見所が沢山ありました。久留里の森造りの参考にもなりました。

sP1030593.JPG

sP1030608.JPG

sP1030580.JPG

ハスの花が浮かぶ池に出会い、中にはたくさんのヤマメ(魚)が泳いでいました。何故か自然が一杯でした。
sP1030606.JPG

小川の流れも何故かなつかしさを感じさせてくれました。
P1030604.JPG

解放感溢れる広大な広場いいですね!それとアクセントになる花畑が綺麗でした。
sP1030504.JPG

これにはビックリ花畑と思ったら農園で、なにやら、この花はシュン菊で食べられる花でした。
隣には長ネギが植えられていました、菊の花も沢山咲くと綺麗ですね。

sP1030601.JPG

2011年05月16日

いよいよ梅の実収穫シーズン

今年は梅の当たり年か実を、たくさん付け収穫シズーンがやって来ます。昨年は実が早く落ちてしまい収穫が少なく終わりましが、今年は例年と違い大量の収穫を迎えるでしょう。
どうですか?梅狩りは!


sP1030499.JPG

梅の収穫とおなじ頃に紫陽花が咲きだします。何処にどんな種類の紫陽花を植えたか、咲いて見ないとわかりませんが、どうやらアジサイにも蕾を持ち始めました。6月が楽しみです。

sP1030486.JPG



昨年伊勢原の苗場から、この場所に嫁に来ましたが、ご主人様が忙しいので、周囲の雑草も生え放題 今日はご主人様、時間が無いなかで雑草を足で倒すだけの雑草退治でした。アジサイかまってくれなくても、こんなに大きく成長しておりまよ〜大丈夫綺麗な花咲かせます。

sP1030488.JPG


土曜〜日曜と中央広場から山に上がる通路造りに挑戦して来ました。
中央の石は腰かけにしようと思い置いて見ました。ここでバーべキューなどいかがですか?
それにしても石積みがあと一歩気に食いません後で手なをしをする事にして退散しました。


P1030490.JPG

玉縄桜がボケに負けずに頑張って育っています。ボケの中央に植えて有ります。森の中に少しずつですが緑が増えて来ました。

sP1030503.JPG

2011年05月10日

瑠璃の丘に挑戦

5月連休最終日に久留里の森、瑠璃の丘に新たな道造りにやって来ました。何やら10日〜13日頃に大雨の予報、何とか雨対策と通路の仮完成に向けた挑戦です。二日掛かりの道路造りも何とか終わり、雨の洗礼を待つばかりになって帰路に着きました。
P1030457.JPG

三月に枝を思い切って剪定切りすぎたかと思ったが、梅の実もたくさん実り六月の収穫が楽しみになりました。桜切る馬鹿・梅切らぬ馬鹿と言いますが、梅の木は相当切っても大丈夫みたいです。
P1030473.JPG

いままで見た事のない堂団躑躅です。この場所に白い花の堂団躑躅が咲き乱れるがなんとピンク色花が咲きました。思わず写真に収めました。
P1030469.JPG

蝶舞い谷に咲く躑躅の写真を取るのを忘れて、生け垣の躑躅が綺麗に咲くのでパッシリ今度来た時ゆっくり見ますよ!


P1030464.JPG

ツツジの花がバラの花びらみたいに咲いていました。森の中に咲くツツジもゆっくり、見たいものです。
P1030465.JPG

2011年05月06日

玉縄桜を伊勢原で育て久留里の森に嫁に行ったあとに、右近桜を久留里に植え付けよう思い購入したが、

久留里の森に変わった、桜を植えようと思い、インタ―ネットで調べて(右近桜ウコン)黄色桜を取り寄せました。


桜が来たら直ぐに久留里の森に植えようと思ったが、配達された黄桜は葉が多く元気が無いので、真夏水不足になるだろう森を想像し、心配になって伊勢原に植えることにしました。半日陰の場所を選び、秋まで管理する事にしました。この場所は依然、玉縄桜を植え夏を超えて、元気に育って今年、久留里の森に嫁に行った経験から、玉縄桜に習い、この場所に植える事にしました。
sP1030440.JPG

今年は 緑の桜・御衣黄桜やハンカチの木、などの珍しい樹木を植えるつもりが、時期が遅れて購入できませんでした。

P1030442.JPG


枯れるといけないので2本購入したが、葉がしよれて心配になつて、ここに植える事にしました、もう少し早い時期に購入すれ良かったのにと、反省!!
P1030441.JPG



今年、久留里に黒竹を植えようと思い、健さんから戴いた竹も嫁に行く事にしました。竹は育つのが早いので、何所え植えるか、思案しています。黒竹は、珍しいので森に植える事にしました。


P1030445.JPG

いよいよ森に花の種を撒く事にしました。エリゲロン・デージーを植えようと思いましたが、販売している所が無いのであきらめました。

管理もいらないで、丈夫に育つ花の苗を試行錯誤しながら撒いていこうと思っています。最初は黄花コスモスを撒いて見ようかと思います。これから夏に向かった花園づくりの挑戦です。
水の管理もいらないで元気に咲く花を見つけて、咲かせるつもりです。ブログを見ている方で、参考になる情報を戴けると幸いです!

P1030439.JPG

2011年05月02日

小さな山吹の苗が花を咲かせて迎えてくれました。

連休中に久しぶりに森へやって来ました。森は青葉が茂り、木々が春を迎え喜んでいる様です。

久留里1000年の森、前の通路には、タケノコ狩りや山菜狩りに来られた家族連れが訪れて森は賑わいました。



久留里の森では青葉が茂り、木々が春の訪れを喜んで居るようです。
sP1030434.JPG


一度枯れかかった花ミズキも春のおと連れを喜び周りの木々に負けない元気な姿を見せてくれました。
sP1030416.JPG



ことしの冬に太田道灌ゆかりの伊勢原苗場よりお嫁に来た、山吹の小さな苗が、可憐な花を咲かせて迎えてくれました
sP1030419.JPG



戦国時代の伝承で太田道灌が鷹狩に出て雨に遭い、ある小屋に入りて蓑を借りたいと、尋ねると若き娘が何も物を言わずに、山吹の花一枝をさし出しました。
道灌は花を求むるにあらず、といって怒って帰ります。

その夜、道灌がこの出来事を語ると、重臣の一人が後拾遺集に醍醐天皇の皇子・中務卿兼明親王が詠まれた歌に「七重八重花は咲けども山吹の(実)みのひとつだになきぞかなしき」、という歌があります。
その娘は蓑ひとつなき貧しさを山吹に例えたのではないでしょうか。といいました。
これを聞いて驚いた道灌は己の不明を恥じ、この日を境にして歌道をならう事になりました。


七重八重 花は咲けども 山吹の 実のひとつだに なきぞ 悲しき


山吹は花が咲いても実をつけません、では、どうして、苗を増やすか知っていますか?そうです根を分けて増やすのです。
良い場所に植えてくれて有難うと言っているようです。


まだ小さいので半日陰の場所に植えて見ました、後は雑草に負けない様に頑張りましょう。此の周辺の傾斜地に50本の苗を植えました。
sP1030424.JPG

この場所は蝶舞い谷と以前名付けました。これから夏に向かい、多くの蝶が舞う光景が見られると思います。山吹の花も終わり、躑躅が咲き乱れていました。誰も見てくれないので可哀そう〜

sP1030421.JPG


それでも背一杯頑張り花を咲かせていました。雑草退治しないといけないが、腰の痛みで暫くお休みをくださいね〜
sP1030422.JPG


ことし伊勢原から嫁に来た蝋梅も元気に育っています。今年咲いた蝋梅の苗木か実も付けました。
少々気が長い話ですが種を撒いて育てるつもりです。


sP1030431.JPG

2006年05月06日

蝶舞い谷に 躑躅 皐月の花が咲く季節

久留里1000年の森、蝶舞い谷
     

チョウチョが多く飛びかいその光景を見てこの場所を蝶舞い谷と名付けました。

皐月 躑躅の花が咲き乱れる。以前にまして、多くの蝶が舞う景色は本当に素晴らしい。
PICT0062.JPG

森の中から現れる森の住人金蘭の花 
森の中での出会い 身が引き締まる森の精霊 金蘭の花 以前、この付近で銀ランとも出会が有ったこともある 自然の森は素晴らしい・・・・ 一人で見ないで誰かに見せて ! 

       金蘭より!

PICT0038.JPG

毎年綺麗に咲く山吹

隣の山吹は舞いが終わり お休み来年又綺麗な舞いを見せてくれる
いま ステージは躑躅と皐月の仲良い共演にて皆様を楽しませてくれています。

PICT0046.JPG