2017年04月14日

久留里1000年の森 雑草退治

大雨の中の花の舞フェスタ協賛いただいた会の皆様に支えていただき思いで深いイベントが出来ました。有難うございました。

花の舞フェスタ打ち上げと、菜の花支部がボケ園の雑草退治の後に合流して、お花見バーベキューを開催 花の舞フェスタに雨の中、スタッフとなり一丸となり応援いただいた皆様との打ち上げです。16日午後3時より山小屋秘密基地の開催とします。

DSC_0932.JPG


今年は花が咲く時期が不規則で梅が咲く前に河津桜が咲いたりと不可思議な花の季節でした。山吹も少し遅れています。

IMG_20170410_102051.jpg


お隣の桜が満開を迎え 今年の花見は不規則な気候で2週間も遅れました。打ち上げ会には格好の花見になりそうです。(森の駐車場からお隣の花見ができますよ)

DSC_0921.JPG


幻想桜も花の舞が16日頃には見られます。元気の良い方は滝まで足を延ばしたください

IMG_20170410_095406.jpg


今年は桜の周りの樹木を無くすつもりです。幻想桜が負けてます。

2017年04月13日

久留里1000年の森 春のイベント花の舞フェスタ無事に終わりました。

第一回 久留里1000年の森 春のイベント花の舞フェスタ 大雨の中協賛頂いた会の皆様に支えられて盛大に執り行えました。スタッフの皆さんが降りしきる雨の中黙々と作業する姿に触れて感謝感謝の一日でした。

DSC_0918.JPG


雨が無ければ絶好の花見日和なのにお隣、聖地公園の桜は満開です。20年以上立った若木です元気が良いですね!花の色も綺麗です。

DSC_0958.JPG





久留里1000年の森幻想桜も満開に咲き出しました。16日の花の舞フェスタ打ち上げまで幻想桜は花が見られますね!

IMG_20170410_095403.jpg


久留里1000年の森は、これからが新緑と花のシーズン到来です。昨年菜の花の会が植えた山吹が花を咲かせてくれます楽しみですね

IMG_20170410_100132.jpg

森は此れからが花の季節入ります。森深く木々が競い合い個性を出し合います。キミジィが待っ新緑シーズンが遣ってきます。

IMG_20170410_095200.jpg

今年は滝の近くまで車で道を作る予定です。フェスタに夢中で森づくり進んでおりませんメーさんご夫婦が森づくり大活躍で森林ボランティア名人まで巻き込まれてしまいました。夏を迎える前に滝までの道づくり頑張ります。NPOかずさ代表、自から滝までの時間を測りました。行きは10分で帰りが15分掛かるそうです。キミジィは孫と往復30分寄り道しながらかかりました。メ~さんフェスタに向けて階段や橋まで作ってくれたのに雨で残念でした。

IMG_20170410_100322.jpg











2017年04月12日

大雨の中 花の舞フェスタ





IMG_20170408_093854.jpg



朝から雨は止む気配なし急遽大テント二張りを使うことを決定スタッフが集結してテントを張りました。大テント借りていて大成功でした。

IMG_20170408_134323.jpg


フードコーナーは朝からの雨で大変だが誰一人不満を口にする事無く接客に当たっておりました。一番早く完売したのはトン汁でした。雨も降り寒い陽気でしたからね!各店から完売の知らせを受ける度に胸を撫でおろしておりました。トン汁、あまざけ、ケーキ、パン、コーヒーと今回のイベントの後押しする野点のお茶会の会場が雨でグチャグチャ状態で急遽場所替えをしたが残念ながら完売にはなりませんでした。

IMG_20170408_131140.jpg

本部席に待機して皆さんにご挨拶するつもりが朝からずぶ濡れ状態で失礼しました。
向郷の地域の皆様にも支えられて大雨の中においても無事に花の舞フェスタ開催できました。

IMG_20170408_093941.jpg



舞台の演奏者と観客が一体となった、大雨に負けない熱気溢れる素晴らしいコンサートでした。
最後の演奏、馬頭琴 美炎さんの演奏までみなさん大雨が降りしきる中最後まで楽しんでいただきました。

IMG_20170408_134247.jpg
1491859034589.jpg


幼子の夢もう一度秘密基地

この日は秘密基地は返上になりました。雨の中ですが演奏者もお客様も真剣に聞き入ります大雨の中不思議な夢世界でした。
DSC_0912.JPG






IMG_20170408_131209.jpg





花の舞フェスタブログ紹介  優しい時間純姫花の舞フェスタ 
                                      リンとヒメの散歩道  
                                        里山体験塾 ヤギさん便 
                                      皆さんのブログ見てください

2017年04月04日

久留里1000年の森 滝


久留里1000年の森 滝は大きな一枚岩盤30M以上連なる円周の壁からできております。真冬には氷柱も見られ素晴らしい景観です。この滝を森に尋ねる人たちに見学出来る様に、ご近所のメーさん、森づくり名人さんが、滝までの道を倒木などを撤去して途中、道が崩壊して渡れない所に橋を丸太で作り見事に滝までの道を整備してくれました。

IMG_20170324_114618.jpg

お陰様で孫と婆ちゃん滝までの探検に挑戦してこれました。この日は雨の後の泥濘だったが何とか滝まで行けました。ありがとうございます。安谷さん西田さんに感謝の一日でした。
IMG_20170324_114512.jpg

途中に丸太で作った橋があり皆さんの努力が判りました素晴らしい出来栄えですね!
道を阻んでいた樹木を切り倒し廃材を橋の材料に当てました。見事の出来栄えです。奥に滝があります。岩盤が鉄分が含まれているのか滝は黄金色に染まっていました。





IMG_20170324_114546.jpg


2017年03月29日

久留里1000年の森、ブログこちらに越しました。

新たなブログです。同じスタイルで、久留里1000年の森でブログ作りました。之からも宜しくお願いいたします。

どうやら桜が一週間咲くのを遅らせたようです。三月後半に雪なんて何年ぶりでしょう!まるで花の舞フェスタ開会合わせて咲いてくれるのでしょう!そうです後は天候ですね!

DSC_0813.JPG

朝起きた時は一面の銀世界でしたが雨が降り出し雪が大夫とけてくれました。三月の後半に雪が降るとは驚きです。今年は河津桜が2週間も早く咲き出し驚いたが、どうやら染井吉野は一週間は遅れそうですね!花の舞フェスタに備えステージの前をユンボで馴らし土盛した所が固まるか心配になります。

DSC_0819.JPG


2017年03月23日

椅子の材料が底をついて来ました。

昨年からコツコツ椅子づくりをして来ましたが等々、ケヤキの長椅子ベンチ材料が品切れ状態になってきました。当初はケヤキはどこに使うか困惑しておりました。釘は打てないし材料は固いしね!大工さんにお願いしてテーブルづくりをして貰い、自分でも椅子を造る事にしました。当初は試行錯誤しながらベンチを造り時間もかかりましたがコンサート用のベンチが今では13客も出来ました。

IMG_20170318_123815-27210.JPG



材料が無くなり背もたれがない椅子ですが、これもベンチ用に使う予定です。そろそろ材料が品切れです!


IMG_20170318_123836.JPG



ウットデッキはベンチの保管場所になってしまいました。



DSC_0002.JPG

2017年03月22日

花の舞フェスタに向け

花の舞フェスタに合せ、滝までの道の整備を御近所のメーさんご夫妻が整備を始めて,ある日のこと、メーさんのお住まいのお隣さん森林ボランティアの大御所まで加わって下さりました。滝までの小道の整備計画は真冬の寒さが厳しい折に、丘から姿を消した、ご夫婦が滝まで偵察に向かい帰った、奥さんが眼を輝かせて氷柱が凄く綺麗と言った時に、あんな素晴らしい滝をほっておくのは勿体ないと言った時に滝までの道路整備計画は決めた様です。人のお想いは凄いですね(笑)小さな小川の流れる音がコロコロ喜んでいる様に聞えてきました。



DSC_0800.JPG



森林ボランティア活動の大ベテランも参上してくれました。大自然と寄り添うように作業する姿は森の仙人の風格です。



DSC_0792.JPG


自然の営みを大切にを第一主義に掲げて道路整備は始まりました。乱暴者のキミジィはユンボに跨り道路づくり次回の整備に備えます。車も、もう少しで谷の底まで車で走行できます。皆さん機材運搬が大変ですからね!



DSC_0802.JPG



車が下まで降りられる前に整備は出来たみたいです。人の想いに、吸い寄せられる様に皆さん大活躍でした。お陰様で花の舞フェスタまでには滝見物は可能になりました。菜の花会渡辺さんの第一声は凄いよ凄いよでした、又お二人の絶妙のコンビの良さに舌を巻いておりました。(笑)


1490055982647.JPG



DSC_0796.JPG


午後から舞台の全面を整備するか思案していたが皆さん花の舞フェスタに向かい唄いのお稽古でした午後からも想いに吸い寄せられる様に谷に向かいました。

IMG_20170320_130459.JPG



氷柱は有りませんが滝です大きな岩の岩盤に守られて滝は流れております。秘密の滝が観光の滝に生れ変わるかも知れませんね!鉄人街道をから蝶舞谷に降りて滝までの新街道を通過するとそこは秘密の滝が?(笑)最近一人りで造る森づくり返上ですね!(笑)

1490055990922.JPG

2017年03月15日

花の舞フェスタ開催準備

二年前、春の約束、両手にパンを抱えて、久留里のどんぐりおばさん(純姫)写真家の宮崎雅子さん馬頭琴美炎さんが遊びに来られ何曲か演奏してくださいました。森の中で聞く(スホーの白い馬)馬頭琴の音玉はまるで、森を駆け抜けて行くような音にも聞こえました。いつか機会を見つけて音楽会が出来るといいね!と話をしました。森の地域の皆様にも美炎さんの馬頭琴をお聞かせしたいと思っておりました。


そんな折にNPOかずさ&みの会の皆さんに森づくりの語り部をする機会を頂き、その後も金曜会や生涯青春会などからも講演依頼を受けました。今回はそうした会の皆様のお力をお借りした、花の舞フェスタとなりました。

a0207593_0563766-57dc1.JPG



花の舞は菜の花の支部長 書道家の渡辺護先生が書いてくれました。皆さんの支えで花の舞フェスタがいよいよ開催となります。

1488429651961.jpg


孫と馬頭琴奏者 美炎さん


IMG_20150320_145653.jpg

0019.JPG




昨年から池を埋めて車寄せを準備しました。この地域は車が生活には欠かせません今回の協賛頂く会の皆様には交通整理や駐車場整備と大変お世話になります。今回、花の舞フェスタに演奏して頂く皆様にも楽しんで頂きたいと思っております。3月12日の森の停留所ジャズの打ち上げでは音楽ホールから山小屋にボスをはじめ演出家苅込さん今野さんキャサリン(鈴木)さんも花の舞フェスタの準備段階のステージなど確認しました。


DSC_0729.JPG


DSC_0611.JPG


森までの道の整備木の枝や杉の葉など少しづつ整備をしております。



IMG_20170206_141329.jpg

2017年03月14日

森の花舞、第一部


花の舞フェスタ準備会 3月20日17時山小屋開催です。
昨日森の道を整備していたらイノシシに出会いました。おいらの姿を見て尾っぽを振って歩き去りました。何やらおいらを見てご苦労さんと言ってるようにも見えました。此れ本当の話なんですよ!



 今年は河津桜が約束破りン2週間も早く咲いたので梅やボケは置いてきぼりになりました。一緒に咲きだすと綺麗なのにね!

DSC_0761.JPG

玉縄桜も綺麗に咲いてくれました。森に来てから今年で5年目を向かいました。綺麗に咲いてくれました。

DSC_0768.JPG

皆さんに良く聞かれます何の花なの?桃の花は4月ですよね!

DSC_0765.JPG

2017年03月02日

久留里1000年の森 花の舞フェスタ 開催準備

久留里1000年の森 花の舞フェスタ準備に辿り着きました。

森づくりをこつこつ一人で開始してから13年の歳月が流れました。ここらで一休みして花の園遊会を一年前に計画しました。準備はコンサート会場整備から始まりベンチ椅子づくりや枕木のテーブルや椅子づくり、昨年からの車寄せ{駐車スペース}確保一年がかりで演奏会を開催できる環境に整いました。

1488429651961.jpg

1488419057132.jpg


協賛頂く会の皆様はキミジィが語り部でお世話になった方々が協賛していただき「花の舞フェスタ」が開催される運びになりました。当日は花あり演奏会、ランチ有の楽しい会になりそうです。

cached595950350.png

森の幻想桜も花びら七枚を大きく広げ皆さんをお待ちしているでしょう!楽しい花の舞フェスタにしたいものですね!!

cached-804574012.png

2017年02月28日

久しぶりに森を離れて骨休み


森づく合間に箱根に向かいましたが!旅館について驚きです!ラウンジで見かけたランタンに久留里1000年の森 花まつりで,花の舞フェスタと名付けたが、箱根の家紋で見かけました。キミジィパクリでないからね!


IMG_20170228_090741.jpg

最近、箱根は外人客が多いのか女性用の寝巻が色取り取り中でも浴衣が外人さんには人気があるそうです。



IMG_20170228_090717.jpg


IMG_20170228_090714.jpg


室内の露天風呂に浸かり癒されました。隅に源泉が湧き出しているので泉質も良いかもね!いろいろなお風呂に入って疲れました。笑




IMG_20170227_152707.jpg
 
以前見たバスが玄関に止まっていました。何やら駅までの送迎用に使っているようでした。



IMG_20170228_091425.jpg

2017年02月22日

久留里1000年の森 花祭りに備えて椅子づくり

花祭り、コンサートに合わせて以前より造り始めた、長椅子ベンチが十二個、出来ました。何とかベンチに座れる人数50席を目指し作って来たがどこまで作れますか?森の枕木椅子などを含めて百席は確保して後は簡易型の椅子などで、コンサートに備えたいと思っております。

IMG_20170218_102253.jpg

ウットデッキの中がベンチ椅子倉庫の保管場所、状態になってしまいました。椅子の材料はケヤキ材で作ったので重くて移動も大変な代物です。

IMG_20170218_102310.jpg


少し材料が無くなって来た事から、手作りの椅子も変形したベンチも造り作られました。すでにウットデキには椅子は置けなくなりました。雨のかからない軒下に保管するようになりました。


DSC_0726.JPG


ケヤキの材料は之で無くなります。最後の長椅子ベンチはこれが最後になりました。途中に池を壊して駐車場づくりや木瓜園の植え込み整備などと合わせて椅子づくりもしてきましたが、椅子づくりに格闘すること1年の歳月が費やされました。やれやれですね!


DSC_0727.JPG

2017年02月21日

久留里1000年の森 早咲きの桜 久留里1000年の森 早咲き桜が満開です

森の花も咲き始めました。 今回は君津市学校の校長先生方の前に立ち、森づくりの話をさせていただきました。在校中に不登校の生徒を担任持ち苦労された話を聞いているうち、小学校の頃、劣等生だった思い出が頭の中でクルクル回り、蘇り当日台本を外れる話になりました。先生方、お許しください!

DSC_0715.JPG

毎年桜が育ち花見も素晴らしくなってきました。山小屋からの桜の眺めは素晴らしい花見が出来る様になりました。


DSC_0709.JPG


四月八日、花見会準備中コンサートの舞台が完成します。舞台は取り外し可能な舞台に作りました。 


DSC_0729.JPG

演奏者は舞台中央(ウットデッキ)からスーテジに出入りができる様に作りました。出演者の仕替えの席はウットデッキで衣装替えも山小屋で出来るので喜んで戴けると思います。花見会の演奏者は馬頭琴奏者始め沢山の演奏者が参加してくれます。今から楽しみです。


IMG_20170218_102438.jpg

2017年02月14日

花の季節が遣って来ました。

春よ来い〜早く来い 今年は花の季節が早まりました。
熱海桜や河津桜が2週間以上早く咲き出しました。例年ですと八重に咲く梅と河津桜が同じ季節に咲くが今年は桜が約束破りました。



DSC_0689.JPG

早咲きの梅は例年同様に咲いてくれましたが今年は早咲きとの梅と河津桜が同時に咲き出しました。

DSC_0679.JPG

来週になると河津桜も満開になり梅と桜の花の舞が見られます。


DSC_0683.JPG

三月の花見会は早まりそうですね!例年は3月3日頃は二分咲きが良いところですですが!今年はひな祭りまで花が持ちますか心配になりました。


DSC_0675.JPG

来週は小櫃公民館で先生方の会で講師を頼まれました。「幼子の夢もう一度〜森づくり13年の歩み〜}先生方も一度、森に遊びに来ると良いですね!来週は花見が一番綺麗な時期かもしれません!


DSC_0691.JPG

2017年02月09日

野外コンサート会場に使う手造りベンチ

雨が降るとケヤキ作りの椅子を制作します。三人掛けの椅子をいくつ作れるか?最近屈んで作業するのが辛くなりました。雨降の間だけの作業では中々進みません!コンサートに合わせて頑張ります。

DSC_0007.JPG

雨の合間に館山の別荘に遊びに来た帰りだと友達が森を訪ねてくれました。何やらブログを見て滝があるなんて知らなかった一度見学したいと頼まれ滝まで同行しました。

友達は病気で右の肺を無くしているので、最初は止めようといったが是非見たいとの事で案内しました。
滝までの道が荒れ放題で滝まで着くまで友達はゼイゼイ,ハア〜ハア〜しながらたどり着きました。自然の滝に感激しておりました。夏に又滝に会いに来たいだって夏はギャングルになるから無理かも知れない(笑)




IMG_20170206_123324.jpg

帰りは休みながら自然を満喫して帰りました。友達が帰りがけに車で滝の付近まで来れたら又来たいだって!約束は出来ないけど頑張るよ!この場所で何年か前に蛍を見た事があるが当時と大夫、地形が変わっているので?



IMG_20170206_123655.jpg


trong>とうとう友達は足が吊り出して!ギブアップです。四駆の軽ダンプで谷間で助けに行きました。御老人さんの滝の見学は蝶舞谷に付近まで車で行ける道が欲しいですね!(笑)


IMG_20170206_124639.jpg

2017年02月08日

久留里1000年の森、春の花見に合わせ準備中

花見会開催に向けて森は大忙しです。
以前から気に掛けていた、幻想桜付近の環境整備をしたいと思い五年前にこの場所に置いたブルトーザー一度もエンジンを掛けた事がなかった為にマフラーを伝わり雨水がエンジン内部に入りセルモーターも回転しません完全にエンジンが不能になってしまったか?修理屋さん困っております。

桜祭りに合せ景観を整えたいのでエンジンを掛けて移動し、桜周辺を整備をするつもりです。修理屋さんや回送屋さんが朝から修理にかかるがお手上げ状態です。何としてもブルトーザーの撤去作業して花見に備えたい!
先週は壊れたミニユンボを片づけも大変でした!今回も何としてもブルトーザーを移動させたいと修理屋さんにお願いしました。


IMG_20170121_122452.jpg

一日がかりでエンジンが掛かり撤去出来る様になりました。セルモーターを回す度にバッテリーを交換何個の予備のバッテリーを使ったか解りません皆さんに感謝する一日になりました。車に乗せるのも一苦労でした。


修理屋さん応援部隊も来て大変でした、車に乗せるのも一苦労です車に乗せるのに歩み板からブルトーザーが落ちそうになりましたが何とか運んでいきました。


IMG_20170121_135102.jpg



IMG_20170121_122431.jpg

花見会を開催するに当たり久留里1000年の森に繋がる市道が泥濘で雨が降ると車が泥だらけになり不評を買っておりました。大雨の後に森に訪ねてきた人が水が溜まって泥濘にハマルと危険と電話が来たり電気の検診のおばさん検診日を変えたり特に都会から車で森に来る友達に嫌われました。雨が降るとイノシシが崖を削り泥がグチャグチャ状態になり大変です。


DSC_0646.JPG

雨が多く降る時この場所は車のマフラー付近まで泥水が溜まり森から舗装道路に出るのに苦労する始末です。森に来るたびに洗車する始末!


DSC_0648.JPG

地域の会の会長さんと役所にご一緒にお願いに行ってから一周間も待たずに整備してくれました。花見の皆さんも泥道に入らず済みます感謝です。
これで森に来るたびに洗車しなくて済むし四駆を買わずに済みそうです。ヤッタネ!!


IMG_20170206_141525.jpg

後は対向車と擦れ変わる待避所の杉枝や枯葉の除去作業を許可は頂いているので整備したいと思います。少しずつではありますが花見に合わせて準備しております。


IMG_20170206_141329.jpg

2017年02月07日

久留里1000年の森に春が遣ってきました。

蝋梅の香りが漂う森に、腰の手術を克服して鉄人さんが、桜や梅の花と共に帰ってきてくれました。
鉄人さん梅の枝の剪定まで出来るようになりました。腰の手術は成功したようです。

IMG_20170121_134945.jpg

今年は蝋梅や梅と一緒に咲き出した熱海桜や河津桜、例年より二週間は早く咲き出しました。花から花へ小鳥たちが蜜を求めて飛び交う様子が見られる様になりました春の訪れですね!


IMG_20170203_084614.jpg

蝋梅の匂いが森に漂う季節、この先は駆け足で花の季節が遣ってきます。

IMG_20170203_084812.jpg

花の季節に今年は音楽会を開催する予定です。4月8日当日雨が降らないことを祈ります。ブロブ見ている方も参加できますよ!秘密基地なんですがこの日は歓迎しますよ!


DSC_0659.JPG

2017年01月18日

久留里1000年の森にも寒い日々が遣ってきました。

ご近所のメーさんご夫婦が瑠璃の丘に撒いた菜の花に肥料をやりに来てくれました。館山からお客さんが来られたので案内を兼ねて丘の上に行くと丘の上に車はあるが、姿が見当たらない?メーさんご夫婦は消えていました。丘の上から見回すと蝶舞谷に人影が!神隠しに会ったかと館山のお客さんと心配したがメーさんご夫婦は探検家でした。以前話をしていた、秘境の滝まで探検に行ってきました。自然が一杯の滝に会い二人の目が輝いてました。丘に上がるなり、第一声が滝も氷柱も素敵でしたよ〜・・・・キミジィも昨年は蝶舞谷までの道づくりの途中で野外コンサート会場づくりやベンチづくり等々仕上げに車寄せ広場に挑戦してあっという間に一年経過してしまいました。今年は時間が出来れば滝まで見学できる探索コースに挑戦したいですね!(笑)




昨年まで挑戦していた蝶舞谷までの道づくり、この先には秘境の滝があります。秘密の場所ですけどね!内緒ですよ!子宝の滝と名づけてあります。


cached-1880707505.png

毎年氷柱は見られますが、二月になると氷柱が大きく太くなります。見る角度により七色に光り輝く氷柱を見ることができます。自然の営みは素晴らしいですよね!


1484687955772.jpg

大雨が降った時に滝まで来たら凄い勢いで水が流れていました。普段は水がちょろちょろですが大水が流れると怖いくらいですね!


1484687932307.jpg


以前から計画していた、ボケ庭園の植え込みを土を盛って高くする心算で作業したが翌日寒さで土が凍りカチカチなっていました。ボケの植え替え時期には適さないと思い中断しました。

IMG_20170116_142225 (1).jpg


今年も蝋梅が咲き出し森には甘い香りが漂う季節となりました。早咲きの梅も咲き出しました。もう少し先になりますが、花の季節が訪れます!楽しみですね


IMG_20170116_142015.jpg

2017年01月07日

久留里1000年の森 新たなる森づくり

昨年から続き車寄せ広場を完成させて、新年から新たな森づくりに挑戦する矢先に仲間のユンボが故障、新年早々無理が生じたか?凄い勢いで油が流れ出てしまった。新年早々嫌な予感を感じる日でもありました。俺いらも健康管理をしないといけませんね!

DSC_0622.JPG

故障するのはダンプが先と思っていたが、ダンプは快調に働いてくれました。あまりダンプに気を使うので、ユンボが焼き餅焼いてストライキしたようです。10月にはチビユンボも壊れお手上げです。それにしても軽のダンプ22年間よく働きく、しかも大盛倍トン数を積んでもスイスイ走ります驚きですね!



DSC_0592.JPG

車寄せ広場は完成しました花見会、野外コンサートにお越しの皆様の車スペースを確保出来ました。

DSC_0615.JPG

当初は砕石を撒くか思案したが雑草管理を考え砕石で固めました。丘の上から眺めると手前味噌ですが公園見たいに?見える様になってきました。森全体に花が咲きだせば見えるかも知れませんね!(笑)



DSC_0616.JPG

2017年01月06日

謹賀新年おめでとうございます。森づくり今年も頑張ります。

謹賀新年 

明けましておめでとう御座います。

今年の、寒川神社の、ねぶた飾りは稻羽の白兎でした。
昔聞いた覚えがあります。因幡の白兎の神話は、大国主命が毛皮をはがされたウサギでしたね!


DSC_0627.JPG

DSC_0628.JPG


新年は家族で森で過ごしました。元旦は快晴で取っても暖かいウットデッキの海鮮バーベキュー囲炉裏や火鉢を使い昭和の良き時代を思い出し楽しいひと時を過ごしました。


1483523593297.jpg

元旦に聖地公園で墓参りしました。展望台に上がり素晴らしい景色、ここから初詣ができます。素晴らしい眺めです。


DSC_0567.JPG

孫達も弓道やゴロフの練習に興じたり楽しいひと時を過ごしました。

DSC_0583.JPG

ワイワイガヤガヤ、ゴロフの練習とても楽しそうでした。この日は素晴らしい晴天でした。



DSC_0585.JPG

2016年12月28日

森も寒さが一段と厳しい季節を迎えました。

蝋梅や寒ボケの花が咲く季節が遣ってきました。今年は蝋梅の花が咲くのが遅れているようです。毎年年末に森から帰る時には蝋梅の花が見送ってくれたのが蕾がまだ固いです。正月には甘い香りが山小屋まで届くでしょう

DSC_0548.JPG

10月、みの会の皆さんと撒いた菜の花の種が密集して芽が出始めました。雪の後に芽がピンク色になっていたので枯れてしまったと思いましたがピンクから緑に変わり始めました。見事な生命力です。春が楽しみになってきました。

DSC_0527.JPG

瑠璃の丘は最初はボケの花や梅の木が植えてありましたが、イノシシに根を掘られ丘の上まで目が届かず枯れてしまい梅の木も何本も枯れてしまいました。その後はイノシシに占領されていました。今年は菜の花を丘全体に捲いてみました。イノシシがそれを知ったか俺の縄張りと言わんばかりに掘り起こして荒らしております。キミジィも荒らさせる事を想定して沢山撒きました。それにしてもイノシシすごい勢いで荒らしております。

DSC_0528 (1).JPG

それにしても驚きです。種を捲いたところを狙ってイノシシが荒らしております。人間に挑戦しているようです。イノシシ戦争ですね!


DSC_0538.JPG

菜の花畑どの様になるか?ここにもイノシシの罠を置かないといけませんね!種を撒いた所を狙って荒らしております。イノシシの無法地帯となっています。この面積を荒らすの大変ですよ!

DSC_0529.JPG

2016年12月27日

久留里1000年の森、春の花見に備えて、ボケの生垣づくり

今年は野外コンサート会場や見学席のベンチづくりに始まり、皆さんがコンサートや花見に見学に来られる事を想定して池を埋めて、車寄せ広場も造りました。池づくりで使用していた石を使いボケの生垣づくりと一年間があっという間に年末を迎えてしまいました。

DSC_0534.JPG


裏門の左側奥に車寄せ広場が出来ました。この付近には蠟梅の花が綺麗に咲くところです。


DSC_0552.JPG

車が70台位止まれる様につくりました。出口は一方通行で帰れるように作りました。丘の上には30台の車寄せがあります。一度に100台来ても心配ないように造りました。実際は10台位で良いかも知れませんよ?今から心配は草刈り作業が大変そうですね!(笑)

DSC_0556.JPG

毎年ボケが成長する度にボケの生け垣が広がります。今年は囲む会の皆さまと、ご近所のメーさんに草取りを何日も助けていただきました。先月囲む会が山吹の植え替えた所を雪や風で倒れた苗木を竹で補強してくれました。来年の山吹が咲く季節は楽しみですね!又、幻想桜の周囲にアジサイが挿し木でメーさんご夫婦が植えてくれました。桜の後はアジサイ楽しみが広がります!



DSC_0532 (1).JPG

2016年12月21日

山小屋の秘密基地で忘年会、富弘美術館、館長 菜の花支部長、会員の皆様との集いがありました。

山小屋の忘年会 富弘美術館の館長を囲みささやかな歓迎忘年会を開催しました。人との出会いは不思議ですね!
花の時期にお会いした御縁で地域の皆様との交流や富弘美術館を囲む会の支部長はじめ会員との出会いで、第二の人生のスタートに立った様な気持すら感じます。一人でコツコツ12年間の歳月を賭け森づくりをして来ました。雑木林のジャングルを無我夢中になり森づくりして過ごした日々が懐かしいと思うようになってきました。失敗したり途中で挫折したり、森づくりは己との闘いでも有りました。あの!ジャングルの森で忘年会を開催するなんて、夢にも想像できませんでした。


DSC_0495.JPG

ウットデッキに電飾LEDを飾り、皆さんに楽しんでいただきました。森に輝く色とりどりのLED光で森を照らし幻想的な森を見て頂きました。森のイノシシはビックリしたでしょうね!来年は試験的にボケが花咲く時期にボケ園の植え込みに光を与えて見るつもりです。一体どんな花景色になるか楽しみにしております。

DSC_0496.JPG

プロのギターリストの奏でる音色は森にも反響して行渡り素晴らしい、皆さんうっとり聞いておりました。禁じられた遊びなんてリクエストしたり楽しいひと時を過ごしました。来春は囲む会の皆様の総会を山小屋で開催も行われます。同時に花見の音楽会も開催する予定です。来年は地域の各会の皆様には秘密基地の園内を開放する様にして行きたいと思っております。春の花見に備え車寄せ広場も完成させて見学者の混乱が起こらない様に努めたいです!



DSC_0499.JPG

2016年12月20日

森の排水路が完成しました。

池を無くし思わぬ被害が出てしまいました。丘から流れる水は以前は池に直接流れ込んでいたので池を失くした為に雨が降る度に園内の通路は水浸しになつてしまいました。森の本管である排す路に流す新たな排水経路を造りました。



DSC_0366.JPG


排水マスを設けて側溝にも丘から流れる水を捕らえる工夫をしたが!次のマスに繋ぐのに設計変更してパイプを使い、マンホールに穴がない所を開けるのに苦労をしました。


DSC_0518 (1).JPG


丘の周りには石積みをした。その上にはアジサイを植えてみました。娘の家のワンちゃんが一番乗りで広場を飛び回って喜んでいました。


DSC_0514.JPG

2016年12月14日

池が車寄広場に変身


当初は池の周りに柵を作るか検討したが、おもいきって埋める事にしました。森には池が無くなりました。幅8メーター長さ35メーター、水深2メーターで親が目を離しているうちに、子供が落ちたら大変です。残念だが埋める事にしました。工事は3か月掛かりました。何匹か鯉と金魚を放していたが夏の日照りの度に池から姿を消しましたが誰かが入れただろうドジョウが取れました。不思議ですね!池を知る人は勿体無いと言いますが事故が起きてからでは手遅れですからね!本当は一番残念なのはキミジィかも知れませんね!


IMG_20150604_175119.jpg

DSC_0478.JPG

今回大活躍したのは二年前に中古で購入したユンボです。森づくりには欠かせぬ機械ですね!森づくり12年間で4代目のユンボです。今年はとうとう初代のミニユンボ壊れてしまいました。


DSC_0487.JPG


今年から仲間入りした軽の四駆ダンプ最初は雑草抜いた処理や剪定の残物処理に一輪車代わりに使う為に購入したが、軽なんてと思っていたが馬鹿に出来ません!反省ですもう少しマシなダンプが欲しくなりました。今回これがなけ業者頼むようでした。因みにこのダンプ21年前の車ですよ!凄い老体です。(笑)


DSC_0496.JPG


路上は違反となるが森では法規はありません!残土1トン位は楽々運びます。二トンダンプを購入するか考えていましたが、これから造るボケの生垣づくりには小回りが効くし軽の四駆ダンプ抜群です!二トンは辞めて正解です!


DSC_0296.JPG

2016年12月13日

車寄せ広場の先が見えてきました。

久留里1000年の森も池が埋まり車寄広場の全容が見えてきました。この場所にはボケの生垣二か所に池などがありましたが取り除き広場に造りかえました。同時に周囲の生垣造りにも手を加えました。広場には排す路を確保して水はけが良くなるように整備もしました。


DSC_0487.JPG

今回の広場づくりで活躍してくれた四駆の軽ダンプ機嫌が悪くなるとストライキを起こすが!仕方ないですね積載500キロなのに2トン近く積んで走るのでエンコするのは当然です。この日は石運びしてくれました。一度もストライキなしで走行してくれました。

DSC_0497.JPG

広場の所々に排水路を確保しました。丘からの絞り水が流れてくるので排水は特に気を使います。

DSC_0478.JPG

丘の石積ですが池に使った大きな石は2トン超える石を使いました。ここまで運んでくるのも大変でした。雨を利用して地面を滑らしやっと、ここまで運び増したが此れから坂を上げて据え付けです。一つの石を据えるのに2時間もかかりました。

DSC_0480.JPG


キミジィはユンボで一人で奮闘して石を積んだが?昔の人は何人がかりでこんな石を運んだのでしょう?家畜の力など借りたのでしょうね!昔の人は知恵があったのでしょうね!石積み苦戦をしております。皆さん森に来たときどの様に据えたか?考えてください?

DSC_0479.JPG

2016年12月08日

久留里1000年の森は、紅葉の季節から寒ボケの花が咲きだしました。

森は紅葉の季節も終わり、寒ボケが咲く季節に入りました。

DSC_0476.JPG

モミジの絨毯が布かれたみたいです。冬の訪れがやってきます。

DSC_0431.JPG

今年の寒ボケ(黒潮)深紅の花が咲きだしました。毎年正月には沢山咲いてくれます。花の少ない季節に咲くボケの花貴重ですね!みなさが褒めてくれるボケの花です。綺麗ですよ!

DSC_0427.JPG

一つの枝から繋がるように咲いてくれました。深紅の寒ボケです。

DSC_0426.JPG


車寄せ広場から新たに石の生け垣を造り春の花見に備えて頑張っております。広場づくりや生け垣づくり一人作業はなかなか進みませんが、体と相談しながら作業をしております。

DSC_0434 (1).JPG

機嫌が良いと大活躍してくれるのですが?今回も沢山積んだからご機嫌斜めで動きません!ポンコツダンプはだめですね!キミジィの身体もボロボロ!ダンプもポンコツ!来週の作業で帰ることにしました。

DSC_0433.JPG

2016年12月07日

木枯らしが舞う冬の訪れ

森もいよいよ冬の訪れですね!蝶舞谷の暗い谷から、吹き上がる風に乗って木の葉がキラキラ金色に輝く、蝶が光に照らされ、飛び交う様な景色は素晴らしい、思わず写真を撮りに戻って来たら、そこには蝶の姿がありませんでしたまるで幻想的な出会いでした。

DSC_0441.JPG

森の紅葉 山小屋が黄金色に染まります。例年には見られない色に染まりました。



DSC_0453.JPG

DSC_0459.JPG

森の木の葉が落ちると冬の訪れです。今年はドングリが不作の様です。イノシシも餌がなく植え木も荒らされ放題です。イノシシもタケノコができる時期まで大変ですね!



DSC_0472.JPG

黄色い葉が落ちると蝋梅の花の季節です。森も蝋梅の香りが漂う季節までもう少しですね!


DSC_0468.JPG

2016年12月03日

森に広場がやって来た。

瑠璃の丘より流れる雨水を排水管で流す事が出来ました。溜枡に溜まった水が排水管を伝わり森の本管に排水路を繋ぐ事に成功しました。この日も途中で雨に会い大変でした。


DSC_0366.JPG


中間で溜枡を設置して雨天対策が出来るようになりました。山は大雨が降るので雨対策は欠かせません!

DSC_0361.JPG

工事中に何回も雨に会い広場はグチャグヤ状態です。秋の長雨や先週の雪に路盤は最悪です!


DSC_0409.JPG


広場を作ると同時に余った土とボケの苗木を移転するのも同時進行です。泥だらけの挑戦で植え終わりました。この場所はアジサイとボケが混在して植えてありました。アジサイは丘に植え替えました。

DSC_0402.JPG

広場の全景が見えて来ました。春まで路盤が固まるといいですね!雨降って地固まるといいますが暫く雨が降らないことを期待します。


DSC_0392.JPG

真夏には雑草退治が大変そうです。草刈りも広いので大変そうですね!


DSC_0389.JPG

2016年12月02日

久留里の喫茶店 ティールームエリーさんに差し入れのお礼に秋を持ってお邪魔しました。

森の紅葉が始まりました。車寄せ広場づくりの合間に紅葉が綺麗なのでパチリ撮りました。
今年の紅葉は雪の降るのが早かった事もあり色づきが今一でした。


DSC_0358.JPG

先週降った雪の重みでしょう?モミジの枝が多く折れていたので、雪が多く振ったようです。大事にしていたブラジル松の先端が折れてしまって残念です。暖かい所で育だつ植物なので雪の重みで折れたのでしょう!


暖かい温暖の地方で生息する南洋で育つ松さぞかし雪には驚いたでしょう!

DSC_0422.JPG

木の先端が無残に折れてしまいました。森に遊びに来る、皆さんが珍しい樹木と眺めていましたが残念です!

DSC_0423.JPG

DSC_0355.JPG

冬の訪れですね!暫くウッドデッキは寒いので春の花見までお休みです。森も寒さが一層う厳しくなります!

DSC_0350.JPG

山小屋も冬の訪れです。蝋梅や寒木瓜が咲くまで暫く花が無く淋しくなります。


DSC_0354.JPG


久留里の喫茶店!ティールームエリーさんが先週富弘美術館を囲む会の皆さまが、山吹の植変えの際に差し入れ下さったので、お礼に紅葉を持ってお邪魔しました。すぐに森を飾ってくれました。素敵な、お店の魅力がいっそう引き立ちました。お客様、秋色を楽しんでくれると良いですね!


DSC_0420.JPG

DSC_0419.JPG

2016年11月24日

久留里1000年の森 大池を埋める事ができました。

池の水をポンプで汲出し、排水路に水を流して、埋め立てる計画で平塚からポンプを持ち込み配線を繋いだが作動しないので、お手上げです。付近のホームセンターで急遽ポンプを購入して再度、挑戦しました。池の水を取り除かないと、埋め立てができません、バタバタしたが何とか水をくみ出し、軽ダンプで土を運びやっと池が埋まりました。


DSC_0303.JPG

ポンコツ軽ダンプですが、四駆なので悪路を平気で運搬してくれました。ユンボに乗ったりダンプに乗ったりしながら半日かかって池を埋めました。

DSC_0299.JPG


何年掛かったか?今まで造ったボケの植え込みや池を埋め戻して整理しました。丘にはメーさん始め、みの会の人が菜の花の種を撒いてくれました。丘の斜面にはクヌギやアジサイを埋め込みました。この辺りは丘の上に降った雨が流れ混んで普段でも地面がグチャクチャ状態です。今回は根本的に路盤や排水経路をやり直す計画です。

DSC_0348.JPG

花の咲く時期には車寄を完成したいですね!花見に来る人は車で来るので広場が欲しいです。娘の家のワンちゃんも喜ぶでしょう!ドックランにも使えますね!


DSC_0344.JPG

2016年11月23日

富弘美術館を囲む会の皆さんが 山吹回廊の延伸を手伝っていただきました。感謝の一日でした。

富弘美術館を囲む会の菜の花、皆さんが朝から山吹の植え替えに参加してくれました。応援隊は支部長始め20名が参加くださいました。小さな、お子さんも小さなスコップ片手に頑張ってくれました。子供がいると和みますね!!花の季節のお花見には来てもらいたいですね!

DSC_0323.JPG


山小屋から幻想桜付近まで500メーター以上の坂道に山吹を移植しました、ワイワイガヤガヤ楽しそうに植え付けております。昼までに幻想桜まで植え込み到達、やはり人数が多いので早いですね!天候にも恵まれ素晴らしい日になりました。

DSC_0326.JPG

昼は楽しい芋煮会です。今回の炊き込みご飯は音楽ホールのオーナーさんが釜戸で炊き込みご飯を炊いて、森まで持ち込んでくれました。皆さん美味しいの連発でした。今回は野菜や果物、漬物など皆さんが持ち込んでくれました。語り部仲間のエリーさんからも差し入れ頂ました。皆様に感謝の一日でした。

DSC_0339.JPG

皆様には花の季節にお花見にも是非参加していただきたいですね!来年は山吹が咲いてくれますか?楽しみですね!山吹は2〜3年は雑草の下刈りが必要ですが三年もすると雑草にも負けずに見事に咲いてくれます。楽しみにしてください。

DSC_0341.JPG

花より団子皆さん楽しんでいただきました。今回はキミジィの段取りが悪く皆様には大変迷惑をおかけしました。これに懲りずに先のイベントにもご参加くださいね!花の咲く季節が楽しみですね!今年はみの会の皆様に協力頂き菜の花を瑠璃の丘全体に種を撒きました。花の時期は解りませんが楽しみにしてください。


DSC_0336.JPG

2016年11月15日

森の池を無くして大雨の被害が起きました。


9月の久留里NPOかずさの語りべのアンケートを拝見していたらブログのお友達がご夫婦で来てくれていました。お顔を拝見していないので挨拶も出来ず失礼してしまいました。久留里で何やら古民家を改装して居るとの話で何回か足を運びましたが、残念だが未だに分かりません。森に向かう度にユンボの軽油を雨城橋を渡り、久留里の町まで買いに行くが分かりません!藤沢から森に通っていると聞いて一度はお逢いしたいと思っております。ブログみたらコメント下さいますようお願いします。語り部の参加ありがとうございました。



雨が降る朝に森に到着し森を見回ると大変な事が起きていました。森の中の庭園も大雨が降っても水の流も順調でありましたが、池を無くした事で水路が狭まり大雨が降った様で、丘から流れる出る大水が溢れ返りました。新たに水路を作らないと大変です。

DSC_0252.JPG

丘から流れる水は従来は池の中に流れていましたが池を無くした事で大水になったようです!丘の水は別系統で排水路を作らなければ行けなくなりました。計画変更です。

DSC_0240.JPG

池を埋める前に池に水が溜り埋め立てが出来ない状態です。次回の作業は、発電機と水中ポンプが必要になりました。まずは池を埋める事が先決です!早く埋めてしまわないと丘からの別回路の排水工事ができません!

DSC_0268.JPG

やはり大雨は危険ですね山小屋方面から流れる水は計画道理に溜枡に水が掃ける感じになっております。それにしても凄い雨のようです。山の雨は凄いですね!

DSC_0258.JPG

2016年11月08日

久留里1000年の森 池の周囲の整備

一人で森づくりしてから12年経過したが、振り返ってみると池づくりの様に完成してから壊したり樹木を植え替えたり、思い付きだけで森に絵を描いて来たので無駄が多くありました。それでも立ち止まらず、少しづづではありますが、森づくり進めてきました。何しろ森をキャンバス代わりに絵を描いているので修正は大変なんです。(笑)

DSC_0220.JPG

今回の池を壊して池から大きな石を取り出し移動するのに一苦労しました。以前池を作った時は大型のユンボが会ったので容易に石が動いたが今回使用しているユンボは小型なので苦労しております。池に囲んであった大きな石は50個ほどありました。石は移動して植木の生け垣や丘の土留めに利用しました。


DSC_0206.JPG

最後に残った石は地面に張り付き動きませんチビユンボでは無理かも知れませんね!何とかしたいが取り出すときは雨が降っていたので石が地面の上を滑り動いてくれたのですが、今回は頑として動きません!何トン有りますかね!重い


DSC_0222.JPG

2016年11月07日

久留里1000年の森 車寄せ広場づくり

久留里の森 黄色モミジの枝が赤く色づきはじめました。黄色モミジが散り始めると森の紅葉も赤く紅葉が始まります。もう少しで冬の訪れですね!


DSC_0211.JPG

DSC_0212.JPG


黄色紅葉も花がない季節は存在感があります。森で一番先に咲く蠟梅や寒ボケもそろそろ咲き出すと思います。左側のモミジが散った後には蝋梅が所狭しと咲いてくれます。

DSC_0226.JPG

池を取り壊して車寄広場を整備しておりますがボケ庭園の排水は一度池に流し込んでいたので排水管の埋め込みや池に自然に流れ込んでいた排水路の確保など水回りをどう作り替えるか?試行錯誤しております。




DSC_0213.JPG

最近では久留里1000年の森も秘密基地では無なって来たので、花の季節を想定して車寄せを完備しております。今回の車寄せ所は四か所あるので車が多く来ても心配ありません!(笑)今度の車寄せは100台近く止まれるでしょう!

DSC_0216.JPG