2017年04月27日

久留里1000年の森は躑躅の季節

今年も本格的な森の道づくりが始まります。滝までの道が出来たこともあり周囲の整備に取り掛かります。これって更なる森づくりが始まります。
cached338247273.png



丘の土を運び道づくりが始まりました。軽のダンプで運んでいては時間もかかるので四駆ダンプが活躍します。

cached-1230964265.png

cached-251964724.png


森の道づくりは危険が伴い慎重な注意が必要であります。森づくりには欠かせません機材運搬やら樹木の運搬やら水運びなど道は重要です!今回の工事は奥のススキやカヤを整備して憩いの広場づくりをします。この場所は水はけが悪く田んぼ状態なので排水経路など整備が必要ですね!

cached1075838516.png


道づくりは森の奥まで作る予定です今年中に完成させたいですね!山と山の間に少し奥まで行くと滝があります。滝までの木こり道の作業大変でしたね!

cached-1545389758.png


この時期になるとイノシシは掛かりません森にはタケノコや木の根など食べる物が豊富にあるので捕獲するのは困難です今年の捕獲は10頭以上は取れています。





posted by キミジィ at 11:25| Comment(0) | 日記

2017年04月26日

久留里1000年の森 花見会 

1492940284943.jpg
久留里1000年の森を紹介する新聞社説で(そま木こり道)とありました!辞書では、杣とは山道を作業に使う険しい道とありました。普段は使われない言葉です。きっと山歩きをする人ならご存じなのでしょうね!昔は山から薪を背負いこの道も使われたのでしょう。右には滝から流れる水が小川となり、所々で聞こえるコロコロと音を立てて流れる様は何とも言えませんね!そま木こり道の先には滝があります。この道は久留里1000年の森、杣の木こり道と名付けました。パソコン教室の皆さん滝まで見物ワイワイガヤガヤ皆さん元気ですね!

1492940364903.jpg

IMG_20170324_114512.jpg

途中で我が家の娘や孫に遭遇して皆さんと仲良く滝までのご一緒しました。安谷、西田さんの苦労して作ってくれた橋を見て驚いておりました感謝ですね!

IMG_20170423_113353.jpg
IMG_20170423_113507.jpg


皆さんに冬は氷柱が下がり綺麗ですよなんて説明しております。皆さんも滝の岩盤に驚いておりました。滝の周りが狭いので大変です写真撮影ぱちぱちの後で!!ここにベンチほしいね!だって!

1493176493454.jpg
滝を見学している間にタケノコご飯の炊き出しに味噌汁まで作り、日下部さんの奥さんが食事を用意してくれていました。お昼が終わると次は、お茶会です。一番先にキミジィが美味しいお茶をいただきました。楽しい野点に皆さん大満足しておりました。

DSC_1095.JPG


posted by キミジィ at 12:51| Comment(0) | 日記

2017年04月25日

新緑の季節 久留里1000年の森は連日、お客様

森は新緑の季節
IMG_20170421_085328.jpg



桜の咲く季節も過ぎると森は黄金輝く山吹や宝石箱をひっくり返ってしまったような色とりどりのボケの花が咲く季節がやってきました。森の花見会も連日大盛況です(笑)昨日は鉄人一族のバーベキューや森のボランティアに参加してくれる人達で賑わいました。

DSC_0974.JPG

山吹回廊を春風が山吹を揺らして通り過ぎて行きます。黄金色に輝き揺れ動いく山吹は素晴らしい八分音符

IMG_20170421_084849.jpg


花見ばかりしていては森づくりが進みません午後から滝までの途中の道づくり頑張ります。
皆さんが帰ってから夕方まで掛かり道は形ができました。これからはイノシシの散歩時間です。お目にかからない内に帰ります。次回は砕石を敷きますか!

IMG_20170425_133628.jpg






posted by キミジィ at 13:08| Comment(0) | 日記

2017年04月20日

久留里1000年の森は花の舞

久留里1000年の森は 花の舞

この季節はボケの花や山吹がいっせいに咲きます。赤や黄色の色に染まり小鳥の囀りが森のあちらこちら、聞こえてきます。

DSC_0912.JPG

久留里1000年の森のボケの花は130~150種類の花が咲き1万本のボケの花が咲き乱れます。ボケの花は早咲きは12月から咲き5月中旬まで花が見られます。

DSC_0915.JPG


最近はイノシシの被害で1万本のボケは何本になったかイノシシに聞いて下さい

DSC_0933.JPG

DSC_1038.JPG

IMG_20170417_121437.jpg



今年は滝までの道を整備したので里山を散策すると新たな発見が出来るかも知れませんね!滝の途中にはキャラブキやセリなどの山菜をお見上げに帰る事ができます。新たな楽しみができましたね!最近の新聞の社説、久留里1000年の森、紹介にもあります様に山吹の黄色の道、運気が高まると、ありますがきっと滝まで行き、祈ると願い事が叶うかも知れないね!

DSC_1035.JPG


メーさんご夫婦と森づくり達人さんの思いが奮い立ち、等々橋を作り樹木で擁壁も作り、途中には階段とスロープを作り、滝までの道を開通させてくれました。森の新名所が生まれました。滝は一枚の岩盤中央から水が流れ真冬には岩盤から滴り落ちる水が氷柱となり下がりキラキラと輝き魅了し素晴らしい幻想的な景色が見られます。この地域の地質は砂山で土丹の岩山地質ですが滝にみられる一枚の岩盤は砂岩(堆積岩)で鉄分が多く含まれているようである。岩盤は周囲に円を描くような30メーター以上も壁を作り滝は存在しております。岩盤付近を整備すると素晴らしい滝になるでしょうね!蝶舞谷にある滝ですから素晴らしい名前を付けましょう!





DSC_0796.JPG

  


posted by キミジィ at 12:19| Comment(0) | 日記

2017年04月19日

富弘美術館を囲む会千葉支部 菜の花の皆さんが山吹回廊づくり

昨年11月に行われた山吹回廊の延伸を計画、皆さんが植え替えに参加し植えた山吹も咲き出しました。植えてから風で倒れた苗をメーさん夫婦が竹の支えをしたり、イノシシ被害で掘り起こされしたが何とか残った山吹が花を咲かせてくれました。根付いてくれれば、見事なヤマブキ回廊が見られるでしょう!

DSC_1063.JPG


山吹、花は少し咲き出しましたが二〜三年先が楽しみですね!坂の下まで苗木を植えました。

DSC_1035.JPG


山小屋から200メーター近くのヤマブキ回廊になりました。終着点には幻想桜が見られます。

DSC_1055.JPG


新緑の季節、木々が個性を出し合って新たな芽吹、素晴らしい季節がやって来ました。

DSC_1059.JPG




クラス会で友達が書いた看板どこに飾るか表に出すと板が黒くなるし家の中では少し大きいしね!恥ずかしいからブログで出さないでと言ってましたが(笑)書いた本人は気に入らないみたいです。来年また来て気が済むまで書き直してくださいね!


DSC_1069.JPG

posted by キミジィ at 10:48| Comment(0) | 日記

2017年04月18日

花の舞フェスタ打ち上げ

富弘美術館を囲む会 皆さんがイベントのお礼を兼ねて,ボケ園の草むしりをしてくれました。皆さんの庭も草が大変の時に参加してくれました。この季節は凄い勢いで雑草が育ちます。花のフェスタの準備で雑草退治が出来なっかた事を知って応援に駆け付けえくれました。この日は花の舞フェスタのスッタフの皆さんと合流してバーベキュー打ち上げ会になりました。

DSC_0984.JPG
DSC_0978.JPG

草退治の後はご近所さんが開発してくれた道を進み滝を見に参加しました。幼いお子様ずれやお子様の参加は無理かと思いましたが、鉄人街道を下り新たに整備された野の道を進み全員無事に滝の見学ができました。皆さんに説明したのは長さ30メートル以上ある一枚岩盤からなる滝を紹介すると共に真冬は氷柱が岩盤から下がる素晴らしさを説明してメーさんご夫婦と西田さんが滝を見ていただきたい思いを皆さんに話しました。

DSC_1002.JPG

小さなお子様も滝まで見学ができました。ありがとうと言ってましたよ!皆さんの感想です。



DSC_1006.JPG


花の舞フェスタ、スタッフが合流してバーベキュー会に合わせて、野点御茶会も開催する運びになりました。この場所は先週はフードコーナーに使いました。野点は花の舞フェスタで開催する予定で作った場所でお茶をいただきました。
DSC_1016.JPG


花の舞フェスタ開催を祝いお祝いの観葉植物をいただきました。疲れ顔ヘロヘロのキミジィと今回の実行委員長

1492470299041.jpg


ワイワイガヤガヤ始まりました。花の舞フェスタ打ち上げです。ここには雨男はいませんでした。楽しい一時を過ごす事ができました。皆様に感謝する一日でした。又この日は飛び入りでプロの腹話術の方が参加頂き、子供さん達が喜んでくれました。さすがプロの芸は素晴らしいですね!

DSC_1010.JPG

DSC_1017.JPG



  
posted by キミジィ at 12:15| Comment(0) | 日記