2017年08月08日

雨の後の蝶舞谷

滝から流れる茶色い水が勢いよく流れる?どこかが滝の上で土砂崩れ発生したのであろう?蛍の幼虫が心配です水の流れも凄い!

DSC_1574.JPG


大雨の洗礼を受ける小川も泥水が流れておりました。いつもは透明の水が流れる小川も泥水が勢いよく流れておりました。


DSC_1570.JPG


蝶舞谷の排水工事も路盤がグチャクチャで仕事になりません!暫くお手上げですね!路盤が乾いた時に工事の続きをするようですね!

IMG_20170804_103551.jpg

posted by キミジィ at 11:16| Comment(0) | 日記

2017年08月07日

ボケ園の中を荒らす、チビッコギャング

8月に入り5匹目のウリ坊、この時期、母親と行動をするウリ坊が母親の言うことを聞かずにヤンチャして檻に入ってしまったのでしょう?

毎年この季節になるとイノシシの被害がおきます。雨の後にボケの根元に生息するミミヅを求め根の周りを穿り根を枯らします。よほど腹を空かしているのでしょう!

1501814323014.jpg


雨の後は蝶舞谷広場にはイノシシ親子が連れ添い歩いた足跡が沢山見られます。一体何頭のイノシシがいるのでしょう?




IMG_20170724_145004.jpg


キャンプの帰りに立ち寄ったお客様もイノシシの親子の足跡に驚いておりましたが!滝の話をすると見て視たいと言うので滝まで案内してあげました。滝までの道にもイノシシが餌を求めて歩いた跡があちらこちらにありました。ここが60万年前の海底の断層と話すと皆さん驚いておりました。三日間の日程で東京から房総のキャンプに来た中で一番の夏休みの思い出作りが出来たと大喜びをしておりました!
滝に向かい願い事を祈っておりました。神秘的な大自然の空間に出会い!親子は大喜び!今度は草むしりも手伝うからね!だってよ!(笑)夏の思い出づくり出来たかな?



DSC_1577.JPG



posted by キミジィ at 16:13| Comment(2) | 日記

2017年08月02日

蝶舞谷の排水工事

蝶舞谷の排水工事、今日も朝からガンガンの暑さが続く水をガブガブ梅干をカジリ人には見られたくない格好ですね!!


コンクリートブロックを切断して廃水路のフタづくりです。YU字抗の蓋を探したが合う蓋がない10年前に頂いたので、今はどこにも販売していない、しかも規格外の蓋なんです。ブロックを28個を切断して蓋づくり、全身ずぶ濡れで頑張りました。マスク替わりでスポーツタオルと保護メガネと帽子を被り(泥棒ではありません)炎天下の作業はきついです。負けなぞ~

1501508573776.jpg


蓋が無い所を穴埋めします。これが寸法間違いで遣り直しブロックを二回切り直し全身汗でずぶ濡れ、それでも負けづに完成させました。完成 写真撮すの忘れました。
1500895274256.jpg


ここの排す路は以前に埋けて作りましたが、あくまで簡易的に作ったので水路には使われていませんでした。今回本格的に使われます。昨夜の雨が心配ですね!

1500895255788.jpg


来週は水の溜まりや凸凹などを調整して排水桝を据え付けます。最近皆さんから無理はするなとお叱り受けますが!最近は無理をしないと体が動きません(笑)

1500711416792.jpg
posted by キミジィ at 12:04| Comment(0) | 日記

2017年08月01日

久留里1000年の滝断層は長南層

久留里1000年の森 蝶舞谷の奥にある滝の岩盤の正体は如何に?28日に博物館より地質調査に来てくださいました。今回の調査では!海底の深い海の地層ということが解りました。

1501292048503.jpg


目の前の地層が海の中であるとは驚きです!何やら長南層三紀60万年前の深海の地層と言う事が解りました。近くの学校の校長先生も調査に参加してくれました。海の底の砂の流れる様子や自然界の営みや、深海の出来事などレクチャーを受けていると、まるで海の中に居るような様な錯覚すら覚えて来ました。

1501326024720.jpg


何やら竜宮に来た気分になりました。みなさん金塊を探し出しました。(笑)博物館の学芸員の方が岩を叩いて化石を見つけ出す心算ですが、先々週、博物館からお見えに慣れてた方は、この場所には化石は無いと言っていたが?今回の先生は化石を一所懸命探しているので、皆さんも何やら探し出しました。

1501326024511.jpg


何個かの中から化石が見つかりました。余りにも簡単に見つける事がて驚きました。60万年前の貝の化石です。

1501326024611.jpg

posted by キミジィ at 13:49| Comment(0) | 日記

2017年07月27日

久留里1000年の蝶舞谷造り

朝から命がけの女坂の運搬作業が始まりました。

いよいよ蝶舞谷造りが始まります。朝から鉄人さんに助っ人いただき排水溝を駐車場広場より蝶舞谷まで運搬作業コンクリート制の重い排水路をポンコツの軽ダンプに積みすぎて、途中の下り坂でブレーキを踏んでも止まらず崖に衝突させて停車させました。このまま谷の下までは走行不可能と判断して車に積んだ余分な物を卸し鉄人さんが車の後ろに回り、車を後ろに引っ張る様にしてやっと谷の下まで降りました。矢張り鉄人さんは鉄人でした!

IMG_20170724_144705.jpg



奥の高い所より水が流れてくるので道路に当たる所を側溝にしました。半日がかりで、取り合えず応急措置として水路を確保しました。この場所には以前、栗の木を200本も植えたがイノシシに掘り起こされ現在は数本の栗だけになってしまいました。

IMG_20170724_144654.jpg
通路に当る所を側溝にして、その先はパイプでジョイントして奥の水処理をいかにするか雨の様子を見るようにします。次回はコンクリートを運んだり雨で土が流れないように対策したりボチボチ蝶舞谷を整備して行きます。完成前にお手製のベンチなども持ち込み蛍鑑賞に備えます。

IMG_20170724_144626.jpg





posted by キミジィ at 11:43| Comment(0) | 日記

2017年07月26日

久留里1000年の滝 道づくり

毎日が暑さが続く中、草刈り機で滝までの木こり道を草刈りボランティアで日下部さんが参加してくれました。歩くだけでも暑い猛暑、熱い応援をしてくれました。

今回の滝までの木こり道の整備は博物館から堆積学の先生が28日に視察にお見えになるのでそれに伴い草刈りをしました。キミジィはユンボに跨り道路整備、日下部さんは草刈機を担当大汗を流して頑張りました。

IMG_20170724_144917.jpg


木こり道は草刈機で支援して貰いました。夏場は雑草が伸びるのが早い日の当たる所は背丈ほど有る所もあります。今年は滝までの道を何回、皆さんに刈っていただいたか分かりません!

IMG_20170724_145049 (1).jpg


蛍が見れる所までユンボで広場の整備できました。ここまで車で来れるので夜でも難なくホタル観賞が出来るようになりました。ここで木こり道とも合流出来る場所です。夏はこの辺りにベンチを設置して夜空を眺めたり蛍鑑賞をしたり大自然に触れるのも良いですね!

IMG_20170724_144854.jpg


日下部さんは滝の近くまで草刈り整備してくれました。来週はこの辺りをもう少し整備してベンチなど置きたいです。木こり道は滝まで続きます。この辺りは山菜が取れるところでもあります。

IMG_20170724_144904.jpg

草刈りの終わりに幻想桜、周辺の雑草も綺麗に刈り込んで貰いました。

IMG_20170724_144132.jpg


午後からは一人作業です蝶舞谷まで排水の工事に使う溜枡や配管を運ぶ仕事にかかります。今年は道路が蝶舞谷まで開通したので材料など運ぶことが出来るので森づくり順調に進みます。
今回の荷物は急な斜面を下るのに慎重な運転で谷間でやっとたどり着きました。何しろポンコツですからね!


DSC_1544.JPG
これで本格的に広場の整備が進みます。森づくり始めてから13年目で初めて蝶舞谷で整備が始まります。思えば道づくりに何年も掛り何回も挫折を味わいましたが、どうにか此処まで到達できました。最近は多くの皆さんの支えをいただき森づくりしております。あきらめない!負けない!精神で挑戦しております。(笑)

DSC_1536.JPG






posted by キミジィ at 12:34| Comment(2) | 日記

2017年07月25日

久留里1000の森 野点会場を整備

の桜咲く季節や紫陽花の花見会に野点会場に使われる場所のアジサイの配置と周囲の景観を一度に見渡せる様に工夫してみました。

紫陽花の中に囲まれていた空間を取り除き、新たに秋にアジサイを植え替え入口付近と一体感を持たせる景観にしました。

DSC_1554.JPG


お茶席に居ても周囲が見渡せ周囲のアジサイと一体感が共有、出来る雰囲気にしてみました。アジサイの花付きは期待しないで、おもいきって深く剪定しました。奥に植えられてたアジサイは通常の剪定にしました。

DSC_1550.JPG


余りに大胆に剪定作業しているので友達が心配して来年花は咲かないかもね!指摘は受けたが思い切って伐採しました。これで茶席からアジサイを一望に見渡せる事が出来ます。茶席も広がりました。ついでに足長蜂の巣を切り落としてボコボコに刺されたが、にっくき蜂を殺虫剤で応戦し戦いました。痛いよー

DSC_1556.JPG


DSC_1557.JPG

一晩中痛くて!キンカン縫っても効きません(笑)
posted by キミジィ at 12:24| Comment(0) | 日記

2017年07月21日

久留里1000年の森 富弘博物館を囲む会千葉支部 菜の花会 真夏、雑草との闘い

久留里1000年の森は熱い!昨年の秋に富弘美術館を囲む会、千葉支部 菜の花の皆さんが、秋に植えた山吹回廊の延伸を植えつけました。ジャングル状態の森を皆さんが、切り開き山吹の苗木を植えてくれました。

昨年11月植え付け写真、お子様まで加わり大活躍してくださいました!
1479615762409.jpg
草刈り作業、残念だが草刈り作業に参加できませんでしたが!渡辺支部長が先頭に立ち暑さとの挑戦 みなさんお若くないので心配しておりました。

春に花を咲かせた山吹も有りましたが、回廊の延伸とは言えませんでした!植物の世界も生存競争があり強い植物との戦いには叶いません、山吹の根がしっかり育つまでの3年間は、樹木や雑草、シノ竹など山吹の成長を阻害する植物を!人の手で助けて上げないと山吹は大きな株根ができません!暑さとの戦いですが、菜の花、皆様が参加くださり草刈が行われました。

1500543659747.jpg


誰ですか?皆さん暑さを忘れ頑張りました、チョッピリホットしたのは時より谷から吹き上がる風に癒されたと聞いて!ひとまず良かったと思いました!

1500543669102.jpg


夕方写真が送られて来て!さぞかし暑かっただろうと思う気持ちと感謝と感激でした。みなさん思い思いに重装備、香取線香を腰に吊るしたりガッチリガードの服装 夏は毒の針がある毛虫やダニもいるので大変です。来年は皆さんが苦労しただけ素晴らしい花見ができるとよいですね!

1500543687274.jpg


何やら素敵な長靴!玉虫色に色に輝いております。みなさん思い思いの装備で元気いっぱいです。午後からの作業で終了したのは6時頃でした夕飯の支度も逢ったでしょう!皆さんありがとうございました。7月は28日に滝の堆積を観察に博物館学芸員の方が見えるので!滝までの道も草がボウボウなどで整備に出かけます.蝶舞谷広場も整備したいと思っております。




1500543731320.jpg


皆さん遅くまで頑張りました。春にはきっと綺麗な花を咲かせてくれるでしょう!
DSC_1563.JPG






posted by キミジィ at 13:04| Comment(0) | 日記

2017年07月19日

人もユンボも暑さに遣られました。

まだ入梅開けてないのに真夏並みの暑さに悩ませれております。あまりの暑さでオーバーヒィート気味真夏はエンジンルームを開けて作業します。その分運転側も暑くて大変です。

DSC_1463.JPG


雨の後に窪みが出来るので手直しです。暑いので早めに切り上げ退散です。少しづづ完成に向かってます!雨降って地固まるって本当ですよ!
DSC_1503.JPG


昨日も暑くて食欲ないので早めに切り上げ!ハンモックで一休み天国にいるみたいです!
夏場はこれに限りますね!

DSC_1530.JPG

posted by キミジィ at 13:39| Comment(0) | 日記

2017年07月12日

蝶舞谷の広場にベンチ いよいよ蝶舞谷の広場造りが始まる

空梅雨か昼間の暑さに耐えられず、森も真夏対応の施設の衣替えをしました。

花の舞フェスタの観客席用に椅子変わりに設置した枕木や土台に用いた石の片づけを友達にお願いして半日がかりで夏場に凌ぎやすい森の一等地に移動しました、この場所は夏は樹木の木陰で蝶舞谷から吹き上げる涼しい風が行き渡る最高の場所です。枕木を洗車機で汚れを洗浄して完了、真夏対策が出来ました。真夏は皆さん、この場所がお気に入りで、お昼やお茶もここでいただきます。

cached1628291408.png


蝶舞谷、広場の排水工事をする計画でしたが暑さが続くので、急遽、木陰で出来る作業に変更、滝の見学や蛍観察で休むベンチの制作に取り掛かりました。やはり,暑さには、敵いません
余りの材料や頂き物の木材を活用して作ります。
cached655438868.png


真夏の作業場は木陰の!この場所に限ります、谷から吹き上げる冷たい風が何とも快い暑さしらずで作業ができます。


1499504699207.jpg


暑さを凌ぐのは、この場所の作業が一番です。二日間の作業でしたが、足の長さを変えて女性用、男性用と種類を変えて作りました。塗装もして4客のベンチが完成しました。蝶舞谷広場が完成する前にベンチが完成しました。

IMG_20170710_143031.jpg

谷を下り滝まで見学に行くと高齢者ですと休む場所が欲しくなります。山小屋から歩いて行きは10〜15分帰りが15~20分ですから高齢者ですと途中で休む場所が必要になります。特に夜の蛍の鑑賞にはベンチが欲しくなりますね!今回のベンチは頑丈な椅子を作りました、一度に5人座りの椅子です。雨風に打たれてもビクともしない椅子ができました。

DSC_1525.JPG

IMG_20170709_174544.jpg

posted by キミジィ at 12:05| Comment(0) | 日記

蝶舞谷の広場に いよいよ蝶舞谷の広場造りが始まる

空梅雨か昼間の暑さに耐えられず、森も真夏対応の施設の衣替えをしました。

花の舞フェスタの観客席に設置した枕木や土台代わりに用いた石の片づけを友達にお手伝いお願いして半日がかりで夏場に凌ぎやすい、樹木の木陰で蝶舞谷から吹き上げる涼しい風が行き渡る場所に枕木を設置しました。枕木を洗車機で汚れを洗浄して完了、真夏対策が出来ました。真夏は皆さんこの場所がお気に入りでお昼やお茶もここでいただきます。

posted by キミジィ at 10:58| Comment(0) | 日記

2017年07月11日

千葉セクション見学

養老川にある「千葉セクション」見学

DSC_1509.JPG


久留里1000年の森にある滝の地層によく似ているので参考に友達と一緒に見学に行きました。高い所の見学はヘルメットを被りましょう!

1499738164795.jpg

市原市田淵の養老川沿いにある「千葉セクション」と呼ばれる地層。地質学上「更新世」と呼ばれる時代の前期と中期の境目で、地球の磁場のN極とS極が最後に逆転した重要な節目とされる地層です。見た限りは森の滝の地層と良く似ております。

久留里の滝の岩盤横に亀裂が有る所が似ております。時代の境目ですか?

19247762_1366482690097500_3719705653352816732_n.jpg



地層に断面が有る所が火山灰が降り積もった様です!この部分が滝の地層によく似ております。

DSC_1515.JPG


神秘な世界です!帰りがけに友達との会話 我々は地球を考えると小さな存在なんだね!

DSC_1516.JPG




posted by キミジィ at 11:36| Comment(0) | 日記

2017年07月07日

久留里1000年の滝 調査

久留里1000の森奥に海から隆起したであろう地層が目に飛び込んでくる以前から滝の近くに帯状に連なる地層が硬い岩盤のようで滝を形成している強固な岩盤から水が流れ周囲の地形と異なる事もあり地層に詳しい先生に訪ねて観たいと思っておりました。今回菜の花の支部長、渡辺先生が奔走してくださり地質にお詳しい先生に調査してくださる事になりました。教育関係の先生方も参加してくださり勉強させていただきました。やはり思っていたように海底が押し上げられて,地層に現れた地質でした。何やら説明では滝の形成は鎌倉時代から存在していたと想われる!人間が田んぼに滝の水を利用するようになったのは江戸時代からのようです。それでは肝心の滝を形成している地質は?
19247762_1366482690097500_3719705653352816732_n.jpg

地層については専門、外の事で細かい説明はありませんでしたが、どうやら上総の地層は(上総丘陵)鹿野山、鋸山、清澄山など300〜400m級の低い山と、養老渓谷、九十九谷の浸食谷、深い渓谷を刻んで北へと蛇行して流れていく小櫃川、養老川…。これらは上総丘陵の特徴的地形だ。300万年前、この地域が深海であった頃海底谷から泥砂が東に運ばれて海底扇状地が作り出され、その後、250万年から40万年前に砂・泥が堆積しできたそうである。滝の地層はまだ解明しませんが?66万年か???もう少し堆積に詳しい説明を聞いてみたいですね!

19748789_122726611668652_5317192336007732152_n.jpg


いずれにせよ滝の正体は海から隆起した地層です。レクチャーを聞いていると、海の中での話か、陸の上の話しか頭の中が混乱!??滝の地層見ながら、聞く内に、何万年前の海底に集まり話を聞いている様な錯覚さえ思えて来ました?(笑)まるで竜宮城に訪ねてきたような空間が???ありました、乙姫様も首をかしげて話を聞いておりました。(笑)

19702001_122726711668642_666472594008278021_n.jpg


この滝も何か、この地域の皆様の、お役に立てば良いですね!お隣の養老川沿いの千葉セクションが話題となっていますが、海底から隆起した地層を眺める事が、森の滝でも見られますよ!
一度海底の竜宮城を眺め!乙姫様や浦島太郎になってください!?


posted by キミジィ at 17:32| Comment(0) | 日記

2017年07月06日

久留里1000年の森 駐車場 完成

久留里1000年の森イベント開催用の大駐車場が完成しました。

 アジサイの花の見ごろを迎えました。森のアジサイは2週間遅れで満開となりました。天候のせいか花の付きが今一でした。DSC_1429.JPG

DSC_1450.JPG


DSC_1455.JPG




4月の花の舞フエスタで駐車場が狭く皆様に大変ご迷惑をお掛けしました。フェスタでは沢山のお客様がお見えになりましたが、会いにくの雨で森のご近所さんの駐車場をお借りしましたが!雨の中500m位の距離を歩いて森まで来るのは大変でした。イベントに参加されたボランテヤで交通整理にあたられた皆さんにも大変ご迷惑をお掛けいたしました。そうした事の反省に立ち駐車場づくりを初めて二か月目経過しましたが何とか恰好が付いてきました。

DSC_1500.JPG


広い面積を平らにするには,大雨の時や長雨に備え水の流れがスムーズにいくかが重要になります。本来であれが杭を打ち高さ勾配水の流れを計算してレベル出しが肝心ですが、今回の作業もあくまで経験と目視で駐車場を作りました。本当は転圧ローラー仕上げますが!皆さんのタイヤで固めてもらいます。

IMG_20170704_161438.jpg


ここには100台は止まれますか!駐車場は広いようで車が止まると意外と止まれない!
一度調べて見たいですね!鉄人さん一度眺めてください!

IMG_20170704_161700.jpg




posted by キミジィ at 16:09| Comment(0) | 日記

2017年06月28日

入梅の明けの森づくり

イノシシが最近、檻に近づかない?以前は蝶舞谷が草が生い茂り格好の住み家であったのだろう?夕方谷に下るとイノシシに出会ったが最近、蝶舞谷、広場を整備して草が無くなりイノシシの隠れる場所が無くなりました。イノシシが何処に移動したのでしょうね!


DSC_1389.JPG


今年はイノシシの大物が掛かり猟師さんも驚いておりました。イノシシの捕獲の時期は冬場の食べ物が少ない時期に檻で捕獲できますが!今年は春先が大物の100キロ越えのイノシシが何頭も捕らえられました。中でも印象的な出来事が起きました。母親のイノシシが檻の中でお産をしてしまいました。周囲にイノシシの家が無くなったので檻の中で生んでしまいました。家と間違えたのでしょう!(笑) 猟師さんは流石にウリ坊の赤ちゃんを殺さず持ち帰りました。その後の情報ですが犬がお乳を与え大事に育てていましたが、犬のお乳が出ずに死んでしまったとの事でした。

IMG_20170619_093312.jpg


写真の奥にイノシシが住み家を変えたようです。奥には蛍が生息する小川も流れ滝もあります。
夜は蛍が飛び交う新名所です。皆さんが夜にイノシシと遭遇しないように今回猟師さんにお願いして新たな檻を設置することにしました。入梅明けに排水路や道路を作り夜のホタル見学が安全に出来る様に整備する予定です!

IMG_20170619_094046.jpg


夜に蛍の幼虫の光は、この辺りが一番光っておりました7月の終わりから8月に向かい楽しみが増えました。蛍の見学に合わせ車道の終点付近に手作り特性ベンチを作り置きたいですね!真夏の夜空を眺め小川の上を乱舞する蛍を見ながら!今年は納涼祭を蝶舞谷で企画したいですね!



posted by キミジィ at 13:21| Comment(0) | 日記

2017年06月27日

アジサイに野点 久留里1000年の森 

梅狩りアジサイ祭り、野点、お茶会を開催しました。急遽、声をかけたにも関わらず、多くのお客様が参加してくれました。

DSC_1368.JPG


DSC_1412.JPG

1465867971977.jpg


野点、お茶会の会場は、花の舞フエスタでお茶会の会場に用意したが大雨で断念した会場です。季節は移り桜からアジサイの季節に変わり、会場はアジサイの花に囲まれたお茶席でした。

DSC_1410.JPG


お茶席の準備が整いました。この日は二週間前に白子町から平家ボタルの幼虫1000匹を放流したので、夕方からボタル見学のイベントも企画しました。

DSC_1415.JPG

お茶会の終わりには皆さんで故郷の歌の合唱や詩吟まで飛び出し楽しく過しました。反省ですがここでオカリナの演奏なんて聞けたら皆さん喜んだでしょうね!またの機会に楽しみは残しておきましょう!

DSC_1405.JPG


会場は天幕を張り周りはアジサイに囲まれ、素晴らしいお茶会とお褒めいただきました。
今回の企画は思い付きの花見会で準備不足で皆さんに、大変、ご迷惑をおかけ致しました。
a0207593_00482350.jpg


a0207593_00471946.jpg
リンとヒメの散歩道ブログの写真を拝借しました。



夕方からのホタル見学は幼虫が孵化するまでの期間が早いとの事で取りやめにしました。
1497333109459.jpg

皆さんが帰った後に遅くなって蛍の見学に参加した、お友達と暗くなった滝に蛍を見に出かけました。最初は小川に光る幼虫を探し当てて、喜込んでいましたが!滝からの帰りに皆の頭の上で光輝く蛍を発見しました。暫くすると!何処からともなく蛍が乱舞しているではないか!(驚)10年前に一度蛍を見た覚えはありますが!その後は蛍を見ませんでした!今回は数は少ないが蛍が飛び交う幻想的な景色を楽しみました。
posted by キミジィ at 13:24| Comment(0) | 日記

2017年06月26日

入梅の長雨との闘い

入梅の長雨との闘い、先週に完成した蝶舞谷の下るU字カーブの幅を広めた場所がひび割れして傾斜地が崩れかかって要るとの鉄人さんから報告を聞いて急遽女坂に向かいユンボで土手を固める作業に掛かりました。


DSC_1383.JPG

DSC_1378.JPG

ひび割れは思いの外に酷い状態で下から傾斜地全体をしたから固める事にしました。この場所は下から泥を固め叩きながら上に上がります。危険な作業です。


DSC_1398.JPG


危険な作業ですが雨で崩れるのを防ぐのは、皆さんが知らない危ない作業があって森づくり前に進んでいくのです。皆さん無謀な作業は若者にと言われますが!ユンボの作業は経験ですので、ご心配ご無用です!



DSC_1402.JPG


危険です!この作業は真似したいでください!一歩間違えればあの世行きですぞ!傾斜角度は45度以上です。まるで空を見て運転しているようです。この作業は今までの経験だけで作業しております。本来は危険を回避する為に図面や設計図に基づき、作業するのですからね!キミジィは無謀ですね!


DSC_1376.JPG


上から見ると怖いですね!入梅で崩れないで欲しいですね!命がいくつあっての足りませんからね!


DSC_1381.JPG










posted by キミジィ at 15:03| Comment(0) | 日記

2017年06月22日

久留里1000年の森 駐車場づくり

久留里1000年の森 駐車場づくり 森の地域は車が無ければ生活が困難であります。森も花見の時期やイベントを開催する時などは大きな駐車場が必要となります。

DSC_1333.JPG


次回に続き瑠璃の丘に大駐車場づくりをしております。以前の駐車スペースを取り壊し壱から作り変えております。この作業は思ったより困難で依然引き締めた採石が固く工事は難航しております。路盤を壊すのに大きなユンボで工事が必要でした。それでも何とか森のユンボで作業を進めました。

DSC_1308.JPG


今までの路盤を作り直し盛り土や高さなども造り替えて、何とかここまで収めました。こんな工事の途中で雨に降られると田んぼ状態になり何か月も放置して土を乾かさないと工事が進めなくなるので雨が降らないうちに緊急に路盤を固め砕石を挽き工事を完了しないといけません、この日は昼から雨との予報でキミジィ朝の4時から起きて昼間でに作業を終了させました。

DSC_1302.JPG


やはり昼から本格的な雨降り出し雨の洗礼を受けました。土手の傾斜もユンボで叩いて置いたので崩れる様子はありません!雨対策しっかり出来ました。取り合えづ入梅の長雨にも耐えられると思います。

IMG_20170619_101544.jpg

入梅の雨に壱日振られ心配して丘の上に様子を見に行くが心配ないようである。後は雨降って、地固まるの原則に従い自然の力にまかせて地面が固まった様子を眺め路盤整備をして完成です。

IMG_20170619_101541.jpg




大雨の洗礼を受けても何も異常は見られません!後は入梅明けを待つのみです。瑠璃の丘の駐車場の完成の後は花の舞フエスタで緊急で作った丘の裏の駐車場づくりや蝶舞谷の排水工事に掛かります。森づくりはまだまだ挑戦する所は尽きませんね!

DSC_1295.JPG

この奥に駐車場があります。この奥の駐車場から市道に抜けられる道路が奥にあります。秋になる頃までには何とか駐車場を完成させたいです。奥にも50台は停まれる駐車場も作りたいですね!今回も途中まで砕石を挽き始めました。




posted by キミジィ at 15:18| Comment(0) | 日記

2017年06月21日

久留里1000年の森 雨の後の滝を探索

蝶舞谷の広場を友達がユンボでススキや茅野を根から堀興し穴を掘り埋める作業をしていたが水の流れや水たまりを確認するために谷におりました。

IMG_20170619_093243.jpg


以前はこの広場に栗を植えたが、カヤやススキに覆われて格好のイノシシの住居地域になっておりました。もうイノシシは住まいを他所に移した模様です。此処にはクリの木を200本も植えたがイノシシがミミズを掘りに来て栗の木は全滅してしまいました。








IMG_20170619_093409.jpgIMG_20170619_093216.jpg


暫くの間は車もユンボも蝶舞谷に広場には降りれません入梅時には作業はできませんね!やはり途中で排す路や雨天対策が必要になります。森づくりの最初は雨の降った後でも構わず土いじりしたが経験で教えられました。土は水を含むと田んぼ状態になり何時まで立ってもグチャグチャで手が付けられなくなります。雨降って地固まるそれまで作業は中断ですね!

IMG_20170619_094046.jpg


雨の後に滝は見た事が在りません普段は小川とは言えない処もコロコロと水の音が聞こえ素晴らしい景観と水の流れる音が聞けました。

IMG_20170619_094213.jpg


雨の次の日でもあり滝の流れも幾分水量は増しております。いつも見るたびに思いますが、地質が大きく異なり地球を観ているようです!皆さんも機会があれば滝を眺めて大自然に触れてください!





posted by キミジィ at 11:45| Comment(0) | 日記

2017年06月20日

久留里1000年の滝に蛍が飛び交うか楽しみです。 

アジサイ、梅狩りシーズンに合わせて滝に蛍の灯りが

見れるか楽しみです。


久留里1000年の森 紫陽花の花見に梅狩り、今年は梅の不作と聞くが森の梅は例年同様に梅狩りが出来ました。メーさんご夫婦に無理やり梅狩りお願いしました。

IMG_20170619_101954.jpg


今年の梅は南高梅が早く色好き梅を漬けるのは早まりました。鉄人さんは奥の皆さんが気づかない梅を刈り取りしてくれました。よく森に来る人がもう梅はないかと聞かれますが秘密にしている梅は沢山あります。来週が本格的な梅狩りシーズンとなります。早い者勝ちですよ!!

DSC_1337.JPG

DSC_1338.JPG





梅は例年と同様梅狩り出来ますが紫陽花の花の付が今一です。来週が見どころかも知れませんね!来週土曜24日にアジサイ見学会と野点お茶会をするか迷っております。急の企画は皆さんに迷惑お掛けするからね!(笑)

DSC_1343.JPG

花の舞フエスタで野点を開催する予定で準備した桜の木の下は、今はアジサイロードの広場に変わりました。今回も、この場所でアジサイを見学しながら野点(お茶会をするか思案しております。お琴も欲しいですね!アジサイを眺めながらお茶席もおつなものですね!



DSC_1357.JPG


先週、白子町から頂いた平家ボタルの幼虫1000匹と餌を木こり道の脇を流れる小川に放した蛍がそろそろ孵化が始まる予定になりました。アジサイや梅狩りの後に野点をしてから、蛍の光を求めて暗がりの滝を眺めるなんて楽しいかもね!イノシシもびっくりするだろうね!

IMG_20170619_093706.jpg
1497333109459.jpg

posted by キミジィ at 12:15| Comment(0) | 日記

2017年06月14日

入梅の長雨に備え森は大忙し

入梅に備え道路の補修や水の流れを総点検




IMG_20170606_160722.jpg


瑠璃の丘に車で走行する際に道路に突き出た石が気になっていたので石を交換をしました。瑠璃の丘の駐車場を広めたので交通量が増えるので万全な策を講じました。森に来られた人は気が付くでしょう?

IMG_20170606_160714.jpg


水の流れがスムーズに流れる様に考えて作り変えたが?以前は、この場所土が水でえぐられて道路に凹みが出来て雨降るたびに修復してましたが雨の様子を見る必要があります。ここにも少し土盛りしてアジサイでも植えますか?

IMG_20170606_160337.jpg

蝶舞谷の水の流れを入梅の長雨で様子を見ます一番効率的に排水路を確保すれば良いか確認して工事をします。森は大雨の洗礼を受けながら前に進みます。そうです自然に逆らわず自然の力を借りて一歩づつ前に進みます!


posted by キミジィ at 11:12| Comment(0) | 日記

2017年06月13日

お隣の別荘、入梅に備え雨天対策

お隣の別荘のご主人様との悲しい別れ

生前から、イノシシが裏の法面を穿り裏庭が崩れるほどに被害が起きて困ると相談を受けて穴の開いた所に粘りの強い土を埋める事にして泥を大量に庭に保管、イノシシの侵入を拒む為の金網で敷地の周りを頑強に囲い工事が完成して幾日か経過、これから土を埋める際に、癌の診断され病院へ入院、僅か3か月の速さで別荘には帰らぬ人となりました!その後、別荘の前を通る度に土が目に入り何とかしないと、思うようになりました。ご主人は今頃、あの世でどんな思いでいるだろう!そろそろ入梅時の長雨に崖が崩れたら大変な事になります。今回は思い切って助太刀です。ボランティアで友達の手も借り二日がかりで庭の整備と崖崩れに挑戦しました。

DSC_1272.JPG


ご主人さまの愛用ユンボに跨り二日がかりで庭の手入れから、崖崩れ対策まで無事に終わりました。大型ダンプで7台も土が置かれていたので整理が大変でした。崖が崩れた所はダンプ1台位で収まり残りの土は凸凹だらけの庭を平らに仕上げ、草刈機で手入れが簡単に出来るように整地して管理しやすい様に仕上げました。

IMG_20170612_152018.jpg


別荘の前を通る時に気にならないで済みます。樹木の手入れもしてさっぱりです。ご主人様も安心されたでしょうね!これで気兼ね無く森づくり専念できます。森づくりも長雨が降ると思っても見ない様な事が起きます。入梅の季節、暫くは気が抜けませんね!

DSC_1271.JPG

家の裏側も土手をしっかりと穴を埋め、固め雨が降っても崩れぬように養生しました。もう心配しないでいいからね!あの世でも、安らかにお過ごしくださいよ!おいらもこれで安心だよ!

DSC_1288.JPG







posted by キミジィ at 11:12| Comment(0) | 日記

2017年06月08日

久留里1000年の滝 古代を彷彿する素晴らしい滝があります。

瑠璃の丘、駐車場の拡大計画,入梅の長雨前に水路や水の流れがスムーズに行くように整備します。以前の駐車場を大改革しております。

IMG_20170606_160535.jpg


従来の駐車場は三角地で道路の高さと駐車地盤が凸凹で花の舞フエスタ駐車場としては不評でした。思い切って道路面の高さや広場の土盛りや砕石の引き直しなどとあわせて駐車場の大改革を行います。この作業は3か月計画で秋のボケの植え変え作業やボケ庭園の石垣づくりと総合的な調整をしながら春の花見に備えます。「工事前はこんな感じでした。道路の幅が広く駐車場の敷地が三角でした。砕石を剥し土盛りのやり直しです。」これって大変な作業なんですわかりますか?

DSC_1244.JPG


砕石を剥がし道路の幅を狭くして駐車スペース拡張しました。砕石を剥がすのに時間が凄く係り大変でした。道路の勾配も合わせ砕石を削り頑張りました。

IMG_20170606_160707.jpg

駐車スペースも広がりました。道路に成るところも土を削り取り新たな道路も隣に作りました。これつて大工事なんですよ!下にある写真の道は新たに造り替えた道なんですよ!駐車スペース40台分は広がりました。

IMG_20170606_160631.jpg


駐車場の拡張工事に使われた泥は瑠璃の丘を削り面積を広めております。森の土の貯金箱なんです。この泥は植木場に使ったり、蝶舞谷の道路に使ったり森づくりには欠かせぬ金庫なんですよ!

IMG_20170606_160511.jpg


土の預金を下ろすと駐車場が広がります。秋までどの位、広がるか楽しみですね!道路づくりや生け垣づくり、まだまだ預金は敷き下ろされます。

IMG_20170606_160521.jpg


少し四角に成ってきました。100台は停まれますか?道路を狭くして駐車場に充てても良いかもしれませんが車の待機場も考えて置かないと行けませんね!暫くは入梅シーズンを迎え雨の状態や土手づくりした土砂の状態など考慮に入れながら、焦らず、気長に、森づくり頑張ります。



IMG_20170606_160518.jpg


瑠璃の丘の土は蝶舞谷の道路づくりにも使われました入梅の長雨で土砂崩れが起きないことを祈ります。蝶舞谷まで降りる道路も完成まじかになりました。森づくりには道づくりが一番大事になります。機材運搬やら工事に使われる材料など特にキミジィはオジィだからね!蝶舞谷の広場は水はけが今一です。入梅の雨を考慮に考えて水の対策に掛かります。蝶舞谷は涼しいし小川が流れているしキャンプには持って来いの場所になりますね!この場所より黄金の滝まで5分も掛かりません夏場は滝周辺でハンモックに揺られ涼しい風に癒されるのも、最高の贅沢かもしれませんね!この夏は滝の冷たい風にいやされる秘密基地に遊びに来てくださいね!
DSC_1270.JPG


久留里1000年の森 古代を連想する岩盤、滝

IMG_20170619_094213.jpg


posted by キミジィ at 11:15| Comment(0) | 日記

2017年06月07日

久留里1000年の季節はアジサイや梅狩りシーズン到来

入梅シーズンを迎えると森はアジサイが咲く季節を迎えます。

IMG_20170606_161237.jpg


正門前から紫陽花は花を付けます。このシーズを迎えるとお客様が増えてきます。アジサイの花でなく、花より梅の実を目当てに森に訪れます。一人で大量はお断りしておりますが早めに取りにお越しください。

IMG_20170606_161220.jpg


まだ早いが鈴なりに生っております。今年は梅の当たり年かもしれませんね!アジサイも花芽がつき始めて来ております。半ば頃が見ごろかも知れませんね!

IMG_20170606_161202.jpg


先週ナラの木を伐採したので幻想桜が日が当たり、喜んでいるようです来年は綺麗な花を咲かせてくれるか楽しみです。幻想桜は花弁が7枚で香水の様な匂いがします。花の時期はソメイヨシノや山桜が咲く季節に見られます。お隣の君津聖地公園の桜が咲く時期に咲き乱れます。この時期は秘密基地も多くの人が見学に訪れます。


IMG_20170521_115611.jpg


posted by キミジィ at 14:43| Comment(0) | 日記

2017年05月31日

房総半島に隠れた滝が見つかりました。古代から流れる自然の滝です!

リンとヒメの散歩道でお馴染みのブログ仲間のお友達ご夫婦が、仲良しのお仲間を誘って森の滝を見学に訪れました。

この日はユンボの練習かねて木更津から友達が滝までの道路づくりに朝から応援に来てくれました。今日はキミジィが紺のユンボ、友達は小ぶりの空色で作業が行われます。まずは油を満タンに入れて作業開始です。

IMG_20170521_115522.jpg


昼前に小糸の古民家をゲストハウスをお持ちのリンとヒメの散歩道ブログの原作者ご夫婦がお茶の先生やお友達とご一緒に、滝見物に来てくれました。皆様の足元を見るとまだ真新しい靴を履いているので雨降りの翌日でもあったので、心配したが今回は木こり道の途中の道から滝まで目指しました。

DSC_1199.JPG


途中でユンボ応援に来てくれた友達とも合流して滝見物にお付き合いいただきました。
滝までの道は、まだ一か月も立たないが草刈り機で整備したのに木こり道の入り口は雑草がボウボウでした。

IMG_20170423_113507.jpg


滝の周辺のアオキも行く手を阻むように大きくなりました。真夏の前に整備が必要になりました。この滝を案内するときに岩盤の話をすると地質学に精通した人に見て貰うと楽しみですね!皆さんから言われます。

IMG_20170423_113526.jpg


皆さんと楽しい滝見物をしてきました。それにしても滝までの道は余り日が差さないのに草が伸びが早いですね!来週は蛍観察をしてみたいですね!

1484687955772.jpg



冬には滝の付近に氷柱が見えます。二月には滝の岩盤付近からきらきら光るつららが見えます
posted by キミジィ at 13:51| Comment(0) | 日記

2017年05月30日

久留里1000年の森 駐車場 300台計画進行中、

森の駐車場づくり倍増計画


4月に行なわれた,花の舞フエスタ雨の中、沢山のお客様がお見えになり、近隣の駐車場をお借りしたが、降りしきる雨で泥濘の道を歩いてきた、お客様に大変ご迷惑をおかけしました。特にお子様ずれの親御様には大変な思いをされたと聞きました。まずは反省とお詫びの気持ちを駐車場づくりに返させて頂きます。

IMG_20170528_175340.jpg


道路幅があるが駐車場が三角で停めにくいと不詳だったので道路を壊し駐車スペースを広げる事にしました。これが大変な作業です。ユンボでも歯が立たずに電動のハツリ機まで使うようになりました。道路を壊すのは大変な作業です。道路を狭めて見て解ったのが道路が高くなり水が流れない事が分かりました。これって道路全体を削り作り直しですね!

DSC_1257.JPG


いくら近くに運ぶにしても土を運ぶ、軽ダンプでは大変ですね!一人作業はユンボから乗り降り作業大変ですが、我慢ですね!三角の駐車スペースを四角に返れば沢山留まれるから頑張ります!
DSC_1258.JPG


瑠璃の丘も半分は駐車場になるかも知れませんね!丘の上に100台が停められるか?来年は丘の上の菜の花どうなりますか!

IMG_20170528_175346.jpg



posted by キミジィ at 11:21| Comment(0) | 日記

2017年05月25日

久留里1000年の森に小さなお客様

娘の家の小さなお客様、車から降りるとワンワン吠えながら遣ってきます。

この季節はキジが恋の季節、ぼけ園の中にもキジが縄張りを主張して歩き回る季節、それを知ってかワンちゃんが威嚇して吠え捲くります。

DSC_1237.JPG


キジの攻撃を受けて2匹のワンちゃんが逃げ帰りましたキジって意外と強い鳥ですね

DSC_1240.JPG


森は躑躅やサツキの咲く季節が終わり、花が少ない季節に変わりました。6月に入ると入梅を迎え、花はアジサイや梅狩りの季節に代わります。この季節が遣ってくると森は雑草ジャングルに変わります。

DSC_1235.JPG

以前から森に咲く大手毬や小手毬は当に花は終わりましたが、この種類は
ピンクに咲き始めてやがて白に変わります。子手毬の種類でしょうがまん丸の花をつけます。


kotDSC_1175.JPGIMG_20170512_070439.jpg

posted by キミジィ at 10:42| Comment(0) | 日記

2017年05月24日

久留里1000年の森は大忙し

久留里1000年の森、森づくりが前に進んでおります。

キミジィ頭の中の設計図に従い、新たな駐車場、幻想桜広場の拡充、鉄人街道整備、滝までの道づくりなど同時進行しております

DSC_1234.JPG

滝までの道づくりに欠かせぬ機材運搬道路が完成まじかです。真夏に合わせて草刈は応援してもらい道路づくりに専念しております。写真に写る欅の木が今年青葉が吹くのが遅れ枯れたと思っていたが元気に青葉が茂りました。

IMG_20170521_115530.jpg


今年5月からユンボが新たに加わりました。軽ダンプが土を運び、土を受けるユンボに、掘るユンボ、土木屋さん見たいになりました。駐車場で余った土を蝶舞谷道路拡幅に使い拡幅道路を使い滝までの道路整備の砕石運びを同時にこなします。暑い日中は幻想桜付近で木の木陰で作業をしております。真夏は鉄人街道や幻想桜広場などと合わせて滝まで足を延ばして涼しむのも良いかも知れませんね!

IMG_20170521_115448.jpg


新たに出来た幻想桜広場と鉄人街道入口周辺を整備して観ました。自然との調和を考えて整備しました。



IMG_20170521_115426.jpg



鉄人街道の枝道を今後考えるのも面白いですね!安谷さん鉄人さん新たな道の開発よろしくお願いします。久留里の森はまだまだ探検場所は沢山ありますよ!


IMG_20170521_115435.jpg




posted by キミジィ at 11:42| Comment(0) | 日記

2017年05月23日

森は真夏のような暑さ

森は暑い木陰の涼しい所で森づくり
4~5年前になるか幻想桜の周囲をジャングル状態の所を整備したが、その後放置したので竹や雑草に覆われ元のジャングルに戻ってしまったので、暑さ凌ぎに、涼しいい所から整備します。まずは鉄人街道入り口付近を整備します。

IMG_20170520_085200 (1).jpg


以前から幻想桜の周囲の樹木が桜に光が射すのを邪魔していたので今回思い切って切り倒すことにしました。奈良の木は桜に傾き負い被さる様に立っていたので倒すのにユンボ二台で支え、桜に被害が起きない事を願い切り倒しました。

IMG_20170520_085123.jpg


IMG_20170521_115339.jpg

桜に追いかぶさる様に立っていたのでユンボ二台で支えて倒しました。これで桜にも太陽の光が当たり見栄えが良い幻想桜になります。

IMG_20170521_115513.jpg

鉄人街道入口が整備されました。これからは滝までは鉄人街道を使い滝見物にいってくださいね!これからの季節は木々の木陰が涼しいです。

IMG_20170521_115443.jpg


これからの季節ハンモックで揺られ音楽を聴くのもよし読書するのもよし、キミジィは昼寝なんか良いか知りませんね!




posted by キミジィ at 12:54| Comment(0) | 日記

2017年05月18日

新たな庭石がお嫁入り

ご近所の別荘から庭石がお嫁入り嫁ぎ先は特等席に決まりました。

DSC_1172.JPG


お嫁入りの石も、この時期に据え変えると道路の草退治にもなるし一隻二丁です。どこに据えるか迷ったが結果は森の特等席に嫁がせる事にしました。裏門を入った正面に据えることにしました。
DSC_1112.JPG


ここで交換した石は以前、積み替えたバランスの悪い石を退かし新たに積み替えます。この時期に積み替えるとユンボの車輪の動きや排土板の操作で通路の雑草が除去されます。


DSC_1109.JPG

この季節は道路もこまめに整備していかないと雑草軍団にすぐに占拠されます。森に来る皆さんが知らぬ間に少しづつではありますが、ごそごそと森いじりしております。まだまだ手が届かないところは沢山ありますがポチポチ森づくり頑張っております。
posted by キミジィ at 14:08| Comment(0) | 日記

2017年05月17日

久留里1000年の森は 新緑の季節

緑と花に囲まれる季節が訪れました。
久留里1000年森 裏門付近モッコウバラやツツジの舞

IMG_20170512_070006.jpg

IMG_20170512_070022.jpg


森は緑に覆われ山小屋も外観が見えない季節になりました。いよいよ雑草と戦う季節が遣ってきました。道づくりなどに追われているのを知って菜の花支部長や麻生先生が応援に駆けつけてくれました。この日は日下部さんが大網の白子まで玉ねぎを堀に出かけ300キロも軽トラック積み込み差し入れにワあザワザ森まで立ち寄ってくれました。感謝、感謝の一日でした。
DSC_1173.JPG

山小屋が木々で覆われ見えなくなりました。山小屋では大手まりの種類でピンクから白に変わる花が咲いてます。花は丸く咲き可愛らしい花です!

IMG_20170512_070439.jpg

IMG_20170512_070345.jpg



posted by キミジィ at 10:38| Comment(0) | 日記

2017年05月16日

久留里1000年の森 駐車場拡張整備

夏を迎える前に機材運搬道路や駐車場完備

1494754838441.jpg


春を迎えると草木も生い茂る季節を迎えました。春先に滝までの木こり道を整備するに伴い機材運搬用の車両道路を拡幅る道路づくりが始まりました。駐車場の拡張で余った土を道路の拡幅に使う両面作業が始まりました。ダンプの運搬作業は瑠璃の丘、駐車場~から蝶舞谷までの運搬です。鉄人さん駐車場完備作戦始まりましたよ!


1494754866010.jpg



一日中、土を運搬すると駐車スペースが30台近く多く停められる様になりました。花のフエスタで交通係に多大なご迷惑お掛けしたので反省に立ち駐車場を広げております。

DSC_1169.JPG




今回は四駆のダンプカー二トン車が活躍して呉れるので森の四駆軽ダンプはお休みしております。古いがなかなか重宝に活躍してくれます。

DSC_1168.JPG



昼休み純姫ご夫妻と食事をしているとスズメバチの女王蜂が巣作りが始まりました。昨日仕掛けていた駆除器に見向きもしないで?食事中だが思わずスプレーで撃退しました。スズメバチはこの季節に巣をつくります。純姫さんにお願いした滝まで行く途中に捕獲機二つ仕掛けてくれるようにお願いした。スズメバチの捕獲機に何匹掛かるか楽しみです!お疲れさまでした!

posted by キミジィ at 12:07| Comment(0) | 日記

2017年05月11日

瑠璃の丘 車寄せ広場の拡張計画

瑠璃の丘に本格的な駐車場づくり

第一回花の舞フエスタ開催の反省を踏まえて駐車スペースを拡大する計画を立てました。昨年は池を壊して整地してボケ園を整備して40台収容できる駐車場作りを3か月掛かりで完成させましたが、今回の瑠璃の丘、駐車場はそれを上回る計画です。残土は蝶舞谷道路の拡幅に用います。軽のダンプでは運搬も限られてしまうので四駆の2トン車で運びます。

DSC_0609.JPG


ユンボも積む場所に1台と道路の整地用に1台必要です。又もや大きな経費が掛かります。小遣いでは足りそうも有りませんね!最近それでなくとも修理代がかさみ参っております。(笑)
それにしても軽ダンプに土を積みすぎです。

DSC_0592 (1).JPG


今回は軽ダンプの修理に変わりユンボの足から油が流れ故障の様です。ここって以前も故障した場所ですよ、駐車場づくりも先が思いやられます。助けて〜何やら機械がガチャガチャ音も聞こえますもしかして重症かも知れませんヤバイジャン〜知らないよ〜この金食い虫め〜

1483532907186.jpg

キミジィ乱暴に機械を使うので参ってます。特に石積みは機械に負担がかかり大変ですね!

1483532905546.jpg
今週は二度目の修理となりました。前回の修理は休みの処でしたが修理屋さんに来て貰い治したが今回は何やら重症の様です次回の作業まで間に合うと良いが!機械も古くなると修理代が大変です。
posted by キミジィ at 11:56| Comment(0) | 日記

2017年05月09日

久留里1000年の森、滝まで道づくりが始まり

蝶舞谷から杣の木こり道に繋ぐ車道を整備

DSC_1006.JPG




いよいよ滝までの道づくりが始まります。まずは谷までの道を拡幅工事をして谷底から道の整備にかかります。谷に広がる広場を草刈りしてから排水工事や道づくりをします。この場所は今までイノシシの居住地で萱やススキで覆われて動物たちの秘密基地でした。これからは人間のキャンプ会場になりますね!


IMG_20170502_151427.jpg


動物たちの秘密基地は人間たちの憩いの広場に代わります。何処かでイノシシが見ていて悔しがっているかも知れませんね!疲れて一休み!ユンボのエンジンを止めると小川から流れるコロコロと流れる音が聞こえて来て体も安らぎます。自然は素晴らしいね!

IMG_20170502_151357.jpg


土手の下が杣の木こり道になっています。ここから滝までは50m位です。ここからは大自然の営みが見える岩盤がお目にかかれます。道にはキャラブキやセリが沢山あり山菜の宝庫でもあります。滝まで行く人は蛍は何月頃ですかと聞かれますが?以前見かけたのは何年前か最近は見た事がありません!これからは蛍の観察も出きるかも知れませんね!



IMG_20170502_151415.jpg


DSC_1002.JPG


無理が重なり等々機械の故障となりました。道づくりはユンボ無しでは作業ができません暫く道づくりは追わずけです。又お小遣いが少々掛かります。ヤベ~ジャン


IMG_20170503_170025.jpg
posted by キミジィ at 10:47| Comment(0) | 日記

2017年05月08日

蝶舞谷までの道づくり挑戦

森はヤマテラシの季節です。久留米の植木屋さんから嫁に来た花が咲いています。みなさんアジサイと間違えますが!秋には真っ赤な実を付け楽しませてくれます。関東地方では珍しい
植物ですね!

DSC_1126.JPG


DSC_1124.JPG

ボケの花大輪の八重の花が咲きだすと花の終わる季節となります。

DSC_1154.JPG

DSC_1146.JPG




3年前から谷間で降りる道づくりを挑戦してきたが、いよいよ最終仕上げに入ります。この道は蝶舞谷に降りると!そこから今年名付けた「そまの木こり道」を上がると滝がある久留里1000年の森の秘密ルートなんですが今年になり秘密の場所を皆さんに公開してしまいました。

IMG_20170504_074531.jpg


今回は丘の上の駐車場を拡張する計画で余った土を谷に運び、道づくりをする事にしました。谷の上から土を落としてユンボで土を固めて道づくりです。法面が長いので固め作業が大変です。

IMG_20170503_170029.jpg
坂の上まで20mはあります。車が上から落ちたら大事故につながります。
ユンボで叩きながら斜面を登ります。これって馴れないと危険な作業です、森づくりは危険と隣り合わせです森は大雨が降ると考えつかない大自然の怖さもあるので特に道づくりは真剣勝負なのです。

DSC_1156.JPG
posted by キミジィ at 12:26| Comment(0) | 日記