2017年10月19日

森の雨も冷たい

突然、森に冬が遣ってきました。

朝から冷たい雨が、河童を身に纏い植木の植え替えで汗をかいたり、冷たい雨に打たれ寒気がしたり、翌朝はどうやら体調が良くない、朝起きると体がだるくて足腰が痛い、どうやら体の芯に熱があるようだ、表は雨が降って止む気配はありません菜の花の種が少々残っていたので河童を着こみ残りの種まき完了し、山小屋を掃除し、お誘い頂いた、町の上総公民館の文化祭に森づくりしてから初めて公民館にお邪魔しました。公民館に入ると森に見学に来てくれた館長さん事務員さんと、お会いしたり、森のご近所さんや、みの会の親しくお付き合いする、皆様や別荘にお住いの方や久留里1000年の森に訪ねて来て下さった多くの皆さんから声をかけれ驚きでした。思えば森作りに掛かって13年の年月が経つが、自分でも気が付かない内に多くの、皆さんと知り合いになっていた事に気づき驚の一日でした。

大工さんご夫婦が懸命に力を合わせ草刈機で傾斜地を整備してくれた場所に菜の花を5キロ蒔いてみました。イノシシが後から俺の縄張りに変な事をするなと荒らされましたが!菜の花に頑張って育って貰いたいですね!来春森に花見のみなさん楽しみにしてください!

DSC_0090.JPG

上総公民館、文化祭で特に驚いたのは、久留里1000年の森、山小屋づくりや森の難関、草刈り作業など応援くださっている大工さんがマイク片手に演歌を唄い会場の皆様から大喝采を受けていました。ビックリ、さらに驚いたのは、仕替えの席に呼ばれ座ったら、みなさん何処かでお目にかかった人ばかり!春の花見に1000年の森に来た久留里のカラオケ同好会の皆様が歌の披露をしておりました。皆さんに大歓待を受けました。中には久留里荘で賄いでお世話になつた叔母ちゃんやバスの運転手さんに声を掛けられたり、帰りには、お見上げまでいただきました。楽しい一日を過ごしました。





DSC_0098.JPG




posted by キミジィ at 13:11| Comment(0) | 日記

2017年10月18日

朝から冷たい雨が降って来た

今年一番の寒い朝 朝から種蒔き作業,先週蒔いた菜の花の種がイノシシによる被害で、グチャグチャにされてしまってる!イノシシは人の作る物は何でも食べられると思っている様である、しかも一か所ではなく傾斜地の方面の全体を荒らします。ニックキ、イノシシ

DSC_0082.JPG


今年は菜の花の種を五キロ程蒔いてみました。これほどイノシシに荒らされとは残念です。上から眺めて土が見えている所が被害が出ています。其れにもめげずに、雨の中種を蒔いてきました。いくらイノシシでも全部は荒らさないでしょう!負けないよ

DSC_0081.JPG


午後から秋の山びこコンサートに合わせて新たに駐車場づくりです。ボケの苗木を植えかと共に路盤整備をする事にしました。雨の中グチャグチャ状態になり夕方まで挑戦しました。

DSC_0077.JPG


駐車場づくり全体では300台を停める駐車場を目指しておりますが、現在では200台が良いとろですね!田舎生活では一人に一台の車社会です。イベントには車置き場が者を言います。

DSC_0079.JPG

posted by キミジィ at 14:07| Comment(0) | 日記

2017年10月13日

秋のイベントに合わせて駐車場整備

瑠璃丘 駐車場整備に合わせ丘に上がる道路の整備、ここにも大雨の後の被害がありました。丘から流れ出る大水で道路が凸凹状態でした。

DSC_0023.JPG


丘から流れる大水で通路がガタガタになってしまいました。丘も崩れる被害が出ましたが応急処置で何とか通行可能になりました。



DSC_0021.JPG


丘の上から流れ出る水は排水溝に流れるので、ここから下の駐車場への被害はありません丘から排水路を少し考える必要がありますね!

DSC_0022.JPG
  
池を埋めて出来た駐車場は排水路の設計が旨くいき大雨が降っても被害がなく完璧です。
DSC_0024.JPG

排水工事をする前には駐車場は丘から流れ出る水で大変な事になっていました。

DSC_0282.JPG


駐車場づくり排す管を埋める途中です。雨が降ると、こんな状態になり、この水は池の中に流れ落ちておりました。池を無くし排す路ができる前に撮影しました。16・11・11
上に映した駐車場と同じ場所です。
DSC_0279.JPG


DSC_0260.JPG





posted by キミジィ at 10:45| Comment(0) | 日記

2017年10月12日

紅葉の季節がやってきました。

夕方、シカの鳴き声が聞こえる季節がやってきました。森も朝晩は寒さが一段と厳しくなり早くも、サンゴ紅葉の葉が黄色く色好き始まりました。

DSC_0039.JPG


サンゴ紅葉は枝が珊瑚のように赤く色ずく事から名が付いたようです。
山モミジが色ずく頃には枝だけが赤く色づきます。

DSC_0071.JPG


毎年10月に咲く桜ですが10月桜と思っていましたが?花弁が八重ですから少し違うようです。冬桜の種類でしょうね!ご存知の方教えてください!毎回咲く度に八重が大きくなります。

DSC_0036.JPG


先週大雨が2回続き道路 に大きな溝が出来、車の走行にも障害を来すので溝を埋めて整備しました。秋の山びこコンサートに合わせ道路整備や駐車場拡張工事を進めて行きます。

DSC_0008.JPG


山吹回廊を整備しております。山吹の上にドングリが生るクヌギやナラノキの樹木があるので道路がイノシシが道路に落ちたドングリを掘って食べるので道が荒らされます。

DSC_0006.JPG


山吹回廊入り口から幻想桜広場を整備して蝶舞谷までの道を整備しました。しばらく大雨が降らないことを期待します。

DSC_0013.JPG

posted by キミジィ at 14:54| Comment(0) | 日記

2017年10月11日

春に備え森は大忙し

春に備え菜の花の種巻き、方面の草刈り、植木場の草取り、通路の草退治、植木の剪定、最近は森づくりより、管理に手間がかかります。


先週撒いた菜の花が芽が出てきました。

DSC_0056.JPG


方面に所々、菜の花の種を蒔きました。春が楽しみですね?全体が黄色く輝くのは何時になるか!花が咲き種が落ち、菜の花が増える!楽しみですね!

DSC_0066.JPG

今日は草刈り機に挑戦 昨年、蓑会の皆さんが撒いてくれた、菜の花が種を落として芽が出たか、草刈して探すが、残念です、菜の花の芽は皆無でした。土手の近くに咲いた菜の花の芽が大きく育っていました。沢山蒔た、菜の花は見つける事が出来ませんでした。残念です!!メーさん

DSC_0047.JPG
DSC_0052.JPG


菜の花の種を傾斜地で、せいだか泡立ち草の根やカヤの根を除きながら、種まきは大変な作業ですが、頑張って種まき挑戦しました。

DSC_0067.JPG


posted by キミジィ at 12:06| Comment(0) | 日記

2017年10月04日

 森のイノシシも肥える秋が遣って来ました。

待ちに待ったイノシシの餌ドングリの実が沢山、落ちて来ました。道路の中に落ちたドングリは食べやすいが、山吹の植込みの中に落ちたドングリをイノシシが餌にするので荒らされて被害が出ます。菜の花の会の皆さんが手入れをした所が心配ですね!

DSC_1801.JPG


真夏に菜の花の皆さんが参加してくれて山吹の植え込みを整備してくださいましたが、この付近は毎年イノシシがドングリを求めて土手を穿り返すので心配です。今年も暫く目をはせません

1500543703214.jpg



今年はまだイノシシがドングリを求めて来ていません、今年はイノシシを20頭以上捕獲したので被害は少なくなるか?皆さんで植え付けた上にはクヌギやナラノ木が生息しているので実が山吹の植木場に落ちるのでどうなりますか?

1500543731320.jpg

posted by キミジィ at 10:57| Comment(0) | 日記

2017年10月03日

秋の植え替えシーズン到来

森の鉄人さんが丹精込めて3年前に挿し木で育てた酔芙蓉が見事に花開きました。秋には植え替えする計画です。朝見ると真っ白い花で夕方にはピンク色に変わる不思議な花です。方面に植え替える準備をしないといけませんね!植え替えの後は切った枝を挿し木してくれるようです。芙蓉は成長が早いのでキミジィも鉄人さんもまだ生きている内に楽しめそうです(笑)

DSC_1857.JPG


来週菜の花の最後の種まきを企画しております。先週巻いた菜の花の芽が早くも芽吹いていました。来春が楽しみですね!少しずつ森も変化してゆきます楽しみにしてください!!

DSC_1834.JPG


富弘美術館を囲む会千葉県支部、菜の花 渡辺支部長さん,
菜の花の種まきを応援いただきました。春が楽しみですね!前にまいた種は芽を吹いておりました。種が少ないので新たに購入してもう少し範囲を広めて撒く計画です。方面をできる限り黄色く彩るように頑張ります。皆さん応援よろしくお願いします。

IMG_20170924_111327.jpg


10月までには種まき完了したいですね!雑草の根がはびこり凄いので果たして花が咲くまで育ってくれるか心配ですが菜の花の生命力に期待し頑張って貰いたいですね!黄色い花は運気を上げるそうです。森に来たら宝くじが当たるかも知れませんよ?

DSC_1803.JPG







posted by キミジィ at 10:59| Comment(0) | 日記

2017年09月28日

久留里の五輪塔

房総の歴史発見
友達に誘われ円覚寺にて、千葉県一の五輪塔にお目にかかりました。そこは土屋氏のお墓でした。土屋氏は平家の一族で鎌倉時代を築いた名族、相模国大住郡土屋(神奈川県平塚市土屋)から起こり、源頼朝に仕えた土屋三郎宗遠 兄弟の土肥氏・親族の三浦氏などと千葉氏を援軍につけ、鎌倉幕府を樹立しております。 室町時代、戦国期に入り足利鎌倉公方(後の古河公方)の命を受けて、武田信長は子供の信高(母は土屋影遠の妹)土屋景遠らが上総に入り 安房は里見義実が侵略する!里見氏の(妻は武田から迎える)この時代は武田信長の親族関係で房総へ渡ったようです。

DSC_1877.JPG


久留里1000年の森歴史シリーズもブログに書いてあります。お時間許す時に読んでください!久留里1000年の森周辺の古代からの歴史を書いて見ました。

戦国時代の武田信長・土屋影遠 時間がある時に読んでください
土屋忠直の父親は!土屋昌恒は金丸虎義の子供が養子となり天目山の戦いでは片手戦に切りで有名でありますが、この時代の土屋氏の名族の系図は武田信長に従い上総に渡った土屋影遠の子供(勝遠)が幼少の頃に甲斐に預けられ後に勝遠は甲斐武田氏の武田信昌の娘を娶り、子の土屋信遠は甲斐武田氏に仕えた。信遠の子、土屋昌遠は駿河国は武田信虎と移り住んで武田家中を離れる。この土屋氏の系図が久留里城主土屋忠直に繋がります。平塚の土屋氏は房総半島には縁が深いですね!
お隣のお寺円如寺、開創1395年(応永2年)と伝えられる真言宗智山派の寺院
    江戸時代には久留里城主黒田公の祈願寺でした。
萩祭り久留里1000年の森も最盛期ですが、お寺のハギは素晴らしい

DSC_1869.JPG
おじいちゃん三人で花見です!中々整備が行き届いております。これだけ整備するの大変でしょうね!花より雑草退治が気になります。

DSC_1867.JPG
蓮の花が咲いたら綺麗でしょうね!木道がシッカリしております。池の両脇に萩の花が見事に満開に咲いております。

DSC_1866.JPG
見事でしたお寺の檀家さんが綺麗にしているのでしょうね!すでにヒガンバナは姿を消しておりましたが萩の花は見事でした。見学するのは簡単ですが、これを維持するのは大変ですね!いろいろな樹木も手入れされて綺麗に整備がしてありました。賽銭箱にお札を入れない行けませんね!ありがとうございました。

DSC_1872.JPG




posted by キミジィ at 10:47| Comment(0) | 日記

2017年09月27日

久留里1000年の森 排水がストライキ

丘の上の排水路、泥の詰まりを直したら!今度は谷の下の排水が詰まり大変な事になりました。種蒔きを中断して排水路の泥を除去する作業です。これって大変な土方作業です。老骨に鞭を撃ち ヘバヘバになりながら夕方遅くまで戦いました。

DSC_1836.JPG

丘の下の広場が水浸し完全に水路が泥で塞がり大きな池状態でした水路の泥を取り除き水は流れ整備は完了しました。丘の上の泥が下に流れ排水溝が詰まりました。これって犯人はイノシシなんです。

DSC_1846.JPG


酔芙蓉のある場所が荒らされ水路が詰まり、先週、排水路の泥が下に流れて掃除できたと思っていましたが土砂が下に流れて、今度は下の排水を詰まらしてしまいました。これって年間で二回くらいは同じことを繰り返しております。

DSC_1840.JPG

イノシシはミミズを求めて母親がウリ坊を連れてミミズを捕獲する技を子供に教えます。雨の後は地面の土が掘りやすいので泥んこ状態になります。そうした泥が側溝の中に流れ込み土で流れが悪くなります。この時期はイノシシも子育てに賢明なんですね!ハギが咲く岡の上から酔芙蓉の手前に側溝があります。毎回この辺りが泥が詰まり土砂が下の方に流れて行くところです。
草退治が終われば次の災難が待ち構えております!オイラ負けないよ!(笑) 

DSC_1848.JPG




posted by キミジィ at 16:20| Comment(0) | 日記

2017年09月26日

秋の彼岸を迎え本格的に菜の花の種まき

久留里1000年の森 蝶舞谷からの傾斜地に菜の花の種まき作業が始まります。傾斜地に一人で挑戦、足元が滑り作業は厳しいが、春の花咲く季節を脳裏に刻み黙々と種の植え付けをしました。時折足元がよろけながら懸命に作業しました。

DSC_1821.JPGDSC_1817.JPG


種を土と混ぜて蒔くことにしました、気がかりは雑草の根がはびこり、果たして種が芽吹いてくれるか心配ですが、天に任せて蒔くことにしました。溝を作り種をまき埋める作業です

DSC_1827.JPGDSC_1819.JPG


来週も種まき続きするが、斜面が広いので蒔いた場所が何処か解らなくなります。撒いたところに目印をつければ良かったですね!(笑)春が待ちどうしくなりました。

IMG_20170924_111327.jpg
















posted by キミジィ at 14:23| Comment(0) | 日記

2017年09月22日

久留里1000年の森 配水本管、清掃作業

石積みする前は大雨が降った後は清掃しないと排水管付近の枯れ葉や泥が排水溝を埋め尽くし、毎回の掃除は大変でした。現在では年に二回の清掃活動で済む様になりました。


雑草に覆われ排水溝が何処にあるかわかりません先ずは草刈りから始めます。表の市道の掃除も一緒に行います。これて大変な作業なんです。
清掃前の雑草を刈り取る前は草木に覆われ排水溝見えません、表の市道側も雑草でジャングル状態です。

DSC_1799.JPG


市道側も雑草退治をしないと枯れ葉が排水溝に入るので市道側も一緒に草刈り作業をします。この場所は他方向から山に降った雨水や杉の枯れ枝などが流れ込む、以前は、ここが谷で久留里1000年の森の中に流れ込んでいました。この道は荒れ果てておりますが市道です。タケノコ狩りや山菜シーズンは、この道を使って森の奥に行く人がおります。昔はこの道は通学路だったようです。今はイノシシが通う道です。

DSC_1789.JPG



昔は学校の通学路に使われたようです。10年前に、この道を使い奥の部落の人が自転車で久留里の町まで買い物に行った帰りに、おじいちゃんが寄ってくれて、地域の昔話を聞かせてくれました。雑草がボウボウでしたが半日掛けて市道のボランテヤ、清掃作業をしました。

DSC_1788.JPG


山小屋に降った雨水も通路に降った雨水も配管を伝わり、この場所に流れ込みます。
大きな石で排水溝を囲い排水路を確保しております。以前は仮設作りの排す路でしたから中に泥が入り大変でした。現在は雑草を取り除くと綺麗に中は管理されております。
DSC_1794.JPG


時間がある時に少し石の位置を直したいですね!中にある本管もきれいです。以前は雨が降ると池と排水路が心配でしてが今は池が駐車場になった事で水の心配はなくなりました。

DSC_1797.JPG


i以前は雨が降ると排水路はこんな状態でした。上の写真の石の排水溝と同じところです。排水溝は杉の葉で完全に塞がれております。大雨の後はいつも同じ状態です。掃除が大変でした。現在は石で囲んで泥や落ち葉の侵入を防いでおります。
1468618562952.jpg


市道は雨が降ると山の上から流れる泥や落ち葉で凄いことになります。
上の道と同じ所です。道はジャングル状態です。役所は放置してしまっております。益々イノシシの住み家が増えます。
1468618548519.jpg












posted by キミジィ at 12:29| Comment(0) | 日記

2017年09月21日

春の菜の花に備え草刈り本番

秋のお彼岸から、菜の花の季節に備え、蝶舞谷からの傾斜地を草刈りした後に菜の花の種まき作業が待っている。

毎年秋のお彼岸に、春の花見に備え蝶舞谷の谷底から草刈り作業、キミジィこの作業は医師から止められているので、大工さんご夫婦が奮闘して応援してくれております。傾斜がきついので半日体力が持ちません草刈り作業は1か月近く掛かります。キミジィはユンボの草刈りと種まきに専念します。(笑)


DSC_1757.JPG


感謝、大工さん、ご夫婦が大活躍してくれます。キミジィの体を心配して助けてくれます。

DSC_1805.JPG


平らな場所からもう一段下まで傾斜があります。昨年は2か月がかりでした。森の草刈りは木瓜園が4~5回、道路が3回の草刈りが必要になります。これって管理が大変ですね!森づくりは楽しいが!完成して後の管理のほうが大変ですね!バカは死なけれが治らないと言いますがそれって本当ですね!

DSC_1775.JPG


森に来られる皆さん、ご存知ですか山小屋に向かう道にある、黄色い紅葉なんとサンゴ(閣)紅葉でした。冬になるとサンゴのように枝が赤くなるので不思議と思っていましたがサンゴでした。森の中に此の紅葉何本あるか数えてみて下さいね!

モミジは日本に自生し古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られています。
冬寒くなるとその年の枝先が赤くなるものは結構ありますが、
中でも鮮やかに全体が赤く染まるのがこの「サンゴモミジ」です。
正式には「珊瑚閣(さんごかく)」です
1505553395008.jpg
posted by キミジィ at 11:54| Comment(0) | 日記

2017年09月20日

森のお友達、古民家ゲストハウスに歌姫

リンと姫の散歩道でお馴染み古民家ライブにお誘いいただきました。心配された台風も予報が遅れて、心配していた雨も無くご夫婦の暖かい心遣いに感謝と素晴らしい歌を聞くことができました。

藤井 彩也香(ふじいさやか)
舞台俳優、ボイスワーカー。大学卒業後、劇団朋友、劇団四季にて舞台、テレビで俳優として活躍。現在フリー。演劇、ミュージカル、朗読などの舞台活動のほか、現在は、歌を通して、美しさ、幸せ、喜びなどを伝える活動にも力を入れる
TBS「渡る世間は鬼ばかり」木田京子役

1505553389860.jpg

先週はジャズのライブを開き、皆さんをお招きしたそうです。大変ですね!キミジィも以前、お招きいただき森づくりの語り部をさせていただきました。古民家はゲストハウスでお隣にお住まいが別棟であります。冬になるとマキのストーブ、囲炉裏の温もりが最高です。今回もご夫婦の温もりを感じる一日でした。ありがとうございます!!


1505553393388.jpg

帰りがけに藤井彩也香さんに山小屋に出演依頼したところ快諾下さり山小屋で山彦コンサートを開催する運びになりました。日程は11月11日(土曜日)2時の開催を計画しております。

1505553396683.jpg

山小屋、遊心庵で山彦コンサートを開催する運びになりました。どんな集いが出来るか楽しみにしております。皆様も振るって参加してくださいヒメとリの散歩ン道

1505553394430.jpg




posted by キミジィ at 12:27| Comment(0) | 日記

2017年09月14日

幻想桜周辺を整備しました。

幻想桜の周辺を草刈りしました。今年は花の匂いが弱く花びらも7枚が少ないようでした。春に桜に日が当たるように周辺の雑木を何本か切り倒して光が当たる環境にしたので桜の根の周りにも光が当たり雑草もすごい勢いで育ちます。草刈り今年は3回目になります。ここはユンボも除草材も使えません!

この奥に鉄人街道があります。最近、道を使っていないので、春までには道を整備しないといけませんね!

DSC_1688.JPG

今年はユンボで2回目の草刈り、すごい速さで育つので草刈機では間に合いません
谷間でユンボを運ぶ度に道の両端、周辺を草刈しながら機械を運んでゆきます。蝶舞谷まで下るのに一日掛かる時もあります。(笑)

DSC_1691.JPG


この奥に庭木を廃棄していきました、葉や木が枯れるまで年月が掛かります。春に廃棄してから間もないが、火災でも起きると大変です。今回は土を掘って埋める事にしました。これからは持ち込み禁止ですよ!春には見学する人も来るので毎年整備しております。


DSC_1690.JPGDSC_1690.JPGDSC_1704.JPG


桜の周辺も一日がかりで綺麗になりました。庭の広い家の人は苦労がわかるでしょうが、夏場は本当に雑草との戦いは大変です。夏の間、土地を貰ってくれる人いませんか?(笑)
この場所にもベンチが欲しいですね!木陰は谷から吹き渡る冷たい風に癒されます。

DSC_1707.JPG
DSC_1690.JPG
posted by キミジィ at 11:15| Comment(0) | 日記

2017年09月13日

草刈り作業をユンボで挑戦

いよいよ本番、草刈りシーズンが到来、昨年も9月から傾斜地に草を刈りこんだ後に菜の花の種を撒いて花を咲かせたが思い道理に咲かす事が出来ませんでした。今年はその反省に立って種蒔きをする事にします。

DSC_1702.JPG

草刈の後に地面を観察すると菜の花の種が落ちて新芽が伸びていました。

DSC_1714.JPG

DSC_1711.JPG

ユンボで草刈り作業、土手の傾斜地に伸びた雑草を引き抜く、これって難しい作業なんです。抜き取った雑草を使いユンボのバッケットを使い引き抜きます。これって特許かもね!土手が傷つかぬように作業ができます。

DSC_1741.JPG


皆さん草刈り作業を見に来るが不思議な作業を見て驚いております。それと同時に傾斜角度のキツイ所までユンボが上がるので!危ないの連発です!

DSC_1742.JPG

イノシシの檻の付近も今年はユンボで草刈りしました。あまり綺麗に刈り込んでしまったのでイノシシが捕獲できなくなるかもしれません

DSC_1699.JPG




posted by キミジィ at 11:56| Comment(0) | 日記

2017年09月12日

新たに久留里1000年の森で新発見

森に、ご近所さん、メーさん、ご夫婦が滝の付近に咲き出した、玉紫陽花を見学に来てくれました。森は鉄人さんが植えてくれた、酔芙蓉や萩の花が咲きだしましたが、春とは違い花の種類は少なく寂しいと思っておりましたが、メーさんが春に滝までの道造りをしていた時に見かけた玉アジサイを思い出して見学に来てくれました。

DSC_1723.JPG


13年も森づくりをしておりますが、この季節にジャングル状態の滝まで来たのは、初めてで皆さんが春から何回も草刈りしてくれた、お陰で、ここまで来れました。玉アジサイの群生地に生まれ変わっておりました。何故か神秘的な景色に出会いました。

DSC_1728.JPG


この地層は65万年前に深海の堆積した海の中、玉アジサイの蕾が宝石のように光、花を見ていると玉手箱を開いたように見えてきました。竜宮ですか?海底の花園は神秘的な光景が広がっておりました。


DSC_1725.JPG


皆さん何の花と思いますか?リンドウ科の(バアソブ)名前の由来は信州方言でソブとは雀斑で花の斑点がおばさんの顔の雀斑に似ていたので名づけられた様です。因みに(ジィソブ)もあるようです。何方にしても、もう少しハイカラな名前にすればよいのにね!

DSC_1731.JPG




posted by キミジィ at 13:13| Comment(0) | 日記

2017年09月07日

秋の訪れ 虫の鳴き声が変わってきました。

最近聞こえてくる虫の鳴き声が、騒がしい音からなぜか涼やかな鳴き声に変化してきました。いよいよ秋の訪れです。


駐車場広場完成から3回目の雑草退治を終了です、あと一回は草が生えるでしょう!丘の上の駐車場は7月に完成しましたが草は生えてはいません、双方の駐車場も採石が敷かれておりますが!土であれば草刈り作業何回するのでしょうね!昨年、この場所は大きな池を壊し排水路を確保したり砕石を敷きしめたり駐車場づくりに挑戦して居りました。

DSC_1682.JPG


この場所も8月までは人の背丈を超えるような雑草が生えておりましたが、春から3回の草退治で、ここまで来ました。来春も何かイベントしますか?友達には山羊を飼ったらと言われますが住まいは平塚ですから目が届きませんし動物の世話は大変ですかね!

DSC_1680.JPG

昨年、菜の花が沢山咲きました。黄色い色は運気を上げると言われております。蝶舞谷から見上げて土手、全体が菜の花になるよう草刈り始まりました。大工さんご夫婦の応援で始まります。今年は早めに菜の花撒いて観ようと思います。

IMG_20170903_131247.jpg


朝晩は寒くなりました。真夏でも扇風機で過ごしますが、これからは不要になりました。秋の訪れですね!外の虫の鳴き声も淋しくなりました。山小屋の布団も夏掛けから冬掛けに替えました。

DSC_1686.JPG
posted by キミジィ at 11:22| Comment(0) | 日記

2017年09月06日

来年の菜の花に期待して丘の上から草刈作業が始まりました。

孫娘が大活躍、泥や枯草を取り除き水路の確保できました。

今年、雨降りの後に芙蓉を植えた所が、水捌けが悪いので調べてみると、排水溝に泥や草の枯れ葉などが溝に詰まり、この付近が田んぼ状態になり、困惑しましたが、付近の排水路を孫娘の応援もあり綺麗に取り除く事が出来ました。雨の後、現場を見ると水の流れがスムーズに流れ地盤が田んぼ状態では無くなりました。

DSC_1679.JPG


ここに流れる排水は瑠璃の丘から流れる水も、ここに一緒に合流するので排水溝の中は絶えず泥やゴミなどを取り除く必要があります。三年前に掃除して以来でしたから殆ど泥が詰まっておりました。

DSC_1678.JPG

掃除の前は水路が何処にあるか分からない状態でした。排水溝が詰まり、この付近は大雨の跡などは田んぼ状態でした。現在は排水溝の中は綺麗になりました。暫くはスムーズに水は流れますね!(笑)

IMG_20170903_131143.jpg

雨の後に萩や酔芙蓉を見学しても足場は改善されました。この付近を整備して憩いの広場を作る計画です。秋に向かい少しづづ整備して行きます。森に来たみなさん何処の場所かわかりますか?

DSC_1672.JPG



posted by キミジィ at 11:51| Comment(0) | 日記

2017年09月05日

久留里1000年の森に秋の兆し

秋の七草、萩の花が咲きだし、森の鉄人さんが挿し木で育てた、酔芙蓉も元気に育ち花を咲かせてくれました。

IMG_20170903_131335.jpg


朝は白く咲き、夕方にはお酒を飲んだ様にピンク色変わります。この辺りは自然の芙蓉も見られましたが、鉄人さんが、自宅で挿し木で育てた酔芙蓉50本植えてくれました。苗木が3年目を迎え元気に咲き出しました。暫くは、萩と芙蓉の花が見られます。

DSC_1670.JPG


この酔芙蓉の色の変化は、アントシアニンという色素で起こるそうです。
朝方の花弁にはこの色素が含まれておらず真っ白で、午後になると花の細胞内でアントシアニンが合成されて、花弁に溜まりだして徐々にピンク色から紅色になっていきます。
紅葉(もみじ)や紫陽花(あじさい)、薔薇(ばら)などもこの色素の蓄積で徐々に色が濃くなっていきますが、酔芙蓉は、この色素が急速に生成されることで一日で色が変化する要因になっていると考えられ、気温の上がる日中に色素の生成が急速に進むということです。
色素の生成には温度が関係するということで、今日の涼しさ(低温)で、酔芙蓉は色の変化が少ない、生成がうまく出来なかったと考えられます。



DSC_1677.JPG


萩は昨年植え替えた事もあり、今一ですが!来年は芙蓉を土手の下に植える計画です。
今年は早めに草刈り機で土手を刈り萩の花の見栄えが良くなるように整備しました。この季節は見学者は皆無ですが!一人淋しく眺めます!ご近所さんお茶しにお越しくださいね!


DSC_1671.JPG


森も本格的に草刈りシーズンが遣ってきました。しばらくの間、雑草との戦いが待っております。



DSC_1675.JPG


posted by キミジィ at 16:43| Comment(0) | 日記

2017年09月01日

丘から流れる排水路の清掃

朝から丘から流れる排す路を整備、暑さが少し和らぎ凌ぎ易い、孫娘にオッサンに変身させて、草刈機やユンボの操作を経験して貰い、思い出づくり沢山してもらいました。

DSC_1647.JPG

以前から気になっていた排水路の泥も取り除き整備は終了、蝶舞谷まで車で下りユンボの運転をしたり、草刈機で草を刈ったり、今まで経験した事のない、手伝いをしてもらいました。親に怒られるかも(笑)


DSC_1634.JPG


お昼はご近所さんの君津市栗坪「ラ・プティ・メゾン」カフェで食事です。ここのお店は素晴らしい、ウットデキで食事もできて景色が素晴らしい孫も喜んでくれました。ここはキャンプ施設に隣接した別荘地でキミジィの仲良さんが沢山住んでおります。久留里1000年の森より車で5分の所にあります。お店の方も仲良しさんです。森にお越しの際はお寄りください!

DSC_1656.JPG
posted by キミジィ at 14:06| Comment(0) | 日記

2017年08月30日

イノシシの餌不足、ウリ坊が母親の後を追って餌探し

実りの秋の前はエサが森の中では不足する。今年もウリ坊が沢山産まれた様子、ボケの苗木の根元が穿り返されミミズを探す放置すると根が乾いて枯れる被害が起きる、この時期はボケ園の見回りは欠かせません、植えてから5年目の苗木が枯れていました。

DSC_1655.JPG

毎年何本の苗木が犠牲になるか解りません、ボケは棘があるので嫌がり獣は近づかないと聞いたが?腹が減ったイノシシには関係ないみたいですね!近くにもバラ園があるが、やはりイノシシに園内が荒らされ大変な被害と聞くが、餌不足なんでしょうね!

1473544199260.jpg


この奥も荒らされています。イノシシは人の目の届かい所を狙い掘るので油断する大変です。今年の被害は6月の入梅時期から始まり8月まで続いています。根元を掘られる被害が拡大しております。今年は猟師さんにお願いして、蝶舞谷に捕獲用の檻を増やす事にしました。




1503213316910.jpg
posted by キミジィ at 12:30| Comment(0) | 日記

2017年08月29日

森に孫が応援に来てくれた

房総半島が一番暑い日に孫娘が草退治に駆けつけてくれました。力強い応援で暑さも忘れ頑張れました。

孫も大学4年生、就職も決まり来年から、森に来る機会も遠のくから、と言って応援に来てくれました。この日は気温36度を超える暑さでした。藪の中には毛虫やブヨが待ち構えているので防御の為にジィの作業服で頑張りました。お嬢様もオヤジに変身して頑張りました。炎天下の作業は厳しい、植木に絡みついたヤブカラシやカラスウリのツタを取り除き除草を応援してくれました。

DSC_1645.JPG


昼は山小屋を離れてランチする計画でしたが!あまりの暑さ森の涼しい所で素麺をいただきました。そうめん流しとは行きませんが、森の中で孫と食べる素麺も格別です!

DSC_1651.JPGDSC_1649.JPG

午後からはハンモックで一休みして、ウッドデッキの掃除をして貰いました。デッキも4月から掃除も手が回らず汚れていたので頑張って掃除してくれました。時々遊びに来てもらいたいですね!ぴかぴかにウットデッキが変身しておりました。

DSC_1654.JPG













posted by キミジィ at 13:10| Comment(0) | 日記

2017年08月24日

暑い日々が続く 暑い日々が続く作業の合間に癒しの至福

谷から吹き渡る冷たい風に癒される、草刈り作業で大汗かいてシャーワー浴びて一休み至福のひと時を過ごします。

1503230074332.jpg1503230076684.jpg


ハンモック揺られふと目を止めると女郎花 (オミナエシ)ではなく男郎花(オトコガエシ)は多年草で天日乾燥させて薬に用います解熱・消炎・腹痛・下痢などに効能があるそうです。森には沢山の薬草があります。

1503230415177.jpg

森の中は暫くは草退治に追われますが頑張ります、大雨が降り暑さが増すと森はジャングル状態になります。暫くの間は草刈り作業に追われます

1503213312184.jpg


昼の食事もハンモックに腰かけ食事もします。森の中で涼しい場所を求めて食事にありつきます。森のご近所様も立ち寄り、涼しい風に癒れ天然クーラーは素晴らしいとお褒めくださいます。お近くの皆様も立ち寄ってください!!

1503121226624.jpg






posted by キミジィ at 11:29| Comment(0) | 日記

2017年08月23日

久留里1000年の森 実りの秋が近づく

裏門付近にナツメが一年置きに実ります。体に良いと聞くが食べるとリンゴの歯触りがする、調理の方法は蒸かしてから、干して戴く様です。体には良いとのことですが調理するのが面倒なので、今年も焼酎付けにしますか!

1503230073829.jpg1503213317384.jpg


ボケの実も大きく育ち色づいております。もう少し黄色に染まると香ばしい匂いがしてきます。
今年は木瓜の実を漬けるか思案しております。それにしてもボケはボケていますね、実と花を同時につけております。

1503312540271.jpg

この時期の草取りは大変です、イノシシの被害で根を掘られた所の埋め戻しや、毛虫やブヨ、アブからの攻撃に加えボケの棘まで襲い掛かります。完全防御して作業にかかります。
大汗流しながら無心で黙々と戦ってます。(笑)




DSC_1635.JPG



今年は長雨の影響なのか桜や山吹の葉が黄色く色づく始末、例年、葉が色づくのは9月の終わりですが少し早い気がします。来年の花が気にかかりますね!

1503213314508.jpg1503213313863.jpg1503213312751.jpg






posted by キミジィ at 10:51| Comment(0) | 日記

2017年08月22日

萩の花の季節が遣って来る

瑠璃の丘に萩の花が咲く季節が訪れる前に雑草退治、朝から草刈り機で大汗流しております。丘には萩が咲き、下の広場には鉄人さんが丹精込めて育てた酔芙蓉が咲きます。

DSC_1633.JPG


夏場、この季節は雑草の育ちが早く、除草作業で追われます、今年は長雨と天候が不順で野菜などに悪影響で育ちが悪いと聞くが、雑草は荒ましいい勢いで成長しております。酔芙蓉も頑張って育っております。


1503312536910.jpg


8月後半には酔芙蓉が咲きだすか楽しみです、鉄人さん何回となく殺虫剤を撒いたり除草したりしたので大きく育ちました。昨年萩を植え替えたので花は淋しいかもしれませんが花は見られると思います。涼しさを萩の花が呼んでくれると良いですね!



1503312540935.jpg


雨上がり丘の上から蝶舞谷を見下ろすと排水が今一です下まで往かずに丘から眺めて様子が分かるようになりました。少し地盤が落ち着いてから対策を考える事にします。秋には傾斜地の草刈りも遣りたいと思います。

DSC_1640.JPG





posted by キミジィ at 11:48| Comment(0) | 日記

2017年08月18日

蝶舞谷広場の整備

朝から今にも降りそうな曇り空、雨が降らないうちに昨日の排水路、周辺を土壌改良工事にかかります。
DSC_1609.JPG


途中凄い雨で樹木の下に雨宿り、蛍見学や滝までの途中に憩いの場所を設けました。
ユンボから降りて一休み、真夏のギラギラした暑い日もここで休んでおります。暫く雨宿りしたが雨は止みそうにありません谷から上がる道が危険などで退却することにしました。

DSC_1618.JPG


このベンチの下で野ウサギが雨宿りしておりましたが逃げていきました可哀想に!この辺りで平家ボタルが8月初めに見られました。

DSC_1614.JPG


暑い炎天下はここに寝ころび涼んでいます、時折涼しい風が通り過ぎてゆきます。この付近にハンモックを吊るすのも良いかもしれませんね!

DSC_1613.JPG


帰りは早めに脱失しました凄い勢いで降り出した雨で整備した地盤が田んぼの様になってしまいました。帰り道スベリながら帰りました。[笑い]

DSC_1620.JPG


posted by キミジィ at 12:26| Comment(0) | 日記

2017年08月17日

蝶舞谷に配水路が遣ってきました

蝶舞谷広場に排水管工事

蝶舞谷の道づくり開始してから3年掛かりで車が谷底まで走行出来る様になりました。10年前に200本植えた栗の苗木ですが、長雨が降ると水捌けが悪く田んぼ状態となります。以前は谷下まで降り、手作業で水捌けの水路を作るがグチャグチャの田んぼ状態になり、苗木が根腐れして枯れる、そんな被害に合わせてイノシシが苗木の回りを掘り起こしミミズを餌にする掘り起こされた苗木は放置すると苗木は枯れる!管理をするには車が谷間に降り、目が届くようにと!考えていたが一人の管理では限界でした。今は栗の木は数本しか無くなりました。樹木の苗を植えるには水捌けや、人の手が届き管理が円滑に行く事が肝心ですね!

DSC_1579.JPG

前回の側溝に200ミリのパイプをジョイントして広場の中央までパイプを埋けて溜めますを設置することにしました。森づくりは一人作業で秘密なんですが!相棒はユンボと知恵です!(笑)

DSC_1583.JPG


溜め升は大きいですよキミジィの腰の高さを超える大きさです。とても人では持てません150キロ位はあると思います。通常はワイヤーなどで釣って運びますが!ユンボーの爪で直接つりあ挙げて運ぶことにしました。

DSC_1581.JPG


乱暴ですが傷がつかない様に静かに運びます。これで運べば一人作業で済みます

IMG_20170813_114555.jpg

IMG_20170813_114909.jpg


升を埋ける所を大きく掘りユンボ−の歯と爪で挟んで、パイプに差し込みます。この作業が一番大変です。このとき少し力仕事をしますが後はユンボの仕事です。

IMG_20170813_115815.jpg
DSC_1589.JPG

後はコンクリートを練り穴に詰めて完成です。二日間で完成です。これで田んぼ状態には成らなくて済みそうです。道が出来て車が谷間で下れたから材料が運べる様になりました便利になりました!

DSC_1591.JPG


これで排水は完了です。道路に沿った所は側溝に流れ、中央は升の位置が周囲より下げて埋けたので、この場所に水はここに集まる様に地盤整備をします。蝶舞谷には二か所の排水設備を設けました。これで少しの間様子を見ることにします。

DSC_1595.JPG




posted by キミジィ at 16:40| Comment(0) | 日記

2017年08月08日

雨の後の蝶舞谷

滝から流れる茶色い水が勢いよく流れる?どこかが滝の上で土砂崩れ発生したのであろう?蛍の幼虫が心配です水の流れも凄い!

DSC_1574.JPG


大雨の洗礼を受ける小川も泥水が流れておりました。いつもは透明の水が流れる小川も泥水が勢いよく流れておりました。


DSC_1570.JPG


蝶舞谷の排水工事も路盤がグチャクチャで仕事になりません!暫くお手上げですね!路盤が乾いた時に工事の続きをするようですね!

IMG_20170804_103551.jpg

posted by キミジィ at 11:16| Comment(0) | 日記

2017年08月07日

ボケ園の中を荒らす、チビッコギャング

8月に入り5匹目のウリ坊、この時期、母親と行動をするウリ坊が母親の言うことを聞かずにヤンチャして檻に入ってしまったのでしょう?

毎年この季節になるとイノシシの被害がおきます。雨の後にボケの根元に生息するミミヅを求め根の周りを穿り根を枯らします。よほど腹を空かしているのでしょう!

1501814323014.jpg


雨の後は蝶舞谷広場にはイノシシ親子が連れ添い歩いた足跡が沢山見られます。一体何頭のイノシシがいるのでしょう?




IMG_20170724_145004.jpg


キャンプの帰りに立ち寄ったお客様もイノシシの親子の足跡に驚いておりましたが!滝の話をすると見て視たいと言うので滝まで案内してあげました。滝までの道にもイノシシが餌を求めて歩いた跡があちらこちらにありました。ここが60万年前の海底の断層と話すと皆さん驚いておりました。三日間の日程で東京から房総のキャンプに来た中で一番の夏休みの思い出作りが出来たと大喜びをしておりました!
滝に向かい願い事を祈っておりました。神秘的な大自然の空間に出会い!親子は大喜び!今度は草むしりも手伝うからね!だってよ!(笑)夏の思い出づくり出来たかな?



DSC_1577.JPG



posted by キミジィ at 16:13| Comment(2) | 日記

2017年08月02日

蝶舞谷の排水工事

蝶舞谷の排水工事、今日も朝からガンガンの暑さが続く水をガブガブ梅干をカジリ人には見られたくない格好ですね!!


コンクリートブロックを切断して廃水路のフタづくりです。YU字抗の蓋を探したが合う蓋がない10年前に頂いたので、今はどこにも販売していない、しかも規格外の蓋なんです。ブロックを28個を切断して蓋づくり、全身ずぶ濡れで頑張りました。マスク替わりでスポーツタオルと保護メガネと帽子を被り(泥棒ではありません)炎天下の作業はきついです。負けなぞ~

1501508573776.jpg


蓋が無い所を穴埋めします。これが寸法間違いで遣り直しブロックを二回切り直し全身汗でずぶ濡れ、それでも負けづに完成させました。完成 写真撮すの忘れました。
1500895274256.jpg


ここの排す路は以前に埋けて作りましたが、あくまで簡易的に作ったので水路には使われていませんでした。今回本格的に使われます。昨夜の雨が心配ですね!

1500895255788.jpg


来週は水の溜まりや凸凹などを調整して排水桝を据え付けます。最近皆さんから無理はするなとお叱り受けますが!最近は無理をしないと体が動きません(笑)

1500711416792.jpg
posted by キミジィ at 12:04| Comment(0) | 日記

2017年08月01日

久留里1000年の滝断層は長南層

久留里1000年の森 蝶舞谷の奥にある滝の岩盤の正体は如何に?28日に博物館より地質調査に来てくださいました。今回の調査では!海底の深い海の地層ということが解りました。

1501292048503.jpg


目の前の地層が海の中であるとは驚きです!何やら長南層三紀60万年前の深海の地層と言う事が解りました。近くの学校の校長先生も調査に参加してくれました。海の底の砂の流れる様子や自然界の営みや、深海の出来事などレクチャーを受けていると、まるで海の中に居るような様な錯覚すら覚えて来ました。

1501326024720.jpg


何やら竜宮に来た気分になりました。みなさん金塊を探し出しました。(笑)博物館の学芸員の方が岩を叩いて化石を見つけ出す心算ですが、先々週、博物館からお見えに慣れてた方は、この場所には化石は無いと言っていたが?今回の先生は化石を一所懸命探しているので、皆さんも何やら探し出しました。

1501326024511.jpg


何個かの中から化石が見つかりました。余りにも簡単に見つける事がて驚きました。60万年前の貝の化石です。

1501326024611.jpg

posted by キミジィ at 13:49| Comment(0) | 日記

2017年07月27日

久留里1000年の蝶舞谷造り

朝から命がけの女坂の運搬作業が始まりました。

いよいよ蝶舞谷造りが始まります。朝から鉄人さんに助っ人いただき排水溝を駐車場広場より蝶舞谷まで運搬作業コンクリート制の重い排水路をポンコツの軽ダンプに積みすぎて、途中の下り坂でブレーキを踏んでも止まらず崖に衝突させて停車させました。このまま谷の下までは走行不可能と判断して車に積んだ余分な物を卸し鉄人さんが車の後ろに回り、車を後ろに引っ張る様にしてやっと谷の下まで降りました。矢張り鉄人さんは鉄人でした!

IMG_20170724_144705.jpg



奥の高い所より水が流れてくるので道路に当たる所を側溝にしました。半日がかりで、取り合えず応急措置として水路を確保しました。この場所には以前、栗の木を200本も植えたがイノシシに掘り起こされ現在は数本の栗だけになってしまいました。

IMG_20170724_144654.jpg
通路に当る所を側溝にして、その先はパイプでジョイントして奥の水処理をいかにするか雨の様子を見るようにします。次回はコンクリートを運んだり雨で土が流れないように対策したりボチボチ蝶舞谷を整備して行きます。完成前にお手製のベンチなども持ち込み蛍鑑賞に備えます。

IMG_20170724_144626.jpg





posted by キミジィ at 11:43| Comment(0) | 日記

2017年07月26日

久留里1000年の滝 道づくり

毎日が暑さが続く中、草刈り機で滝までの木こり道を草刈りボランティアで日下部さんが参加してくれました。歩くだけでも暑い猛暑、熱い応援をしてくれました。

今回の滝までの木こり道の整備は博物館から堆積学の先生が28日に視察にお見えになるのでそれに伴い草刈りをしました。キミジィはユンボに跨り道路整備、日下部さんは草刈機を担当大汗を流して頑張りました。

IMG_20170724_144917.jpg


木こり道は草刈機で支援して貰いました。夏場は雑草が伸びるのが早い日の当たる所は背丈ほど有る所もあります。今年は滝までの道を何回、皆さんに刈っていただいたか分かりません!

IMG_20170724_145049 (1).jpg


蛍が見れる所までユンボで広場の整備できました。ここまで車で来れるので夜でも難なくホタル観賞が出来るようになりました。ここで木こり道とも合流出来る場所です。夏はこの辺りにベンチを設置して夜空を眺めたり蛍鑑賞をしたり大自然に触れるのも良いですね!

IMG_20170724_144854.jpg


日下部さんは滝の近くまで草刈り整備してくれました。来週はこの辺りをもう少し整備してベンチなど置きたいです。木こり道は滝まで続きます。この辺りは山菜が取れるところでもあります。

IMG_20170724_144904.jpg

草刈りの終わりに幻想桜、周辺の雑草も綺麗に刈り込んで貰いました。

IMG_20170724_144132.jpg


午後からは一人作業です蝶舞谷まで排水の工事に使う溜枡や配管を運ぶ仕事にかかります。今年は道路が蝶舞谷まで開通したので材料など運ぶことが出来るので森づくり順調に進みます。
今回の荷物は急な斜面を下るのに慎重な運転で谷間でやっとたどり着きました。何しろポンコツですからね!


DSC_1544.JPG
これで本格的に広場の整備が進みます。森づくり始めてから13年目で初めて蝶舞谷で整備が始まります。思えば道づくりに何年も掛り何回も挫折を味わいましたが、どうにか此処まで到達できました。最近は多くの皆さんの支えをいただき森づくりしております。あきらめない!負けない!精神で挑戦しております。(笑)

DSC_1536.JPG






posted by キミジィ at 12:34| Comment(2) | 日記

2017年07月25日

久留里1000の森 野点会場を整備

の桜咲く季節や紫陽花の花見会に野点会場に使われる場所のアジサイの配置と周囲の景観を一度に見渡せる様に工夫してみました。

紫陽花の中に囲まれていた空間を取り除き、新たに秋にアジサイを植え替え入口付近と一体感を持たせる景観にしました。

DSC_1554.JPG


お茶席に居ても周囲が見渡せ周囲のアジサイと一体感が共有、出来る雰囲気にしてみました。アジサイの花付きは期待しないで、おもいきって深く剪定しました。奥に植えられてたアジサイは通常の剪定にしました。

DSC_1550.JPG


余りに大胆に剪定作業しているので友達が心配して来年花は咲かないかもね!指摘は受けたが思い切って伐採しました。これで茶席からアジサイを一望に見渡せる事が出来ます。茶席も広がりました。ついでに足長蜂の巣を切り落としてボコボコに刺されたが、にっくき蜂を殺虫剤で応戦し戦いました。痛いよー

DSC_1556.JPG


DSC_1557.JPG

一晩中痛くて!キンカン縫っても効きません(笑)
posted by キミジィ at 12:24| Comment(0) | 日記

2017年07月21日

久留里1000年の森 富弘博物館を囲む会千葉支部 菜の花会 真夏、雑草との闘い

久留里1000年の森は熱い!昨年の秋に富弘美術館を囲む会、千葉支部 菜の花の皆さんが、秋に植えた山吹回廊の延伸を植えつけました。ジャングル状態の森を皆さんが、切り開き山吹の苗木を植えてくれました。

昨年11月植え付け写真、お子様まで加わり大活躍してくださいました!
1479615762409.jpg
草刈り作業、残念だが草刈り作業に参加できませんでしたが!渡辺支部長が先頭に立ち暑さとの挑戦 みなさんお若くないので心配しておりました。

春に花を咲かせた山吹も有りましたが、回廊の延伸とは言えませんでした!植物の世界も生存競争があり強い植物との戦いには叶いません、山吹の根がしっかり育つまでの3年間は、樹木や雑草、シノ竹など山吹の成長を阻害する植物を!人の手で助けて上げないと山吹は大きな株根ができません!暑さとの戦いですが、菜の花、皆様が参加くださり草刈が行われました。

1500543659747.jpg


誰ですか?皆さん暑さを忘れ頑張りました、チョッピリホットしたのは時より谷から吹き上がる風に癒されたと聞いて!ひとまず良かったと思いました!

1500543669102.jpg


夕方写真が送られて来て!さぞかし暑かっただろうと思う気持ちと感謝と感激でした。みなさん思い思いに重装備、香取線香を腰に吊るしたりガッチリガードの服装 夏は毒の針がある毛虫やダニもいるので大変です。来年は皆さんが苦労しただけ素晴らしい花見ができるとよいですね!

1500543687274.jpg


何やら素敵な長靴!玉虫色に色に輝いております。みなさん思い思いの装備で元気いっぱいです。午後からの作業で終了したのは6時頃でした夕飯の支度も逢ったでしょう!皆さんありがとうございました。7月は28日に滝の堆積を観察に博物館学芸員の方が見えるので!滝までの道も草がボウボウなどで整備に出かけます.蝶舞谷広場も整備したいと思っております。




1500543731320.jpg


皆さん遅くまで頑張りました。春にはきっと綺麗な花を咲かせてくれるでしょう!
DSC_1563.JPG






posted by キミジィ at 13:04| Comment(0) | 日記