2017年12月14日

寒ボケが咲く季節が遣ってきました。

寒い日々が続く最近は朝早く作業は避けるようにしております。最近気合を入れないと山小屋を離れ馴れません!歳ですからね!

最近、森の軽ダンプがストライキを起こしダンプ上がらず、もうダンプも年だし廃車と思っていましたがバッテリーを交換したら若者の様に頑張ってくれました。負けるかも?

1509883180180.jpg


丘の上から土を運んだり、砕石を運んだり、石を運んだり、水を運んだり、枯れ枝や剪定した枝を運んだり 森づくりには欠かせない!相棒になりました。今回の駐車場整備ではダンプが大活躍してくれました。横浜から自力走行で走って来た時はゴットン、ゴットン音がして長くはもたないと思っていたが大活躍してくれました。もう少し頑張ってくれるかな?

DSC_0356.JPG


駐車場造りが一段落付いて花を眺める余裕が出来ました。毎年この時期から咲き出して4月頃まで咲いてくれます。森に花が少ない時に咲く寒ボケ(黒潮)綺麗ですね!次回は遅くなったが剪定作業頑張ります。

DSC_0362.JPG

秋に挿し木すれば春には花が見れますよ、森に見学に来られる花を見て欲しがる人で挿し木で付くから剪定の時期に来られたら!話すと是非とは言うが連絡方法がありません挿し木希望者は来週の日曜日剪定します。遊びに来てください


RS=^ADBTzsxDjQu6KNUNcJlb4bzq2_u5b4-.jpg

続きを読む
posted by キミジィ at 12:27| Comment(0) | 日記

2017年12月13日

セキレイとジュウビタキτ 小鳥に癒され寒さに負けず頑張っております。

冬の訪れ小鳥と一緒に作業
山に霜が降りて一段と寒さが厳しくなってきました。ユンボのエンジン音を聞くと何処から来たのかセキレイやジュウビタキが遣ってきます。
  
ジュウビタキ


jobitaki011-1400.jpg


ジュウビタキは枝からこちらの様子を伺い降りて来て土の中の餌をとりに来るがセキレイはユンボの仕事先まで押しかけて来ます。時々餌を見つけると機械が動こうが知らんぷりで近づく!思わずあぶないよ〜と声かけます。セキレイは朝から夕方まで機械の傍から離れません。メスのセキレイで頭の良い鳥もいます。ユンボの屋根から虫を偵察して飛び降りてくるキミジィ〜メス鳥に弱いのでエンジンを止めて待ってやります。お腹が膨らむと何処かえ飛んで行ってしまいます。チョと寂しいが直ぐにお腹をすかした、セキレイが餌お探しに来ます。

セキレイ

yjimage.jpg


森にはイノシシやシカ、タヌキ、野ウサギ、テン、小鳥が沢山おります。春には傾斜地に菜の花が咲き乱れます。綺麗ですよ!木枯らしの季節は谷から吹き上げる風で木の葉が、蝶が飛ぶ様に見えます。以前この景色を眺めて谷底を蝶舞谷と名付けました。


DSC_0352.JPG


谷から吹きあがる風に木の葉が、蝶の様に舞い上がる景色は素晴らしい、幻想的でもあります。眺めていると、頭上を越えると、落ち葉と気づきます。不思議な木枯らしの悪戯を見ました.

yjimage.jpg












続きを読む
posted by キミジィ at 13:42| Comment(0) | 日記

2017年12月12日

花の祭りに合わせて、今年最後の植え替えや駐車場の延伸工事

今年最後の大工事に挑戦します。

春のイベントに合わせ今年、最後の植木の植え替えと大駐車場づくり、イベントの度に交通整理などに頭を悩ますならと、思い切って広場を作りました。最後の難関工事です。ユンボの奥に一段下がった所にも駐車場があり、そこと一体化する為に植木の植え替えなどして整備する計画です。前回続きです、

1509883177955.jpg


朝早くから3日掛けての作業でした。二日間は朝霜が降る、厳しい寒さに遭遇してしまい、ボケが心配でしたが!植え替えしました。縛れる寒さに負けずに作業しました。建築材料を移動し段差を傾斜でカバーして一体化にしました。やはり思った様に広くなりました。

DSC_0308.JPG

段差を最小限に抑える為に段を削り下を盛り上げて高低差を無くす様に造りました。大工さん夫婦が広くなったと驚いでいました。森に遊びに来られた、皆さん何所か解りますか?

DSC_0348.JPG


ボケ植え替えは一番風の強い所ですが、ボケはボケているので丈夫です。後は剪定をして完了になります。これからは駐車場よりヤマブキ回廊や幻想桜も一望出来るようになりました。少し裏も手入しないといけませんね!以前は、この場所はボケの植え込みが有りましたが手が届かなく夏になると草がボウボウで手が付きませんでした。

DSC_0355.JPG

続きを読む
posted by キミジィ at 14:01| Comment(0) | 日記

2017年12月07日

森には可愛い野うさぎ、が居ついております。

赤帽の車の後輪付近に野ウサギが体を、すくめ、隠れたつもりで、じっとしております。キミジィも素知らぬ振りして知らん顔で近づきません!ウサギも安心しております。ウサギの大きな可愛い目を見ていると癒されますね!山小屋付近の野原が餌場になっているようで、森に出掛けると必ずおります。以前は2羽いたがオオタカに1羽は捕えられ大空高く持ち去られました。その後はカラスや鳶,鷹から身を隠すためか車の傍から離れなくなりました。

DSC_0244.JPG


森で唯一花が咲く弩根性桜10月から咲き出し未だ花を落としません、こんな桜が10本ぐらいあると楽しめるのですが残念ですね!1月には蝋梅の花も咲くので、それまで頑張ってください!森には今花が咲いているのは山茶花や椿,寒ボケが花をつけております。

DSC_0176-90fe7-thumbnail2.JPG


今年最後の仕事、次回森に出掛けたら、ボケの植え替えが待っています。建物の材料があったので、後になりました。少しずつですが、今年立てた計画終わります。早いですね!もう一年が風のように過ぎてゆきます。今年も蝶舞谷に木枯らしが吹くと!大自然のイベント秋の蝶が舞う景色が見れます。黄金色にキラキラひかる蝶の大群が空を舞う日が!!

1509883177955.jpg







続きを読む
posted by キミジィ at 13:57| Comment(0) | 日記

2017年12月06日

イベントに備えた駐車場づくり

春のイベントに備えた駐車場づくりは完成とは言えないが、何とか間に合いそうです。植木の植え替えには、時期があるので、秋に土いじりが集中します。

今年は春のイベントの反省から駐車場づくりに専念をした様に思います。その間、皆様から草むしりの応援やら、山吹回廊の整備など多岐にわたり応援いただきました。特にボケの手入れは棘があり除草作業は大変でした。

昨年池を取り壊して造った1号駐車場です。春のイベントではまだ路盤が固まっておらず皆さんには迷惑をおかけしました。現在は路盤も固まり安定しております。
DSC_0292.JPG


瑠璃の丘の駐車場です。2号 春のイベントでは20台止められるか?でしたが2倍以上に広げました。今回の改良で50台以上止める事が出切る様になりました。

DSC_0296.JPG


3号 秋のコンサート開催に備え完成させました。今回の整備で倍近く広げました。此の駐車場から傾斜地の菜の花が見物できるように作りました。従来の駐車場を広げる形で作りました。森の中では一番広い駐車場となりました。隣には一段下がった所に4号駐車場もあります。

DSC_0291.JPG
DSC_0286.JPG


今年最後に出来た駐車場ですが、まだ完成とま行きませんが、丘の上からの水害も無くなり安定した路盤になると思います。森には正面玄関入口駐車場や幻想桜広場にも車が止められます。
森全体で200台以上は止められるでしょう!


DSC_0293.JPG


以前砕石を貯金していた所を掘り下げました。お金は貯金がないが土や砕石は森の中にヘソクリがあります。

DSC_0284.JPG

posted by キミジィ at 11:49| Comment(0) | 日記

2017年12月05日

燃えるような紅葉!今年もわずかになりました。

燃える様な紅葉した赤もみじ、昔、京都で実生から育った紅葉を頂き家で植えて何年かした紅葉を森の入り口に植えました。ここまで紅葉したのは初めてです。これから冬にかけ厳しい寒さが遣って来そうですね!

山暮れて紅葉の朱を奪うけり

DSC_0269.JPG

紅葉狩りとは、

この「狩り」という言葉は、文字通り獣や、小動物、野鳥などを捕まえるのに用いられていましたが、徐々にその意味が拡大して、果物などを取るときにも使われるようになりました。今でも「イチゴ狩り」や「ぶどう狩り」があります。その由来として、狩りをしない貴族が現れ、自然を愛でることを、狩りに例えたという説があります。なかなかオシャレな由来ですよね?紅葉狩りにいった時には、そんな貴族達に思いを馳せてみてはどうでしょう。森でもモミジの紅葉する時期に野点と洒落込みたいですね!

久留里1000年の森で紅葉狩りをしながら貴族になりお茶会は如何ですか?森の正面玄関付近です。







DSC_0277.JPG

京都から嫁入り紅葉です。

DSC_0267.JPG

ボケの植え替えも終わり!春に備えて剪定作業をするかと思っておりましたが、晴れの天候が続く内に駐車場作りを先行させましたが!頭の中はボケの剪定を遣らねば!と思っていたら、朝から剪定作業を応援頂き有難うございます。最近ブログで情けない事を書くので助っ人してくれたのでしょう?綺麗に剪定していただきました。感謝!

DSC_0288.JPG


瑠璃の丘 駐車場を計画道理に完成させる事ができました。森の中に何としても200台位留める駐車場が欲しいと思います。この地域は車社会ですので駐車場が広い事が望まれます。春の花の舞フエスタでは、ご近所に駐車場をお借りしたが当日雨で御子さん連れのお客様が雨の中グチャグチャ状態で行きも、帰りも歩いて帰られ、ご迷惑をおかけした話を聞き反省してイベントに参加下さる、お客様は森の敷地内に停める事を念頭に駐車場づくり頑張っております。秋の山彦コンサートでは80台の車で駐車場2か所が使わないまま済みました。

DSC_0296.JPG




続きを読む
posted by キミジィ at 12:45| Comment(0) | 日記

2017年11月30日

紅葉の季節が森にも遣ってきました。

森にも秋色、紅葉狩りの季節が遣ってきました。本来なら野点お茶席でも設けて楽しむのだが、瑠璃の丘整備で残念です。


DSC_0222.JPG



今年の紅葉は1週間早い黄色もみじも赤く染まるのが早い気がします。寒さが厳しい日が続いたのかも知れませんね!陽だまりで一人昼食を済ませて作業にかかります。これて味気ないですね!
DSC_0224.JPG


いよいよ仕上げに入ります。森に尋ねて来られた、お客様にも,お相手もせずに失礼します。
皆様もキミジィが顔色変えて一生懸命な姿を見て近づかず、お帰りになります。お茶も誘わず失礼しました。3日間掛けて頑張りましたが帰る日には暗くなるまで懸命に作業したが完成には至りませんでした。

DSC_0234.JPG



続きを読む
posted by キミジィ at 14:34| Comment(2) | 日記

2017年11月29日

瑠璃の丘 駐車場の手直し作業

朝から気合いだ!瑠璃の丘に挑戦、頑張るぞ!!

雨が上がり瑠璃の丘を盛り土の遣り直し2〜3日天気が続くのを期待して工事にかかります。森全体の駐車スペースを拡大した事もあり大雨には注意が必要になります。

特に広い丘の上の駐車場の水対策は重要です。奥は盛り土して高くして手前は土を削り低く、傾斜を強くしました。

DSC_0228.JPG


手前は採石が固くて削るのに時間がかり大変ガリガリ削り傾斜を強くしました。面積が広くは配水管を埋けるか検討したが排水路に傾斜を付ける事にして直す事にしました。





DSC_0227.JPG



朝から一日懸命の作業で、ここまで来ました低い所には盛り土!高い所は削り後は砕石を引き締め様子を見ます。

DSC_0230.JPG




続きを読む
posted by キミジィ at 11:46| Comment(2) | 日記

2017年11月28日

久留里1000年の森に大きな池がやって来た。

森に着くと降りしきる大雨、集中豪雨、山小屋に落ち着いて居られず山を見回りました。そこには普段の森と違い大きな池が出来ていました。

山の雨は怖い森づくりしてから、初めての経験、排水枡に飲みきれない程の雨水この季節になり、この雨は異常ですよね!

DSC_0211.JPG


森全体の道が川状態に成っているではないか!しかも30分も立たない間に池になっていました。大自然の営みは怖いですね!

DSC_0198.JPG

一体どうして、無残にも丘のうえから!驚きです、このような出来事になったか見回ると丘の上から新たな滝が流れているではないか、嫌な予感が、丘に上がると驚いた水が反対方向に流れている?

DSC_0205.JPG

瑠璃の丘に上がると吃驚、水が反対方向に流れているではないか!今回の池が出来た要因にも鉈かも知れませんね!丘の傾斜を根本的に作り直すには盛り土して反対方向に水を直すしか方法はありません大工事ですね!折角作った駐車場作り直しです。山小屋方向の盛土が沈んだ用です。
まだまだ植え替えたボケの剪定も終わっていないのに大変なことになりました。助けてくれ〜


DSC_0206.JPG


posted by キミジィ at 11:14| Comment(0) | 日記

2017年11月22日

久留里1000年の森霜が降りる前にボケの植え替え完了したい

いよいよ今年最後のボケの植え替え霜が降りない内に頑張りました。

ご近所のお友達メーさんご夫婦も森へ二年掛育ててくれたアジサイ(アナベル)白い大輪に咲く苗木を森にプレゼントで植えてくださいました。アジサイの季節は皆さん喜ぶと思います。今年はメーさん山吹も挿し木で育ててヤマブキ回廊の延伸を頑張って植えてくれました。感謝感激です!キット春!山吹の作季節は皆さん驚くでしょうね!この写真の続きを、菜の花の会の皆様やメーさんご夫婦が山吹の管理や植え付けを応援いただきました。

cached925840897.png


最後のボケの植え付けです.霜が降りない内に植え替え作業 春になる前に剪定作業も完了させて皆さんを迎えたいと思います。今回の植え替えは植え込みを狭めたので植え替える所が無くなり大変でした。

DSC_0181.JPG

今年の植え替えは駐車スペースを拡大する為にボケの植え替えをしました。キミジィの頭の中は春のイベントが脳裏にあるのかもしれませんね!この場所も駐車スペースになります。植え込みの中は土が柔いので小石を敷いたり転圧掛けたり車が潜らないよう養生しないといけません!

DSC_0179.JPG


この場所は丘の上から水も流れてくるので排水工事も遣らないと駐車場には成らないかもしれませんね!春までの仕事ですね!

DSC_0177.JPG








続きを読む
posted by キミジィ at 16:38| Comment(0) | 日記

2017年11月21日

久留里1000年の森 秋の植え替え

久留里1000年の森 秋の植え替え作業 

真夏の太陽を独り占めにする。クリの木を大学最後の記念に頑張り屋さんの孫娘と植え替えることにしました。朝から二人で4本のクリの木を移動することにしました。この作業思ったり根が凄くて大変、この日、同級生の友達ご夫婦が森に訪ねてきたので応援団に加わり頑張りました。

この場所は梅の木やボケ桜などが密集した所に栗を植えてしまい森が鬱蒼としてボケや梅の木に光があたらず,花の咲きも悪く気がかりでありました。思わぬ応援団も加わり掘る事が出来ました。来年からは梅にも光が当たりボケや梅の花が綺麗に咲くでしょう。

DSC_0174.JPG



秋の訪れサンゴ紅葉も葉が落ちて、これから寒い冬に合わせて、不思議な枝の色づきです。寒さを増すごとに枝が赤く染まります幹枝の赤色がサンゴ礁のようという意味で、この名前がついていますが、最近はサンゴモミジの愛称でも親しまれていま す。この色は春夏には薄くなりますが、その頃のきれいな緑葉との対照はとても美しいです。四季折々楽しませてくれます。

DSC_0175.JPG

森には唯一桜が咲いております。この桜の花が無くなると森は蝋梅の花が舞います。冬の訪れですね!これから暫くはカンボケの季節に入ります。ボケの植え替えも早くして上げないといけませんね!

DSC_0176.JPG








続きを読む
posted by キミジィ at 12:52| Comment(0) | 日記

2017年11月16日

秋の植え替え最終仕上げ

秋のイベントも終わり植木の植え替え作業が目白押し!
先週駐車スペースを拡大するのにボケの植え込みを整備中断した所を本格的に整備に取り掛かります。山びこコンサート開催まで仕上げる積りでしたが中断しました。今回の車での来場者は80台位の台数で2か所の駐車場は使用しなくて済んだようです。入場者も130〜140人でした。
DSC_0147.JPG
何としても11月までにはボケの植え替えを終わりにしないと他の植木の植え替えが待っているので早く終わりにしたいね!


挿し木で育てたボケが成長したので移動して植え替えをすることにしました。

DSC_0144.JPG

早く作業を切り上げないと春が駆け足で訪れますね!今年はクリの木やアジサイなどこれから移動する植木が沢山あります。

DSC_0149.JPG

続きを読む
posted by キミジィ at 11:42| Comment(0) | 日記

2017年11月15日

チバ二アン

チバ二アンへ見学に行ってきました。

以前市原の地層を調査に行ったが!いよいよゴールドスパイクが打たれるまで秒読みの段階まで来ました。チバニヤン決定したら、こんな事をしていられないね

1499738164795-thumbnail2.jpg

千葉県市原市にある地層が、地球の歴史で約77万〜12万6千年前の時代を代表する標準地に認められる見通しとなった。茨城大学や国立極地研究所などの日本チームとイタリアチームが競っていたが、国際学会の専門部会での投票の結果、日本チームの申請が認められ「ラテン語」で「日本の千葉時代」を意味する「チバニアン」と認定されることが濃厚になった。最終結果は来年に正式に決まります。

DSC_1516-thumbnail2.jpg


 日本の地名が採用されれば初めて。日本チームは2017年6月、市原市の養老川沿いに露出する、地球の磁場(地磁気)が逆転した痕跡を残す「千葉セクション」という地層を申請して居りました。これが正式に決まった後は世界の子供たちは古代の歴史ではチバ二アンと教わるのですね!海外から観光に来た人も見学に来るかもしれませんね!決定したら日本でも千葉の時代が来るかもね!(笑)

DOiMOG8UIAAK6Iz.jpg

これって久留里1000年の森の滝の地層に似てると思いませんか?こちらは長南層で67万年前の地層です。千葉中央博物館の先生が調査してくれました。こちらには逆転層は?滝はここまで来て固い地層に阻まれ滝となりました。こちらの地層も断層がはっきりわかります。こちらはキミ二ヤンと命名しますか?(笑)

19247762_1366482690097500_3719705653352816732_n-thumbnail2.jpg

11日の退職校長会研修での説明で、ここで貝の化石が見つかった事を忘れました。博物館の先生と巌を砕き立ち会った皆さんと一生懸命探しました。

1501326024511-thumbnail2.jpg

1501326024611-thumbnail2.jpg

ブログを見てくださる皆さん久留里1000年の森の滝の地層キミ二アンもチバニヤンも見学に来てください!キミ二アンは乙姫様も降臨する地層ですぞ!!



続きを読む
posted by キミジィ at 14:10| Comment(0) | 日記

2017年11月14日

神宿る久留里1000年の森

秋のイベント開催
         
 一部退職校長会 研修会
10時開演~13時終了
幼子の夢もう一度 森づくり13年の足跡 講師キミジィ



二部 山びこ コンサー ト
14時開演~15時終演
カナリアンズ オカリナ演奏
歌手 藤井彩也加



前日夜中に大風が吹きイベントに準備して置いた椅子やパラソルも風で飛ばされた。夜中に何回も目覚めたが、朝まで雨と風が凄い・・・頭を過ぎるのは春の花のフェスタの開催と同じく雨か?おまけに今回は風も強い!朝8時を過ぎた頃には風だけが吹いている空を見上げると青空が見えてきた!やはり山の神は今回は見捨てませんでした。

退職校長会研修会 キミジィが講師を担当しました。一人で挑戦した、森づくりの体験談を皆様に聞いていただきました。研修の中には、何と君津市で初めて女性で校長先生になられた90歳を迎える先生が園内を散策研修まで、お付き合いいただき、驚く事に杣の木こり道を歩き、滝まで見学して頂きました。途中に先生とご一緒する中で、人は夢を持ち続ける力が必要と教えられました。滝のご案内の中で目を輝かして地層の話を聞いておりました。滝の地層は67万年前の地層で海底120メートル地底に皆さんが立っているのです。話題の千葉二アンに滝の地層が似ている話もさせて貰いました。冗談話で!ここは竜宮なんです此処から帰ると10歳は若返りますとお話しすると大喜びしてくれました。先生方もロマンがあって楽しい研修だったと喜んでいただきました。

DSC_0166.JPG


午後の二部   山びこコンサート

心配された雨も吹っ飛び、青空の下で開催できました。参加くださいました、お客様は椅子の数から想定すると140人位と思われます。

1510389262251.jpg

a0207593_23242058.jpg






オカリナ演奏も素晴らしい来場アンケートの中にも、野外のオカリナは心にしみるとありますが素晴らしい演奏が聴けました。ありがとうございました。

1510389383251.jpg





藤井さんの歌声はマイクを放し歌う〜野外で木々の小枝を震わせる歌声は素晴らしかったです
a0207593_23282990.jpg

山びこコンサート開催に当たり準備段階から菜の花始め多くのボランテヤの皆様には大変お世話になりました。

特に前日の朝からコンサートに向け準備くださった皆さま、力強い応援をいただき助かりました。前日から駐車場の整備や当日は
朝から交通整理の対応くださった皆様、一日中ありがとうございました。お陰様で無事にコンサートを終了する事ができ感謝申し上げます。


今回のコンサートでも大変お世話いただいた!古民家ライブハウスをお持ちのオ―ナーお友達です。
リンとヒメの散歩道 山びこコンサートブログ見てください。



posted by キミジィ at 14:27| Comment(0) | 日記

2017年11月07日

山びこコンサートに合わせ、駐車場完成

山びこコンサートに備え駐車場完成しました。高台から蝶舞谷が一望できる場所に作りました。方面には10月まで菜の花を蒔いた直ぐ上です。春には菜の花が一面に見える場所になるでしょう。

DSC_0141.JPG

ボケの生け垣を他に移して広場を確保、駐車場づくりは路盤改良工事から始めました植え木場の所は土が柔いので石を埋めてから砕石を敷きました。細かい石を集め路盤材に使いました。



DSC_0127.JPG
DSC_0125.JPG

何回も踏みしめ雨降りでも車が潜る心配はないでしょう!何とか山びこコンサートに間に合いました。これで森には5か所の駐車場づくりが出来て駐車台数は合計150台になりました。

DSC_0131.JPG


DSC_0133.JPG


posted by キミジィ at 11:12| Comment(0) | 日記

2017年11月01日

久留里1000年の森 主催 山びこコンーサート開催

久留里1000年の森 秋のイベント11月11日開催
開催 第一部 山小屋、9時30分 退職校長会主催研修会 12:40閉会
  
秋の集い 山びこコンーサート 久留里1000年の森主催
   第二部       13:30開演           15時 閉会

春の花の舞フェスタに続き 第二回を開催いたします。
春のイベントでは雨の中、駐車場の関係で皆様には多大なご迷惑をおかけしました。前回は周辺駐車場をお借りしましたが、今回は、森の中に新たに駐車スペースを拡張する事が出来ましたが、新たな駐車場の工事の関係上、乗り合わせて御参加下されば幸いであります。


秋の開催に当たり瑠璃の丘の第二駐車場の拡張工事に続き 今回は第三駐車場づくりを整備しております。秋に間に合うか工事は進んでおります。

DSC_0113.JPG


この季節しか植え替え出来ないボケなんです。10月~11月頃の植え替えでないとボケは根にガン球根が出来枯れてしまいます。そうした事で、この時期しか移動できません!本来なら真夏の乾燥時期に土を移動すれば良いのですが!果たして この時期に駐車場として地盤が固まるか心配です!植木が主役ですからね!

DSC_0117.JPG


真夏に移動出来れば道の雑草退治も一石二鳥で整備できるが植木の事を思うと仕方ないですね
雨で路盤がまだ固まっておりません、ここの駐車場はコンサートに使えるか気にかかります。

DSC_0114.JPG

春とは違い花がないので生垣の周囲何処でも止められるので今回は良しとしましょう!
第四駐車場です。ここも少し広げました。この先の幻想桜広場が第5駐車場です。

DSC_0121.JPG

posted by キミジィ at 11:45| Comment(0) | 日記

2017年10月31日

原始時代再現

台風で杉が倒れ電線が切れて水や明かりが着かない原始の世界に!気を直してよく見ると桜と梅が倒れた杉の被害を受けている桜は半分の枝が裂け、梅も肝心な枝が折れてしまった。思えば13年も育った木々が犠牲になりました。電気屋さんが直ぐにこれないので発電機を使い電気鋸で倒れた杉や桜など半日係で整理しました。

DSC_0106.JPG


春には山小屋から一番眼につく桜の枝がボッキリ折れてしまいました。これまでも何本の桜が杉の犠牲になったか?残念でたまりません!

DSC_0108.JPG


毎年台風が来ると杉が倒れます!お隣の聖地公園の杉も道路に倒れたようです、桜に被害がないことを祈ります。この地域の杉は山武杉と言って挿し木で育て、建物などの足場丸太に活用されました。現在では丸太から鉄のパイプに代わり丸太の需要は無くなりました。挿し木の杉の寿命は40年で腐敗すると言われます。木材としても価値がないと言われます。現代ではスギ花粉が発生するし森は荒れ放題です。何か妙案があると良いですね!森林火力発電所などが活躍する時代が将来、訪れるかも知れませんね!

DSC_0107.JPG
posted by キミジィ at 12:38| Comment(0) | 日記

2017年10月24日

台風一過の青空

天高く馬肥える秋 台風一過で雲一つ無い、青空清々しいですね!先週までの冷たい雨と長雨に体調を崩してしまいました。腰と足が痛くて家に帰り鍼灸治療を受けたが一向に完治しない?どうやら体の芯に熱が在るようである。内科の医師に薬を貰い熱が下がると不思議なように節々や腰の痛みも消えて無くなりました。風邪と疲労でした。

DSC_0105.JPG


台風被害が森にも起きた様です。皆さんから見回りしてくれて発生状況がわかりました。どうやら杉の木が倒れ桜の根元から桜が折れる被害が発生したようです。山小屋には被害が起きません!週末には森に出かけます。体調はスッカリ元気を取り戻しました。頑張りますよ!!

11月11日13時スタート
やまびこコンサートまでには森全体の整備を完了しますよ!



posted by キミジィ at 14:11| Comment(0) | 日記

2017年10月19日

森の雨も冷たい

突然、森に冬が遣ってきました。

朝から冷たい雨が、河童を身に纏い植木の植え替えで汗をかいたり、冷たい雨に打たれ寒気がしたり、翌朝はどうやら体調が良くない、朝起きると体がだるくて足腰が痛い、どうやら体の芯に熱があるようだ、表は雨が降って止む気配はありません菜の花の種が少々残っていたので河童を着こみ残りの種まき完了し、山小屋を掃除し、お誘い頂いた、町の上総公民館の文化祭に森づくりしてから初めて公民館にお邪魔しました。公民館に入ると森に見学に来てくれた館長さん事務員さんと、お会いしたり、森のご近所さんや、みの会の親しくお付き合いする、皆様や別荘にお住いの方や久留里1000年の森に訪ねて来て下さった多くの皆さんから声をかけれ驚きでした。思えば森作りに掛かって13年の年月が経つが、自分でも気が付かない内に多くの、皆さんと知り合いになっていた事に気づき驚の一日でした。

大工さんご夫婦が懸命に力を合わせ草刈機で傾斜地を整備してくれた場所に菜の花を5キロ蒔いてみました。イノシシが後から俺の縄張りに変な事をするなと荒らされましたが!菜の花に頑張って育って貰いたいですね!来春森に花見のみなさん楽しみにしてください!

DSC_0090.JPG

上総公民館、文化祭で特に驚いたのは、久留里1000年の森、山小屋づくりや森の難関、草刈り作業など応援くださっている大工さんがマイク片手に演歌を唄い会場の皆様から大喝采を受けていました。ビックリ、さらに驚いたのは、仕替えの席に呼ばれ座ったら、みなさん何処かでお目にかかった人ばかり!春の花見に1000年の森に来た久留里のカラオケ同好会の皆様が歌の披露をしておりました。皆さんに大歓待を受けました。中には久留里荘で賄いでお世話になつた叔母ちゃんやバスの運転手さんに声を掛けられたり、帰りには、お見上げまでいただきました。楽しい一日を過ごしました。





DSC_0098.JPG




posted by キミジィ at 13:11| Comment(0) | 日記

2017年10月18日

朝から冷たい雨が降って来た

今年一番の寒い朝 朝から種蒔き作業,先週蒔いた菜の花の種がイノシシによる被害で、グチャグチャにされてしまってる!イノシシは人の作る物は何でも食べられると思っている様である、しかも一か所ではなく傾斜地の方面の全体を荒らします。ニックキ、イノシシ

DSC_0082.JPG


今年は菜の花の種を五キロ程蒔いてみました。これほどイノシシに荒らされとは残念です。上から眺めて土が見えている所が被害が出ています。其れにもめげずに、雨の中種を蒔いてきました。いくらイノシシでも全部は荒らさないでしょう!負けないよ

DSC_0081.JPG


午後から秋の山びこコンサートに合わせて新たに駐車場づくりです。ボケの苗木を植えかと共に路盤整備をする事にしました。雨の中グチャグチャ状態になり夕方まで挑戦しました。

DSC_0077.JPG


駐車場づくり全体では300台を停める駐車場を目指しておりますが、現在では200台が良いとろですね!田舎生活では一人に一台の車社会です。イベントには車置き場が者を言います。

DSC_0079.JPG

posted by キミジィ at 14:07| Comment(0) | 日記

2017年10月13日

秋のイベントに合わせて駐車場整備

瑠璃丘 駐車場整備に合わせ丘に上がる道路の整備、ここにも大雨の後の被害がありました。丘から流れ出る大水で道路が凸凹状態でした。

DSC_0023.JPG


丘から流れる大水で通路がガタガタになってしまいました。丘も崩れる被害が出ましたが応急処置で何とか通行可能になりました。



DSC_0021.JPG


丘の上から流れ出る水は排水溝に流れるので、ここから下の駐車場への被害はありません丘から排水路を少し考える必要がありますね!

DSC_0022.JPG
  
池を埋めて出来た駐車場は排水路の設計が旨くいき大雨が降っても被害がなく完璧です。
DSC_0024.JPG

排水工事をする前には駐車場は丘から流れ出る水で大変な事になっていました。

DSC_0282.JPG


駐車場づくり排す管を埋める途中です。雨が降ると、こんな状態になり、この水は池の中に流れ落ちておりました。池を無くし排す路ができる前に撮影しました。16・11・11
上に映した駐車場と同じ場所です。
DSC_0279.JPG


DSC_0260.JPG





posted by キミジィ at 10:45| Comment(0) | 日記

2017年10月12日

紅葉の季節がやってきました。

夕方、シカの鳴き声が聞こえる季節がやってきました。森も朝晩は寒さが一段と厳しくなり早くも、サンゴ紅葉の葉が黄色く色好き始まりました。

DSC_0039.JPG


サンゴ紅葉は枝が珊瑚のように赤く色ずく事から名が付いたようです。
山モミジが色ずく頃には枝だけが赤く色づきます。

DSC_0071.JPG


毎年10月に咲く桜ですが10月桜と思っていましたが?花弁が八重ですから少し違うようです。冬桜の種類でしょうね!ご存知の方教えてください!毎回咲く度に八重が大きくなります。

DSC_0036.JPG


先週大雨が2回続き道路 に大きな溝が出来、車の走行にも障害を来すので溝を埋めて整備しました。秋の山びこコンサートに合わせ道路整備や駐車場拡張工事を進めて行きます。

DSC_0008.JPG


山吹回廊を整備しております。山吹の上にドングリが生るクヌギやナラノキの樹木があるので道路がイノシシが道路に落ちたドングリを掘って食べるので道が荒らされます。

DSC_0006.JPG


山吹回廊入り口から幻想桜広場を整備して蝶舞谷までの道を整備しました。しばらく大雨が降らないことを期待します。

DSC_0013.JPG

posted by キミジィ at 14:54| Comment(0) | 日記

2017年10月11日

春に備え森は大忙し

春に備え菜の花の種巻き、方面の草刈り、植木場の草取り、通路の草退治、植木の剪定、最近は森づくりより、管理に手間がかかります。


先週撒いた菜の花が芽が出てきました。

DSC_0056.JPG


方面に所々、菜の花の種を蒔きました。春が楽しみですね?全体が黄色く輝くのは何時になるか!花が咲き種が落ち、菜の花が増える!楽しみですね!

DSC_0066.JPG

今日は草刈り機に挑戦 昨年、蓑会の皆さんが撒いてくれた、菜の花が種を落として芽が出たか、草刈して探すが、残念です、菜の花の芽は皆無でした。土手の近くに咲いた菜の花の芽が大きく育っていました。沢山蒔た、菜の花は見つける事が出来ませんでした。残念です!!メーさん

DSC_0047.JPG
DSC_0052.JPG


菜の花の種を傾斜地で、せいだか泡立ち草の根やカヤの根を除きながら、種まきは大変な作業ですが、頑張って種まき挑戦しました。

DSC_0067.JPG


posted by キミジィ at 12:06| Comment(0) | 日記

2017年10月04日

 森のイノシシも肥える秋が遣って来ました。

待ちに待ったイノシシの餌ドングリの実が沢山、落ちて来ました。道路の中に落ちたドングリは食べやすいが、山吹の植込みの中に落ちたドングリをイノシシが餌にするので荒らされて被害が出ます。菜の花の会の皆さんが手入れをした所が心配ですね!

DSC_1801.JPG


真夏に菜の花の皆さんが参加してくれて山吹の植え込みを整備してくださいましたが、この付近は毎年イノシシがドングリを求めて土手を穿り返すので心配です。今年も暫く目をはせません

1500543703214.jpg



今年はまだイノシシがドングリを求めて来ていません、今年はイノシシを20頭以上捕獲したので被害は少なくなるか?皆さんで植え付けた上にはクヌギやナラノ木が生息しているので実が山吹の植木場に落ちるのでどうなりますか?

1500543731320.jpg

posted by キミジィ at 10:57| Comment(0) | 日記

2017年10月03日

秋の植え替えシーズン到来

森の鉄人さんが丹精込めて3年前に挿し木で育てた酔芙蓉が見事に花開きました。秋には植え替えする計画です。朝見ると真っ白い花で夕方にはピンク色に変わる不思議な花です。方面に植え替える準備をしないといけませんね!植え替えの後は切った枝を挿し木してくれるようです。芙蓉は成長が早いのでキミジィも鉄人さんもまだ生きている内に楽しめそうです(笑)

DSC_1857.JPG


来週菜の花の最後の種まきを企画しております。先週巻いた菜の花の芽が早くも芽吹いていました。来春が楽しみですね!少しずつ森も変化してゆきます楽しみにしてください!!

DSC_1834.JPG


富弘美術館を囲む会千葉県支部、菜の花 渡辺支部長さん,
菜の花の種まきを応援いただきました。春が楽しみですね!前にまいた種は芽を吹いておりました。種が少ないので新たに購入してもう少し範囲を広めて撒く計画です。方面をできる限り黄色く彩るように頑張ります。皆さん応援よろしくお願いします。

IMG_20170924_111327.jpg


10月までには種まき完了したいですね!雑草の根がはびこり凄いので果たして花が咲くまで育ってくれるか心配ですが菜の花の生命力に期待し頑張って貰いたいですね!黄色い花は運気を上げるそうです。森に来たら宝くじが当たるかも知れませんよ?

DSC_1803.JPG







posted by キミジィ at 10:59| Comment(0) | 日記

2017年09月28日

久留里の五輪塔

房総の歴史発見
友達に誘われ円覚寺にて、千葉県一の五輪塔にお目にかかりました。そこは土屋氏のお墓でした。土屋氏は平家の一族で鎌倉時代を築いた名族、相模国大住郡土屋(神奈川県平塚市土屋)から起こり、源頼朝に仕えた土屋三郎宗遠 兄弟の土肥氏・親族の三浦氏などと千葉氏を援軍につけ、鎌倉幕府を樹立しております。 室町時代、戦国期に入り足利鎌倉公方(後の古河公方)の命を受けて、武田信長は子供の信高(母は土屋影遠の妹)土屋景遠らが上総に入り 安房は里見義実が侵略する!里見氏の(妻は武田から迎える)この時代は武田信長の親族関係で房総へ渡ったようです。

DSC_1877.JPG


久留里1000年の森歴史シリーズもブログに書いてあります。お時間許す時に読んでください!久留里1000年の森周辺の古代からの歴史を書いて見ました。

戦国時代の武田信長・土屋影遠 時間がある時に読んでください
土屋忠直の父親は!土屋昌恒は金丸虎義の子供が養子となり天目山の戦いでは片手戦に切りで有名でありますが、この時代の土屋氏の名族の系図は武田信長に従い上総に渡った土屋影遠の子供(勝遠)が幼少の頃に甲斐に預けられ後に勝遠は甲斐武田氏の武田信昌の娘を娶り、子の土屋信遠は甲斐武田氏に仕えた。信遠の子、土屋昌遠は駿河国は武田信虎と移り住んで武田家中を離れる。この土屋氏の系図が久留里城主土屋忠直に繋がります。平塚の土屋氏は房総半島には縁が深いですね!
お隣のお寺円如寺、開創1395年(応永2年)と伝えられる真言宗智山派の寺院
    江戸時代には久留里城主黒田公の祈願寺でした。
萩祭り久留里1000年の森も最盛期ですが、お寺のハギは素晴らしい

DSC_1869.JPG
おじいちゃん三人で花見です!中々整備が行き届いております。これだけ整備するの大変でしょうね!花より雑草退治が気になります。

DSC_1867.JPG
蓮の花が咲いたら綺麗でしょうね!木道がシッカリしております。池の両脇に萩の花が見事に満開に咲いております。

DSC_1866.JPG
見事でしたお寺の檀家さんが綺麗にしているのでしょうね!すでにヒガンバナは姿を消しておりましたが萩の花は見事でした。見学するのは簡単ですが、これを維持するのは大変ですね!いろいろな樹木も手入れされて綺麗に整備がしてありました。賽銭箱にお札を入れない行けませんね!ありがとうございました。

DSC_1872.JPG




posted by キミジィ at 10:47| Comment(0) | 日記

2017年09月27日

久留里1000年の森 排水がストライキ

丘の上の排水路、泥の詰まりを直したら!今度は谷の下の排水が詰まり大変な事になりました。種蒔きを中断して排水路の泥を除去する作業です。これって大変な土方作業です。老骨に鞭を撃ち ヘバヘバになりながら夕方遅くまで戦いました。

DSC_1836.JPG

丘の下の広場が水浸し完全に水路が泥で塞がり大きな池状態でした水路の泥を取り除き水は流れ整備は完了しました。丘の上の泥が下に流れ排水溝が詰まりました。これって犯人はイノシシなんです。

DSC_1846.JPG


酔芙蓉のある場所が荒らされ水路が詰まり、先週、排水路の泥が下に流れて掃除できたと思っていましたが土砂が下に流れて、今度は下の排水を詰まらしてしまいました。これって年間で二回くらいは同じことを繰り返しております。

DSC_1840.JPG

イノシシはミミズを求めて母親がウリ坊を連れてミミズを捕獲する技を子供に教えます。雨の後は地面の土が掘りやすいので泥んこ状態になります。そうした泥が側溝の中に流れ込み土で流れが悪くなります。この時期はイノシシも子育てに賢明なんですね!ハギが咲く岡の上から酔芙蓉の手前に側溝があります。毎回この辺りが泥が詰まり土砂が下の方に流れて行くところです。
草退治が終われば次の災難が待ち構えております!オイラ負けないよ!(笑) 

DSC_1848.JPG




posted by キミジィ at 16:20| Comment(0) | 日記

2017年09月26日

秋の彼岸を迎え本格的に菜の花の種まき

久留里1000年の森 蝶舞谷からの傾斜地に菜の花の種まき作業が始まります。傾斜地に一人で挑戦、足元が滑り作業は厳しいが、春の花咲く季節を脳裏に刻み黙々と種の植え付けをしました。時折足元がよろけながら懸命に作業しました。

DSC_1821.JPGDSC_1817.JPG


種を土と混ぜて蒔くことにしました、気がかりは雑草の根がはびこり、果たして種が芽吹いてくれるか心配ですが、天に任せて蒔くことにしました。溝を作り種をまき埋める作業です

DSC_1827.JPGDSC_1819.JPG


来週も種まき続きするが、斜面が広いので蒔いた場所が何処か解らなくなります。撒いたところに目印をつければ良かったですね!(笑)春が待ちどうしくなりました。

IMG_20170924_111327.jpg
















posted by キミジィ at 14:23| Comment(0) | 日記

2017年09月22日

久留里1000年の森 配水本管、清掃作業

石積みする前は大雨が降った後は清掃しないと排水管付近の枯れ葉や泥が排水溝を埋め尽くし、毎回の掃除は大変でした。現在では年に二回の清掃活動で済む様になりました。


雑草に覆われ排水溝が何処にあるかわかりません先ずは草刈りから始めます。表の市道の掃除も一緒に行います。これて大変な作業なんです。
清掃前の雑草を刈り取る前は草木に覆われ排水溝見えません、表の市道側も雑草でジャングル状態です。

DSC_1799.JPG


市道側も雑草退治をしないと枯れ葉が排水溝に入るので市道側も一緒に草刈り作業をします。この場所は他方向から山に降った雨水や杉の枯れ枝などが流れ込む、以前は、ここが谷で久留里1000年の森の中に流れ込んでいました。この道は荒れ果てておりますが市道です。タケノコ狩りや山菜シーズンは、この道を使って森の奥に行く人がおります。昔はこの道は通学路だったようです。今はイノシシが通う道です。

DSC_1789.JPG



昔は学校の通学路に使われたようです。10年前に、この道を使い奥の部落の人が自転車で久留里の町まで買い物に行った帰りに、おじいちゃんが寄ってくれて、地域の昔話を聞かせてくれました。雑草がボウボウでしたが半日掛けて市道のボランテヤ、清掃作業をしました。

DSC_1788.JPG


山小屋に降った雨水も通路に降った雨水も配管を伝わり、この場所に流れ込みます。
大きな石で排水溝を囲い排水路を確保しております。以前は仮設作りの排す路でしたから中に泥が入り大変でした。現在は雑草を取り除くと綺麗に中は管理されております。
DSC_1794.JPG


時間がある時に少し石の位置を直したいですね!中にある本管もきれいです。以前は雨が降ると池と排水路が心配でしてが今は池が駐車場になった事で水の心配はなくなりました。

DSC_1797.JPG


i以前は雨が降ると排水路はこんな状態でした。上の写真の石の排水溝と同じところです。排水溝は杉の葉で完全に塞がれております。大雨の後はいつも同じ状態です。掃除が大変でした。現在は石で囲んで泥や落ち葉の侵入を防いでおります。
1468618562952.jpg


市道は雨が降ると山の上から流れる泥や落ち葉で凄いことになります。
上の道と同じ所です。道はジャングル状態です。役所は放置してしまっております。益々イノシシの住み家が増えます。
1468618548519.jpg












posted by キミジィ at 12:29| Comment(0) | 日記

2017年09月21日

春の菜の花に備え草刈り本番

秋のお彼岸から、菜の花の季節に備え、蝶舞谷からの傾斜地を草刈りした後に菜の花の種まき作業が待っている。

毎年秋のお彼岸に、春の花見に備え蝶舞谷の谷底から草刈り作業、キミジィこの作業は医師から止められているので、大工さんご夫婦が奮闘して応援してくれております。傾斜がきついので半日体力が持ちません草刈り作業は1か月近く掛かります。キミジィはユンボの草刈りと種まきに専念します。(笑)


DSC_1757.JPG


感謝、大工さん、ご夫婦が大活躍してくれます。キミジィの体を心配して助けてくれます。

DSC_1805.JPG


平らな場所からもう一段下まで傾斜があります。昨年は2か月がかりでした。森の草刈りは木瓜園が4~5回、道路が3回の草刈りが必要になります。これって管理が大変ですね!森づくりは楽しいが!完成して後の管理のほうが大変ですね!バカは死なけれが治らないと言いますがそれって本当ですね!

DSC_1775.JPG


森に来られる皆さん、ご存知ですか山小屋に向かう道にある、黄色い紅葉なんとサンゴ(閣)紅葉でした。冬になるとサンゴのように枝が赤くなるので不思議と思っていましたがサンゴでした。森の中に此の紅葉何本あるか数えてみて下さいね!

モミジは日本に自生し古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られています。
冬寒くなるとその年の枝先が赤くなるものは結構ありますが、
中でも鮮やかに全体が赤く染まるのがこの「サンゴモミジ」です。
正式には「珊瑚閣(さんごかく)」です
1505553395008.jpg
posted by キミジィ at 11:54| Comment(0) | 日記

2017年09月20日

森のお友達、古民家ゲストハウスに歌姫

リンと姫の散歩道でお馴染み古民家ライブにお誘いいただきました。心配された台風も予報が遅れて、心配していた雨も無くご夫婦の暖かい心遣いに感謝と素晴らしい歌を聞くことができました。

藤井 彩也香(ふじいさやか)
舞台俳優、ボイスワーカー。大学卒業後、劇団朋友、劇団四季にて舞台、テレビで俳優として活躍。現在フリー。演劇、ミュージカル、朗読などの舞台活動のほか、現在は、歌を通して、美しさ、幸せ、喜びなどを伝える活動にも力を入れる
TBS「渡る世間は鬼ばかり」木田京子役

1505553389860.jpg

先週はジャズのライブを開き、皆さんをお招きしたそうです。大変ですね!キミジィも以前、お招きいただき森づくりの語り部をさせていただきました。古民家はゲストハウスでお隣にお住まいが別棟であります。冬になるとマキのストーブ、囲炉裏の温もりが最高です。今回もご夫婦の温もりを感じる一日でした。ありがとうございます!!


1505553393388.jpg

帰りがけに藤井彩也香さんに山小屋に出演依頼したところ快諾下さり山小屋で山彦コンサートを開催する運びになりました。日程は11月11日(土曜日)2時の開催を計画しております。

1505553396683.jpg

山小屋、遊心庵で山彦コンサートを開催する運びになりました。どんな集いが出来るか楽しみにしております。皆様も振るって参加してくださいヒメとリの散歩ン道

1505553394430.jpg




posted by キミジィ at 12:27| Comment(0) | 日記

2017年09月14日

幻想桜周辺を整備しました。

幻想桜の周辺を草刈りしました。今年は花の匂いが弱く花びらも7枚が少ないようでした。春に桜に日が当たるように周辺の雑木を何本か切り倒して光が当たる環境にしたので桜の根の周りにも光が当たり雑草もすごい勢いで育ちます。草刈り今年は3回目になります。ここはユンボも除草材も使えません!

この奥に鉄人街道があります。最近、道を使っていないので、春までには道を整備しないといけませんね!

DSC_1688.JPG

今年はユンボで2回目の草刈り、すごい速さで育つので草刈機では間に合いません
谷間でユンボを運ぶ度に道の両端、周辺を草刈しながら機械を運んでゆきます。蝶舞谷まで下るのに一日掛かる時もあります。(笑)

DSC_1691.JPG


この奥に庭木を廃棄していきました、葉や木が枯れるまで年月が掛かります。春に廃棄してから間もないが、火災でも起きると大変です。今回は土を掘って埋める事にしました。これからは持ち込み禁止ですよ!春には見学する人も来るので毎年整備しております。


DSC_1690.JPGDSC_1690.JPGDSC_1704.JPG


桜の周辺も一日がかりで綺麗になりました。庭の広い家の人は苦労がわかるでしょうが、夏場は本当に雑草との戦いは大変です。夏の間、土地を貰ってくれる人いませんか?(笑)
この場所にもベンチが欲しいですね!木陰は谷から吹き渡る冷たい風に癒されます。

DSC_1707.JPG
DSC_1690.JPG
posted by キミジィ at 11:15| Comment(0) | 日記

2017年09月13日

草刈り作業をユンボで挑戦

いよいよ本番、草刈りシーズンが到来、昨年も9月から傾斜地に草を刈りこんだ後に菜の花の種を撒いて花を咲かせたが思い道理に咲かす事が出来ませんでした。今年はその反省に立って種蒔きをする事にします。

DSC_1702.JPG

草刈の後に地面を観察すると菜の花の種が落ちて新芽が伸びていました。

DSC_1714.JPG

DSC_1711.JPG

ユンボで草刈り作業、土手の傾斜地に伸びた雑草を引き抜く、これって難しい作業なんです。抜き取った雑草を使いユンボのバッケットを使い引き抜きます。これって特許かもね!土手が傷つかぬように作業ができます。

DSC_1741.JPG


皆さん草刈り作業を見に来るが不思議な作業を見て驚いております。それと同時に傾斜角度のキツイ所までユンボが上がるので!危ないの連発です!

DSC_1742.JPG

イノシシの檻の付近も今年はユンボで草刈りしました。あまり綺麗に刈り込んでしまったのでイノシシが捕獲できなくなるかもしれません

DSC_1699.JPG




posted by キミジィ at 11:56| Comment(0) | 日記

2017年09月12日

新たに久留里1000年の森で新発見

森に、ご近所さん、メーさん、ご夫婦が滝の付近に咲き出した、玉紫陽花を見学に来てくれました。森は鉄人さんが植えてくれた、酔芙蓉や萩の花が咲きだしましたが、春とは違い花の種類は少なく寂しいと思っておりましたが、メーさんが春に滝までの道造りをしていた時に見かけた玉アジサイを思い出して見学に来てくれました。

DSC_1723.JPG


13年も森づくりをしておりますが、この季節にジャングル状態の滝まで来たのは、初めてで皆さんが春から何回も草刈りしてくれた、お陰で、ここまで来れました。玉アジサイの群生地に生まれ変わっておりました。何故か神秘的な景色に出会いました。

DSC_1728.JPG


この地層は65万年前に深海の堆積した海の中、玉アジサイの蕾が宝石のように光、花を見ていると玉手箱を開いたように見えてきました。竜宮ですか?海底の花園は神秘的な光景が広がっておりました。


DSC_1725.JPG


皆さん何の花と思いますか?リンドウ科の(バアソブ)名前の由来は信州方言でソブとは雀斑で花の斑点がおばさんの顔の雀斑に似ていたので名づけられた様です。因みに(ジィソブ)もあるようです。何方にしても、もう少しハイカラな名前にすればよいのにね!

DSC_1731.JPG




posted by キミジィ at 13:13| Comment(0) | 日記

2017年09月07日

秋の訪れ 虫の鳴き声が変わってきました。

最近聞こえてくる虫の鳴き声が、騒がしい音からなぜか涼やかな鳴き声に変化してきました。いよいよ秋の訪れです。


駐車場広場完成から3回目の雑草退治を終了です、あと一回は草が生えるでしょう!丘の上の駐車場は7月に完成しましたが草は生えてはいません、双方の駐車場も採石が敷かれておりますが!土であれば草刈り作業何回するのでしょうね!昨年、この場所は大きな池を壊し排水路を確保したり砕石を敷きしめたり駐車場づくりに挑戦して居りました。

DSC_1682.JPG


この場所も8月までは人の背丈を超えるような雑草が生えておりましたが、春から3回の草退治で、ここまで来ました。来春も何かイベントしますか?友達には山羊を飼ったらと言われますが住まいは平塚ですから目が届きませんし動物の世話は大変ですかね!

DSC_1680.JPG

昨年、菜の花が沢山咲きました。黄色い色は運気を上げると言われております。蝶舞谷から見上げて土手、全体が菜の花になるよう草刈り始まりました。大工さんご夫婦の応援で始まります。今年は早めに菜の花撒いて観ようと思います。

IMG_20170903_131247.jpg


朝晩は寒くなりました。真夏でも扇風機で過ごしますが、これからは不要になりました。秋の訪れですね!外の虫の鳴き声も淋しくなりました。山小屋の布団も夏掛けから冬掛けに替えました。

DSC_1686.JPG
posted by キミジィ at 11:22| Comment(0) | 日記