2016年11月24日

久留里1000年の森 大池を埋める事ができました。

池の水をポンプで汲出し、排水路に水を流して、埋め立てる計画で平塚からポンプを持ち込み配線を繋いだが作動しないので、お手上げです。付近のホームセンターで急遽ポンプを購入して再度、挑戦しました。池の水を取り除かないと、埋め立てができません、バタバタしたが何とか水をくみ出し、軽ダンプで土を運びやっと池が埋まりました。


DSC_0303.JPG

ポンコツ軽ダンプですが、四駆なので悪路を平気で運搬してくれました。ユンボに乗ったりダンプに乗ったりしながら半日かかって池を埋めました。

DSC_0299.JPG


何年掛かったか?今まで造ったボケの植え込みや池を埋め戻して整理しました。丘にはメーさん始め、みの会の人が菜の花の種を撒いてくれました。丘の斜面にはクヌギやアジサイを埋め込みました。この辺りは丘の上に降った雨が流れ混んで普段でも地面がグチャクチャ状態です。今回は根本的に路盤や排水経路をやり直す計画です。

DSC_0348.JPG

花の咲く時期には車寄を完成したいですね!花見に来る人は車で来るので広場が欲しいです。娘の家のワンちゃんも喜ぶでしょう!ドックランにも使えますね!


DSC_0344.JPG

2016年11月23日

富弘美術館を囲む会の皆さんが 山吹回廊の延伸を手伝っていただきました。感謝の一日でした。

富弘美術館を囲む会の菜の花、皆さんが朝から山吹の植え替えに参加してくれました。応援隊は支部長始め20名が参加くださいました。小さな、お子さんも小さなスコップ片手に頑張ってくれました。子供がいると和みますね!!花の季節のお花見には来てもらいたいですね!

DSC_0323.JPG


山小屋から幻想桜付近まで500メーター以上の坂道に山吹を移植しました、ワイワイガヤガヤ楽しそうに植え付けております。昼までに幻想桜まで植え込み到達、やはり人数が多いので早いですね!天候にも恵まれ素晴らしい日になりました。

DSC_0326.JPG

昼は楽しい芋煮会です。今回の炊き込みご飯は音楽ホールのオーナーさんが釜戸で炊き込みご飯を炊いて、森まで持ち込んでくれました。皆さん美味しいの連発でした。今回は野菜や果物、漬物など皆さんが持ち込んでくれました。語り部仲間のエリーさんからも差し入れ頂ました。皆様に感謝の一日でした。

DSC_0339.JPG

皆様には花の季節にお花見にも是非参加していただきたいですね!来年は山吹が咲いてくれますか?楽しみですね!山吹は2〜3年は雑草の下刈りが必要ですが三年もすると雑草にも負けずに見事に咲いてくれます。楽しみにしてください。

DSC_0341.JPG

花より団子皆さん楽しんでいただきました。今回はキミジィの段取りが悪く皆様には大変迷惑をおかけしました。これに懲りずに先のイベントにもご参加くださいね!花の咲く季節が楽しみですね!今年はみの会の皆様に協力頂き菜の花を瑠璃の丘全体に種を撒きました。花の時期は解りませんが楽しみにしてください。


DSC_0336.JPG

2016年11月15日

森の池を無くして大雨の被害が起きました。


9月の久留里NPOかずさの語りべのアンケートを拝見していたらブログのお友達がご夫婦で来てくれていました。お顔を拝見していないので挨拶も出来ず失礼してしまいました。久留里で何やら古民家を改装して居るとの話で何回か足を運びましたが、残念だが未だに分かりません。森に向かう度にユンボの軽油を雨城橋を渡り、久留里の町まで買いに行くが分かりません!藤沢から森に通っていると聞いて一度はお逢いしたいと思っております。ブログみたらコメント下さいますようお願いします。語り部の参加ありがとうございました。



雨が降る朝に森に到着し森を見回ると大変な事が起きていました。森の中の庭園も大雨が降っても水の流も順調でありましたが、池を無くした事で水路が狭まり大雨が降った様で、丘から流れる出る大水が溢れ返りました。新たに水路を作らないと大変です。

DSC_0252.JPG

丘から流れる水は従来は池の中に流れていましたが池を無くした事で大水になったようです!丘の水は別系統で排水路を作らなければ行けなくなりました。計画変更です。

DSC_0240.JPG

池を埋める前に池に水が溜り埋め立てが出来ない状態です。次回の作業は、発電機と水中ポンプが必要になりました。まずは池を埋める事が先決です!早く埋めてしまわないと丘からの別回路の排水工事ができません!

DSC_0268.JPG

やはり大雨は危険ですね山小屋方面から流れる水は計画道理に溜枡に水が掃ける感じになっております。それにしても凄い雨のようです。山の雨は凄いですね!

DSC_0258.JPG

2016年11月08日

久留里1000年の森 池の周囲の整備

一人で森づくりしてから12年経過したが、振り返ってみると池づくりの様に完成してから壊したり樹木を植え替えたり、思い付きだけで森に絵を描いて来たので無駄が多くありました。それでも立ち止まらず、少しづづではありますが、森づくり進めてきました。何しろ森をキャンバス代わりに絵を描いているので修正は大変なんです。(笑)

DSC_0220.JPG

今回の池を壊して池から大きな石を取り出し移動するのに一苦労しました。以前池を作った時は大型のユンボが会ったので容易に石が動いたが今回使用しているユンボは小型なので苦労しております。池に囲んであった大きな石は50個ほどありました。石は移動して植木の生け垣や丘の土留めに利用しました。


DSC_0206.JPG

最後に残った石は地面に張り付き動きませんチビユンボでは無理かも知れませんね!何とかしたいが取り出すときは雨が降っていたので石が地面の上を滑り動いてくれたのですが、今回は頑として動きません!何トン有りますかね!重い


DSC_0222.JPG

2016年11月07日

久留里1000年の森 車寄せ広場づくり

久留里の森 黄色モミジの枝が赤く色づきはじめました。黄色モミジが散り始めると森の紅葉も赤く紅葉が始まります。もう少しで冬の訪れですね!


DSC_0211.JPG

DSC_0212.JPG


黄色紅葉も花がない季節は存在感があります。森で一番先に咲く蠟梅や寒ボケもそろそろ咲き出すと思います。左側のモミジが散った後には蝋梅が所狭しと咲いてくれます。

DSC_0226.JPG

池を取り壊して車寄広場を整備しておりますがボケ庭園の排水は一度池に流し込んでいたので排水管の埋め込みや池に自然に流れ込んでいた排水路の確保など水回りをどう作り替えるか?試行錯誤しております。




DSC_0213.JPG

最近では久留里1000年の森も秘密基地では無なって来たので、花の季節を想定して車寄せを完備しております。今回の車寄せ所は四か所あるので車が多く来ても心配ありません!(笑)今度の車寄せは100台近く止まれるでしょう!

DSC_0216.JPG

2016年11月02日

久留里1000年の森 いよいよ秋色の季節

久留里の森も寒さが深まります。黄色モミジが紅葉が始まりました。

DSC_0197.JPG

ハクサンボクも赤い実を付ける季節となりました。別名は「山照らし」とも言われ 葉がキラキラ輝き山を照らすところから、名付けられた様です。花は6月頃に白い花がアジサイによく似た花をつけます。此れが中々きれいです。

DSC_0199.JPG

花のない季節に咲く10月桜、植えた当時は5本植えたが苗をイノシシが荒らし今では一本しかありません5本位一度に咲いてくれたら綺麗だったでしょうね!残念です!(笑)

DSC_0195.JPG

知り合いの方に黄色モミジとハクサンボクをお分けしたら、お店に飾られた写真が送られてきました。お客様に鑑賞していただき木々も喜んでいるでしょう!綺麗ですね!!

1477972197844.jpg

黄色紅葉は寒さが深まると枝が紅く変身します。之もきれいです。


1477972163604.jpg