2015年12月26日

久留里1000年の森 蝋梅とボケの花

今年の植え替えは、ボケの植木場からボケと蝋梅をより分けて、植え替える事にしました。

植え替える前は蝋梅とボケが混在して植えてました。以前は植え木場が通路より下がっていたので水捌けが悪く蝋梅が根腐れまで起こす始末でした。今は土盛りと土壌改良を改良して、ボケだけになりました。


DSC_0088.JPG

久留里1000年の森は正門と裏門がありますが,蝋梅は裏門付近にまとめて植えました。この蝋梅は伊勢原の苗場で育て森に嫁入りしました。蝋梅は3種類、満月蝋梅、和蝋梅、森の蝋梅は素心蝋梅で実生からあきらめない精神で10年間掛けて育てました。


DSC_0091.JPG



蝋梅はお隣中国では花や蕾からは蝋梅油がとれ、中国では水虫薬などの原料にも使われています。
強い抗菌・抗炎症作用や皮膚の再生作用などの効能があるようです。効能:せき、解熱剤、火傷


DSC_0090.JPG





蝋梅の育て方を披露します。
タネまきは10月頃に果実ができるので、その中のタネを取りだしてすぐまきます。
秋にまくと、年内には発芽します。 苗は寒さに弱いので、霜や風の当たらない場所で育てます。
生長は早く2年くらいで30センチ位の大きさに育て鉢を大きめの鉢に植え替えて5〜6年育て森に移しました。分かり辛いでしょうが此処に寄せ植えで20本以上植えてあります。今年は素晴らしい香りを森に放つでしょうね!みなさん!!香を聞きに来てくださいね!!(笑)

DSC_0093.JPG





育てる土は、用土:赤玉土 7:富士砂 3(桐生砂などでもよい)に全体の2〜3割のバーミキュライトを混入すれば理想の植え土となります。種を巻き、たっぷり水を与えたら、1〜2週間は直接風の当らない明るい所に置き、 以後は直接日光に当ててください。「表土が乾いたら、水をたっぷり」が大切です。その後は水やりに専念しました。(笑)



DSC_0099.JPG

2015年12月24日

森に悪戯するイノシシが檻に捕獲しました。


森でイノシシが捕獲されました。

森に植えた様々な苗木の成長過程で根を穿られて、苗木が何本枯れてしまっだろう、犯罪者は森の住民、イノシシやシカ、被害である伊勢原で挿し木で育てた、アジサイやボケ、ヤマブキなどの根をほじくり返し根が枯れる、毎年被害が多く発生、頭を抱える様になりました。そんな折に森の支援隊からイノシシの檻を置くことを提案され置く事にした。

檻を設置してから毎回森に行くたびに、サツマイモ、ジャガイモ、ニンジン 米ぬかなど与え、二か月近くなってイノシシが檻に忘れた頃に入りました。何とこのイノシシ、人に慣れてる様です。そばに近づくと尾っぽを振っているではないか?人なれたイノシシです。猟師が処分に来てまるで森で、飼っていたようだね、だってよ(笑)

DSC_0015.JPG

いいよ森にはイノシシのエサが不足したのであろう?付近のタケノコが芽を出すまでは森の中を荒らしまわるでしょう!あまり飛び回るとおなか空いて檻の餌食になりますぞ!!

DSC_0017.JPG

山小屋山吹山荘の床貼したが、残りのタイルが不足して中断、建物づくりは、約一年かかりました。森づくり仲間に支えられて完成しました。基礎工事から水回りまで飽きずに闘いましたよ!


DSC_0083.JPG

森づくり来年どこから工事が始まるか楽しみにしてくださいね!!

DSC_0097.JPG

2015年12月16日

久留里の森に大谷石が届きました。

平塚から森に大谷石が届きました。大谷石は耐熱性に優れているので、バーベキュー釜やピザ釜づくりに挑戦します。割れないように慎重に降ろしました。

DSC_1762.JPG

沢山あるので、野外の椅子やテーブルにも挑戦します。


DSC_1761.JPG

今年の森の紅葉です。寒さが厳しくなったて、赤く彩りました。もうすぐ寒い寒い、冬が訪れまね!

cached-1184357211.png

寒ボケと紅葉です。寒ボケはこの時期から咲き出し4月の初旬まで花が見られます。これからは蝋梅、梅、ユキヤナギ、早咲きの桜、桃、などと一緒に咲いてくれます。

1449675854189.jpg

1449675849148.jpg


今年の紅葉は例年とは違い色好きが綺麗でした。1449675860024.jpg

ピンクのボケに紅葉です

cached-274456193.png

2015年12月15日

久留里1000年の森 植え替えシーズン

放春花(ボケ)庭園の植え替えシーズンが来ました。以前から植木場に土が少なく雨が降ると水は吐けが悪くいずれ土壌改良してボケを植え替える事を考えていました。ボケは寒さや暑さにも強く少々土壌が悪くても育つが、植え替えには注意が必要です!夏場に植え変えなどしたら、根の先に癌根が発生します。そうした事もあり、気温が低い時に植え替える必要があるのです。


DSC_1694.JPG

DSC_1765.JPG

今回の作業は梅やボケの本数が多くて鉄人さん大変な作業になりました。まずは土壌改良です。そのあとに植替え作業です。お互いポンコツに鞭打って戦いましたよ!!


DSC_1752.JPG


二日間かけ土壌の改良に使った土は瑠璃の丘から運び二トン車で30台以上の土でした。これに寄り雨が降った後も水はけは良いでしょう!

DSC_1756.JPG

2015年12月05日

久留里1000年の森のお隣さん

久留里1000年の森は何処にありますかと尋ねられるが?

森づくり始めた頃は久留里荘に泊めていただき森づくりをしておりました。ここは千葉県の老人保養施設で安価で過ごしやすく連泊時には部屋も自由に使えて、昼には森から帰り一風呂浴びて昼食ができ、おまけに昼寝もできる環境でした。そんな宿が閉館です。宿に泊まる人々もキミジィが少しずつ森づくり、進むのが、楽しみで泊りがけで応援に来た人もおりました。特に夕飯のひと時は大広間で会話を交わし舞台ではカラオケや皆さんが普段練習した踊りの披露など、キミジィが歌など歌うとおじいちゃん、おばちゃんから大喝采をいただきました。「歌は必ず裕ちゃん」です(笑)何年も森づくりの足場にしていた宿が閉鎖になり途方にくれていましたが、友達の紹介で久留里の街中の旅館に泊めていただき、森づくりは再開し増したが、旅館のお風呂が沸かし湯で小さなお風呂だった事も有り次の宿探しになりました。観光旅行ではあるまいし我慢せればよいのに森から車で20分掛かる亀山に温泉宿が見つかりお世話なりました。宿の値段は2倍は違ったがさすがに観光地お風呂露天風呂もあり食事もビック待遇を毎日食事のおかずも代わり、文句なしなんだがキミジィ泊まるのは不定期で突然連泊を希望したり旅館では昼間食事だけで泊はお断りしたりしたりでキミジィの希望にかなわず、最後は亀山温泉ホテルに宿が決まりました。ホテルでは食事を特別に調理していただいたり、泊り客が一人でも泊めていただき,わがままにお世話になりました。

< span style="font-size:large;">亀山温泉ホテルに泊まる前には、こんな車も改造し泊まる事さえありました。この車は積載車750キロの荷物を積む事もできて重宝しました。時には植木を満載して伊勢原の苗場と森を行き着しておりました。森の中ではブロック運搬、苗運びや水なども運べトラック同様に活躍してくれました。


P1040782.JPG

P1040783.JPG

皆さん森に来られる方は君津聖地公園隣の別荘が目印ですよ!!別荘の前の道を抜けると久留里1000年の森ですよ。
森の入り口に別荘を構えるお友達、東京から、祝日や日曜日を利用してご夫婦で山を整備したり畑を作りしたり、森作りの応援していただく森のお友達です。森づくり二年目のある日ニコニコして挨拶され、この地域の環境について尋ねられました。地元の植木屋さんに思われた様でした。如何やら入口の別荘の購入に辺り調査されたようです。今では森の仲間のお付き合いです。森の木々の片づけやら、森づくりも応援してくれるお友達です。


DSC_1565.JPG

キミジィと同じで木工用工作機械からユンボまで森づくりの仲間の紹介です。凝ってます凄いですよ!!

1448763527842.jpg

2015年12月03日

大自然からの贈り物、樹木の再生

大自然の力、樹木の再生に期待して間伐しました。

山小屋は山吹の花が咲く丘に建てられました。窓から見る景色はナラノ木立が鬱蒼とし昼間も暗く光が小屋に入りませんでした。今回は思い切ってナラの木を二本伐採する事にしました。幸いにしてナラノ木は再生化のなので小枝を残し切り倒す事にしました。ナラ、昔から燃料(たきぎや炭)や肥料、シイタケ栽培用のほだ木などに利用され再生可能な樹木ですから思い切って切りました。

DSC_1631.JPG

この木はクヌギだと思うが以前から元気が無く病気のようです。ヒコバエが出て来たので想い気つて切りました。この場所から二本樹木が消えると光が差し込んで明るくなります。これで桜の苗木も大きく育つでしょう

DSC_1630.JPG

立ち枯れたナラノ木が3本あり大風が吹くと枝が落ちてきて危険などで今回同時に切り倒しました。マキに使いたい人がいるので片づけてくれるでしょう!今回のナラの木をホダギニする人やマキに使う友達が森に遊びに来てくれ有効利用してくれるでしょう!合掌

DSC_1634.JPG

山小屋から見る景色前方が開け明るくなりました。遠くに見える山並の景観も秘密基地から綺麗に眺められる様になりました。ボケの庭園や山吹も小屋から一望できるようになりました。春には皆さん楽しんでいただけると思います。皆さん秘密ですよ!!

DSC_1639.JPG

外から見るとこんな感じになりました。この建物の名前は山吹山荘なんですよ!中にはあまり入れませんよ〜この建物も秘密だからね!人に言わないでね!!合唱、アーメン、内緒だよ!!鉄人さん来週から全開で植木の植え替え土壌再生作業スタートです。頑張りますよ〜

DSC_1638.JPG

2015年12月02日

久留里1000年の森山小屋完成しました。

小屋づくり完成しました。

新たな山小屋づくり配管工事も終わりウットデッキからのヒサシも完成しました。全行程までは3年掛かりの小屋づくりでした。ご協力いただいた皆様には感謝いたしております。過ぎてしまうと早いものですね、嵐の中での作業や大雪が舞う日も小屋づくり、思い出は語りつくせません!これからも森づくり頑張ります。応援よろしくお願いします。

DSC_1622.JPG

やっと念願の洗面台、洗濯場、玄関先などの庇(ひさし)が完成して雨に濡れる事は無くなりました。以前は皆様から小屋の中には洗面台は無く、表も雨が降ればびしょ濡れになるし不詳でした。これからは雨には濡れませんよ寒いけどね、山小屋ですから我慢して頂戴ね!

DSC_1624.JPG

二階のトイレも完成です。思案した扉も完成しました。扉は手作りで仕上げました。既製品だと木目が会う逢わないで最後は大工さんの手作りでした。こだわりキミジィ許してね!

1448763525215.jpg

人寄せに使う冷蔵庫など指定の場所に収まりました。春には一族の皆さん今年はボケも大きく育ち見頃ですよ!花見に参加してください。お待ちしておりますよ!!

DSC_1627.JPG

2015年12月01日

森のお友達

山小屋に遊びに来られた。FB友達に誘われて、古民家に招かれお茶の会、今までの環境には、キミジィには無縁の席でした。

お邪魔したお宅は静かな山里にお似合いの古民家で、お住いとは別にゲストハウスに利用しているそうです。庭の中を案内していただき手入の行き届いた庭に気分爽快でした。

1448769485494.jpg

キミジィのお隣に東京から別荘に遊びに来られたお友達(監督さん)を一緒に無理やり同行してもらいお茶会に参加しました。ごめんなさいね!!
1448769442904.jpg

古民家の中はまるで民芸博物館並みに所狭しと、古民具が並んでいました。これって集めるの大変ですよね!えええ恋桶もあるじゃん!昔キミジィのお友達が古民家を改装してちょんまげ村とボケ取る地蔵尊を下総山田町に造った事が思い出されます。この人は神奈川の伊勢原でちょんまげ茶屋を経営していた。友達なんです。「ボケ取る」のネイミングはキミジィの発案でした。森にもボケとる観音でも作りますか?

1448771366508.jpg

1448771577092.jpg
1448773610817.jpg

お茶会には大勢皆様が参加され楽しい一時を過ごした。これって準備は大変だったろうと思います。呼ばれる方は気軽だが庭の手入れや古民家の設定まで、ご夫婦様の暖かいもてなしに感激しました。
1448773840513.jpg

監督さんやりますね!なんか器を回してたよもしかして心得あるのかな?ちゃんと飲み干してね!!奥さんも見たかな?おてまい(笑)
1448774329377.jpg

マキストーブも中々いい感じですね!山小屋にもマキストーブ会うかもね!これからの季節はマキが沢山必要になりますね!森の枯れた木を取りに来てくださいね!

1448770330033.jpg

巻き割り作業も大変ですね!今はチエンソーもあるし油圧の巻き割りきもあるからね!昔の人には頭が下がりますね!!

1448771295108.jpg

山小屋にもピザ釜思案してしております。今年は苗木の整理や植え替え作業が目白押しです。来年には作るつもりですよ!応援よろしくね!!

1448771322411.jpg