2018年12月11日

ポンコツ軽ダンプが大活躍

軽ダンプが来てから森づくりが進化してきました。そうなんです森全体を対象にして森づくりが進んでおります。当初は軽ダンプ何ってバカにしていたが、これが目から鱗、大活躍してくれております。以前はもっぱら一輪車か自力で作業でしたが軽ダンプの活躍でキミジィ体が大夫デブになりました。以前は良く森の中を歩いたが、今は車に乗って森の中を動いております。運動不足です。

DSC_2033.JPG

今回の作業は森にとっては大工事です。生垣づくりや土の入れ替え作業、新たな道路に砕石を敷き絞めて何とか地面が固まりました。泥の入れ替えや砕石、庭石、運搬は軽ダンプが無くては出来ません、ポンコツでも大変役立つ,山びこコンサート森づくりの仲間なです。何とか第二駐車場づくり完成です。50台止まれますか?

DSC_2032.JPG


大きな生垣の石も軽ダンプで運びました。生け垣が駐車場づくりでドンドン小さくなって行きます。折角作ったボケ庭園が駐車場に占領されています。

DSC_2017.JPG


年の事を今から言うとお叱り受けるかも知れませんが!春の花の舞フェスタ
開催は4月6日かに決まりました。桜は4月の第一周に久留里は満開になる可能性があります。ボケの花も、この頃が一番花が多いい季節に当たります。
フードコーナー出店者の駐車場も広く成ったしスタッフの専用駐車場も広げました。少しづつでは有るが来場者が楽しんで貰える会場づくりや森づくり一人でコツコツと遣ってます。

posted by キミジィ at 14:03| Comment(0) | 日記

2018年12月06日

森に珍しい樹木があります。

久留里の森にFBで知り会いになった同じ居住区の人とお友達になり、頂いた変わった苗木をいただきました。近所のブラジルの人が国に帰るので育てて下さいと、持って来たそうです!
如何やら,この木に生った種を日本で植えて育てたそうです。お友達はキミジィの森は広いので、この木を植えてと持って来てくれました。その方は3年前にこの世を去ってしまいましたが、思い出として、大切に育てております。二本頂きましたが、一本は森の近所の音楽ホールの玄関にシンボルツーリーとして育て、一本は森のフードコーナーの角に植えました。森の木は一度雪が多く降った時に途中から無残にも折れてしまったが、たくましく、折れた所から、新芽が芽吹き逞しく育っております。今に森の中では一番高い木に成長してくれると思います。


後でこの木を調べたら、南洋植物で日本では珍しい樹木でした。何やら二つの名があるようです。ブラジルマツとパラナマツがあり、統一されていないようである。名前から見ると、南米産であることは間違いない。樹木の形は、異国情緒たっぷりというか、日本のものではないことはすぐにわかる。同じ場所からいくつかの枝が出る「車枝」となっており、この跡がかなり太くなっても残って、まるで竹の節のように見える。葉はコウヨウザンによく似ているが、同じ裸子植物ではあっても類縁関係は遠いのであろう。枝から出た葉の先端は鋭く、枝が成長してもかなりの期間は残っている。葉は脱落しにくく、枝に付いたまま枝ごと枯れて落下する。枯れた枝を片付ける時に肌に葉の先が当たると飛び上がるほど痛いです。写真で写る部分が折れて新たに育ちました。

DSC_2012.JPG

所でこの松の実が食べられるそうです、ブラジルではピー二オンとか言って食べられるそうです、そう此の苗を頂いた時、日本で育てたといていたのは、ブラジルの人が種を撒いて庭で育てた事を思い出しました。もしかして此の木も実がなるかもしれませんね!楽しみが広がる木かも知れませんね!プレゼントしてくれた友達もあの世から実のなることを楽しみにしてるかもせれません!あの時久留米の友達にもこの松を送ったそうです。九州は暖かいから先に実がなるかも知れませんね!



続きを読む
posted by キミジィ at 14:17| Comment(0) | 日記

2018年12月05日

樹木の植え替え作業

蝋梅の周りも整備しました。蝋梅は一月に咲き出すので早く植え替えしないといけませんね!香りが素晴らしいです。ボケも密集させてみました、楽しみですね

DSC_2013.JPG



DSC_2026.JPG


鉄人さんが管理している芙蓉畑まで広げると大駐車場になりますね(笑)
ここは酔芙蓉の畑として残しますよ!

DSC_2028.JPG
山になって在る砕石は最終仕上げに使います。少し路盤の落ち着きを見て仕上げます。皆さん!ここには車を乗り入れないでくださいね!まだ地面が固まっていませんからね!ここに音響さんが車を乗り入れて泥濘に入り大変でしたよ!!そのあとに叔母ちゃんが車で乗り入れる所を制ししました。皆さん危険な所がお好きですね!





続きを読む
posted by キミジィ at 12:20| Comment(0) | 日記

2018年12月04日

植木の植え替えに拍車がかかります。

秋の植え替え,山びこコンサートに備えてボケ園の生垣を移動して駐車場を見通しが良く停めやすい様に懸命に目指して来たが、思わぬ台風の影響を受けて、大雨に遭遇したり丘から流れる湧き水に苦しんだりと難工事でした。作業は大幅にずれ込み、紅葉の季節にやっとの事で完成に近づきました。

DSC_2004.JPG


思えばこの駐車場に挑戦して半年近く工事は掛かりました。夏場の熱い時期は路盤改良をしてボケの移動時期の10月を目視ていたが台風の影響や大雨の被害で思うようには行かず挫折に追い込まれる、こともありましたが、執念で何とかやり遂げました。森づくりを10年以上経験すると水の対処方法や泥の扱いや樹木の取り扱いにも従来の経験が生かせるようになってきました。先人の知恵で雨降って地固まると言われているが、泥がブカブカしていても、水が土から引いて、また雨が降って、期間を置くと雨が降った方が、地面は固くなるから不思議です。

DSC_2015.JPG
今回の作業でボケも植え替えが完了しました。後は花芽を眺めて剪定作業にかかります。来年のボケの花は期待できませんが様子を見る事にします。植え込みは少し狭くなったが、ぼけ園が一望に見渡せて素晴らしいと友達から暖かい言葉を貰い
少し疲れが取れました。丘の上から見ても植込みのボケが密集したので、花の季節には綺麗に咲いてくれる事を祈ります。

DSC_2017.JPG

雨降って地固まるで、後は自然界の営みに任せます。森に来たら暫くは車で、この付近に近づかないでください!道路がまだ固まっていませんよ!今年はこのままで様子を見ます。

DSC_2020.JPG


花の舞フェスタまでには完成間違いないですよ!森の秋の植え替え作業はまだまだ続きます。冬までの間にモミジの植え替え作業が待っております。今年は色づきが今一です。鉄人さんには怒られるかも知れないが、表にモミジを移動します。
モミジが大きくなると梅に光が当たらなくなるかも知れませんね!

DSC_2001.JPG


DSC_1995.JPG

今年は台風の塩害でモミジも今一でしたが、里山には欠かせぬ樹木ですね!木漏れ日の光と影の陰影は何とも言えぬ魅力的景色が広がります。

森も山小屋に訪ねてくれる仲間と一日中、入れ替わる度びにお茶を何回も飲で、夜中眠れませんでした。晩酌も、お茶割りでしたからね!お茶のカフェンですか?




DSC_2002.JPG





posted by キミジィ at 13:52| Comment(0) | 日記

2018年11月29日

久留里1000年の森は紅葉の季節

紅葉の季節を迎えると森は慌ただしい、秋の植え替えシーズン到来、樹木が眠りにつく時期を見計らい園内の植え込み整備やそれに伴い道路の整備、駐車場の砕石ひき、などのまだ遣る事は沢山あります。家族は同じ所を毎年弄ってと思っているようだが、少しづつ変化しているのですよ!!毎年梅の剪定は鉄人さんにお任せしておりますが、今年も剪定時期がきたが手が付けられません!
今年はどうやら暖冬ですね!来年も花の咲は速いかもしれませんね!

RS=^ADBfX7s9twZ3kfGbync2Gwe35mMnsU-.jpg



君津市のお隣聖地公園も今年最後の草刈りも終えて一役終えたようです。公園にあるモミジも紅葉を迎える季節が来たが、皆さん桜の花見は知っているが、紅葉狩りは知らないようです。久留里1000年の森もモミジは何本もないが紅葉の季節は綺麗です。今年も何本か実生で育てた紅葉を植え替える予定です。

24131031_452065758524035_4988919542689240945_n.jpg


今年の森でのイベントは終わりました。
春のイベント
 三月三日の花見のお茶会から始まり
 四月の花の舞フエスタ

秋のイベント
 11月の山びこコンサート
 11月里見氏の講演会、コンサート

今年も駐車場づくり多く作った筈が自分では240台位止まれると思っているが実際止めると160台位でガッカリでした。来年は少し思考を変えたイベントも考えているので200台位止められる駐車場づくりして行きたいですね!











続きを読む
posted by キミジィ at 13:18| Comment(0) | 日記

2018年11月27日

秋のイベント 戦国時代里見の歴史を知る会 企画で館山からも大河ドラマ実行委員会の皆様も参加

久留里の有志の皆様と立ち上げた、戦国里見の歴史を知る会のイベント上総地域交流センターで里見が伝え残したもの、題して観光協会が主催で地元「正源寺住職の加勢観音菩薩」のお話や「小説家夢酔藤山先生」の講演に馬頭琴コンサートを開催いたしました。地元の皆さんは里見氏が上総,安房を元より下総まで勢力圏があった事をご存じで有ったでしょうか?第一回の講演では認識するのは無理かも知れませんね!今回皆様が知った事は久留里、の城主、里見義尭の時代に関東地方の戦国時代に大名として君臨した北条氏康、上杉謙信、武田信玄、と同じ時代に久留里城の城主里見義尭が同等の立場で、上杉謙信や武田信玄と同世代で活躍したことや同盟を結びお互いの領土を守っていた事が分かれば幸いです。

DSC_1986.JPG

今回お集りの皆さんのコメントをまだ見ていないので、どの様な感想か楽しみです。今回館山から大河ドラマのNHK放映を目指して頑張ってる実行委員会の副会長さん事務長さんの報告を聞いて思ったことは、里見の主役の人物像が見えてこない悲しい倉吉までいくと、あくまで主観であるが、八犬伝で十分な気がしてならない、それより視点を変えて戦国時代の関東の海賊などに絞って、その中で江戸までの海賊物語にするとか絞った方が取り上げ安いと思う!以前藤原純友、平安時代の海賊物語ほうが面白いかも知れないね!相模湾の海賊なんてね!そこに里見や北条の海賊たちの物語なんていかがですか?藤山さん見てるかな?
1529684918_165.jpg

1543227673256.jpg


最後の馬頭琴コンサート素晴らしかったね!アンコールのタンゴ前田さんも美炎さんも何処かにいったような演奏でした。会場の皆さんも素晴らしいの連発でした。
会場の看板、風に舞うように書かれた看板が馬頭琴の演奏に攣られるように動いて見えたのが不思議でした。久留里が動きました。(笑)

1529684662_220.jpg










続きを読む
posted by キミジィ at 14:07| Comment(2) | 日記

2018年11月21日

秋の植木の植え替え

待ちに待った秋の植え替え作業、通用門付近の植木の整理 梅,蝋梅、ボケの花など密集して植えて或る所に、ヤマテラシの植木が所狭しと植えてあるが、以前より少し整理して植える事を計画していたが、今回やっと植え替えをすることにしました。植え替えてから水やりが大変などで、雨を味方にする事を考えて雨の前日に植え替える事にしました。

DSC_1972.JPG



道路側に植えてある蝋梅を植え替えて、梅の木をお日様が当たるように考えて配置して実が沢山なる様に考えて植え替えました。樹木は植えた時にはまだ小さい苗ですが、年月が経つと思いもしない様な木に成から、植え替えが必要になります。
今回はヤマテラシを瑠璃の丘の傾斜地に移動をしました。ここには植木が植えて無かったので、少し公園みたいになりました。

DSC_1973.JPG


これから正月まで花のない時期に入るので赤い実は皆さんを楽しませてくれます。
ここまでユンボで運び植えました。一人作業などで少し植え付けは、荒いが何とか植え付けは成功です。枯れないことを祈ります。明日雨が降るので我慢してください!

DSC_1974.JPG


少し剪定もしないと木が持たないかもしれませんが、取り合えづ植え替えました。
森も少しは化粧しないと行けません今度は上の駐車場も綺麗になります。ヤマテラシの実が赤くきれいです。丘の斜面には娘の友達と一生懸命に草花を二人で植えていたが果たしてどうなるか春が楽しみです。

posted by キミジィ at 17:18| Comment(0) | 日記

2018年11月20日

森の駐車場の出来上がりが今一です。

駐車スペースが一台当たりの面積、長さが不足で思ったように止められず、がっかりです。今回は土手を削り石を1メーター下げて,軽車両を立てに置くように石積みを遣り直しました。
石積を退けると石の下に水が溜まっていてグチャグヤ状態で固めるのにグリを使い地固めこれってグチャグチャな土を取り除き下にグリを並べて埋めて新たに石積みが必要なんです。何とか軽車輌が縦に止められる様に作り替えました。
運転が上手ければ普通車でも止められるが?・・・・セクハラと言われるので書きません!(笑)

DSC_1979.JPG
泥を廃棄して新たな石積みです.毎度の事では有るが、おもっきりが要りますね
まずは不要の泥を何処に捨てるか?最近は泥の廃棄場所に苦労するようになりました。特にグチャグチャな泥は困りますね!

DSC_1978.JPG
それにしても、この軽ダンプ大活躍です。それと惜しげなく使えるので助かります。ここで新車は買えませんが、軽のダンプは手頃の値段では買えないし、少し大事に使わないといけませんね!もうソロソロ走るのがタイヤがガタガタ触れだしてヤバイみたい、誰かいらないダンプないですか?

DSC_1977.JPG


以前より1メーター以上石を下げました。軽車両で楽に縦に止める事が出来ます。
ここに10台は止められと思います。出来れば交通係がスムーズに誘導できる様にしたいですね!鉄人さんよろしくお願いします。



posted by キミジィ at 14:35| Comment(2) | 日記

2018年11月14日

久留里1000年の森 戦国時代の歴史

山小屋での会話・・・久留里の城について、戦国時代、関東の内乱は鎌倉公方足利と関東管領上杉氏との争いで始まります。足利成氏の家臣団、武田信長・里見義実は成氏の命を受けて上総の守護に武田氏,安房の海上流域支配に里見氏も命を受けました。庁南城には武田信長、長男信高、真理谷城は次男信興が、久留里城に入城した三男信房が着任しました。その後は勝氏から無血開城にて里見義堯に城主は変わります。
里見義堯の時代には久留里は安房、上総の戦略的中心を担う地域となって行きます。この時代には越後の上杉謙信との同盟や武田信玄とも同盟を組む時代も有った様です!?
キミジィが森に尋ねて来る友達や知り合いに戦国時代の里見氏の歴史を訪ねるが

久留里城は里見の城であった事は知っているが、詳しい人がおりません!ましてや武田信長が上総を支配なんて話しても…ここは房総なんだよ山梨では無いよ〜あまり聞いたことがないよ!・・・どこの地方でも戦国武将の話はよく聞くが!!不思議と地元の人でも、歴史に関心を示さない、今回は友達に相談して「里見の歴史を知る会」の勉強会を立ち上げて久留里の歴史を知って頂きたいと有志の皆様に賛同いただき開催する運びとなりました。

45651776_1946534012092362_3104042851311288320_n.jpg

戦国時代 北条氏と里見氏の戦、三船山合戦は霧を応用して里見氏は戦に大勝したそうだが、この季節は久留里1000年の森も霧はよく出ます、窓を開けておくと山小屋の中まで霧が侵入してくる表で1メーター先がボヤケテ見えない事もあります。こうした時に目の前にシカやイノシシが現れる時があります。やばい戦だ〜

DSC_1960.JPG

窓の外霧で見えなかったが木が見えるようになりました。夜霧ではありません朝の霧です。窓を開けると冷気が侵入してきます。

DSC_1964.JPG

続きを読む
posted by キミジィ at 14:00| Comment(2) | 日記

2018年11月13日

秋のイベント山びこコンサートが終わり、久留里の森にも冬が近づく気配

秋のイベントも終了し一段落すると、植え替えの季節が到来、イベントに使う駐車場を拡張したが、思うようには駐車スペースを確保できずにがっかりしました。
植込みの様子の不具合や石積みの見直しやら修正工事をすることにしました。

今回の作業はボケの木を根を掘り放置して土を上から駆ける、荒療治、植木屋さんが見たら飛んでもない、怒られそうな作業内容です、これを真っ先に植え替えをしそれと同時に生垣の角を丸く、車が事故を起さぬ様に石を積み替えました。

DSC_1966.JPG


植木を植え替え、何とか生垣に見える様になりました。最近、皆さんから良く聞かれるのですが、此処の石は土の中に有ったのかと聞かれますが、これて湘南の家の庭石を此処まで運んで来たのだと言うと驚きます。中には少々森の仲間が石を運んでくれる事もありますが、大きな石は平塚からトレーラーで運んで来た物です。

どうやら二日間掛かりでボケの植え替えが無事に終わりました。今回この生け垣は駐車スペースを大幅に確保できると思って作ったが残念ながら生け垣を小さくしたが、効果が生まれずガッカリ,明らめ切れず、丘に積んだ石を1メーターばかり下げる作業に入りました。キミジィは諦めきれません挑戦です。

DSC_1969.JPG
どうやら今年は暖冬の様ですね、春に芽吹く雑草が一斉に芽吹きだしました。
ボケの植え込みも凄い勢いで雑草が勢力を増し伸び始めました。
来週は植木の植え替えが一段落したら草刈りや草退治しないといけませんね!

DSC_1970.JPG

来週、秋のボケの剪定を計画しております。希望される方が居りましたら来園お待ちしております。






posted by キミジィ at 13:34| Comment(0) | 日記